Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/48-b17a2bab

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

親の役割

あなたは人目のお客様です。

通勤電車に乗っていた時、ふと横を見ると隣の車両からこちらへ歩いてくる子供が見えた。白い帽子をかぶり、黒い詰襟(つめえり)と半ズボンを履いた少年。恐らく、私立小学校の生徒なのだろう。連結部のドアというのは、なかなか重い。少年が開けるのに苦労していたので、近くに立っていた私が手前のドアを先に開いた。彼はすぐに状況が飲み込めない様子だったが、私の方を見て「ありがとうございます」と言った。「気にするな」と答えたが、彼は何度も頭を下げた。それを見ているうちに、私は悲しくなってきた。こんな小さな子供が、なぜこの時間に電車に乗っているのだろう?

時計は朝7時を示していた。この時間帯乗客の多くは社会人で、学生は少ない。小学校の始業が8時過ぎに始まるとしたら、まだ1時間は電車に揺られる事になる。起床は6時くらいだろうか。子供だけでなく、親も同じ頃に起きるはずだ。早起きして通学する事は、本人も家族も大変だと思う。
別に「近所の公立小学校に通った方がいい」と言いたいわけではない。ただ、親が「私立学校に期待する事」というアンケート結果で「しつけをしっかりしてくれる」という項目が上位に入っているのを見ると、首をかしげる。普段子供と接した時に、何をしているのだろう。それとも、接する機会がないのだろうか。

「親は子供の為を思って私学に行かせているのに、なぜそういう風に言うのか」と、怒られる方もいるかもしれない。確かに、子育てについて無神経な親もいる。深夜のカラオケやディスカウントストアに小さな子供を連れ回している人は、しっかりと考えているとは言い難いだろう。「日本の子供の平均睡眠時間は世界一短く、脳や体の発達に深刻な影響を与えている」というニュースを目にした時、私が真っ先に思い浮かべるのはそういう光景だ。

いずれにせよ、子供は環境にすぐ適応する。長い通学時間にも慣れるし、深夜に起きている事も普通と感じるようになる。親の選択が重要なのは、間違いない。しかし親が配慮してもしなくても、子供が期待した通りに育つとは限らない。育つ方が稀である。入試シーズンを終え、お子さんの進路に心を痛められた方も多いだろう。しかしその結果のみに一喜一憂せず、日々の生活を見守って頂きたいと思う。それが親の役割というものではないだろうか。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
■コメント
yamato5314
- 2005/03/12 21:57
こんばんは^^子供についてですか・・・確かに自分も今時の子供を見て考えさせられる事が多いですね。数年前に「ゆとり教育」という言葉をよく聞きましたが、最近は、その「ゆとり教育」の弊害で学力が低下しつつあるという話も聞いたことがあります。そのために学校などでは「ゆとり教育」で減らした登校日数をまた増やそうという動きがあるようですね。何か大人の方が子供を心配しすぎて子供の事を振りまわしてしまっている気がします。子供を心配してあれこれするのは大切だと思いますが、子供の進む道を親が指し示すのではなく時と場合によっては、子供自身に道を見つけさせることが必要な気がします(難しいとは思いますが)。子供は親の望むような大人になるために生きているのではなく、子供は子供なりに人生を歩んでいく。親は子供の歩む人生が人として道を踏み外さないように見守り、人生の先輩として助言するのが役目なのではないでしょうか・・・とか、そんな事を考えたりしちゃいました^^;

★「ゆとり教育」が叫ばれたのは子供の数が多かった1990年代前半の事でしたが、実際に実施されたのは1999年になってからでした。それから6年経ち、今は中山文科大臣をはじめ多くの人間が、その失敗を指摘しています。学力低下のみ取り上げるのはどうかと思いますが、そもそも「どういった人間を社会に送り出したいのか」という視点が欠けていたように思います。 「親は子供の歩む人生が人として道を踏み外さないように見守る」というのは、年々非常に難しくなっています。子供が個人の携帯やPCを持つことで、親の知らない生活範囲が増えました。補導された親の多くは「うちの子に限って」と言いますが、実際は子供が何をしているのかわかっていません。また、そもそも子供の言動に興味を持たない親が増えている事もあるようです。子供に構っているより、自分の好きな事をしたいようですね。

Ray - 2005/03/13 2:13
こんばんは。公立、公立、都立と過ごしてきたRayです。^^ 基本的にうちの方針が「よく遊び、よく遊べ」だったので、縁の無い世界です・・・。 単純ですけど、子供の希望に沿ってあげたいですよね。 子供が私立行って、しっかりした勉強やら、環境やら求めてるなら出来る限り認めてあげればいいですし・・・。 勉強なんぞ、本人がやりたくなれば勝手にやるものですし。 勉強嫌いの虫だった自分も今は必死に勉強してます。^^  しかし「しつけ」は確かに家でするものでは・・?^^; むかしダウンタウンの松っちゃんが著書で、彼らの薔バラエティー番組を息子と一緒に見てたが教育に悪すぎるというクレームについて、「何故一緒に見てたのに、『あなたはこんなバカなことしちゃダメよ!』とも言えないのか?」と書いてましたが、一理はあると思いました。

★おぉ、全て公立校とは親孝行ですね(^^:)……と、昔なら言われたのですが、現在は子供の数が減った事で「どれだけ学費をかけられるか」が、親の一種のステータスになっていますね。 勉強する子供としない子供の格差は相当広がっていて、統計的に見ると「親が教育熱心でない家庭の子供は、勉強をしたがらない」という傾向が出ています。Rayさんのように子供が自ら「勉強したい」と思えばいいんでしょうけど、そうならない事を親は恐れているのでしょう。 ダウンタウン松本氏の言う事は、確かに一理ありますね。道徳的に良いモノに触れさせたい気持ちはわかりますが、問題は「モノが良いのか悪いのか」考える頭を養う事だと、私は思います。

Birigian - 2005/03/13 2:47
こんばんわv 子供に付いては色々と難しいですよね。子供の事を考えすぎても考えなさ過ぎても問題です。親と云っても、立派な人間だと言い切れる人など殆ど居ません。そう云う事も自覚した上で、子供と一緒に「親」と云うモノを学んで行って欲しいなぁと思います。子供は親を見てるんですから。ちゃんとイイトコを見せてやって欲しいです。

★確かに、子供は親の事を見ているんですよね。「悪いところばかり真似していく」と聞きますが、最も身近な手本と言っていいでしょう。本当に大変だと思います。私自身は大人の1人として「ああいう人間になりたくない」と子供から思われないよう、生きたいですね。

探偵 - 2005/03/13 4:49
こんばんは。群馬には、そもそも「ソノ手」の学校が少ないもので”カナリ”馴染みがなく、聞いた知識でしか『お受験』のコトはわかりませんが、それがいいものなのか悪いものかはわかりません。ただ、子供には「自主性」を育成することが大事だと思いますね。学生時代にはずっと「出るモノは打たれる的教育」をされ続けて辛い思いをしてきた私ですけど、今好きなことを出来ていることには幸せを感じています。それでも今に行き着くまでには「好きなコトをすることは悪いこと」のような気持ちから脱するのに随分と時間がかかった気がします。確かに社会を知らない学生時代から自分の人生の目標を決めることは困難なことだと思いますが、それでも「こんなことをしてみたい」という気持ちを育むことに対し、社会を経験している大人達は手助けする必要があると思います。個々の大人の狭い視野で「アレも駄目コレも駄目」と縛り付けるだけでなく、自主性さえも押し殺した教育には私は反対です。駄目なものは、単純に禁止するだけでなく、何故駄目なのかって説明をすることも大人の役割ではないでしょうか?それでも倫理と道徳の範疇で、いろいろ失敗していくのが「生の知識」だと思うんですよね。放任という意味ではなく、見守るということも優しさではないでしょうか? あっ!これも私の「狭い視野」になってしまうんですけどね。

★受験については、おっしゃる通り地域によってかなり差があります。首都圏では今年小学生の15.5%が私立中を受験した、というデータがありますが、公立中しか選択のない地域の方が多いですね。小学校になると、更に範囲は狭まるでしょう。 大人が子供に「これをやってはダメ」と、どう伝えるか……それは重要な問題ですね。ただ禁止したり、「それが常識だ」と押し付けてもダメな時がありますし。ただ、親が知らない事に子供が取り組もうとする時まず反対するのは、単純に大人のエゴではないでしょうね。「危険な道を歩んで欲しくない」という、気持ちの表れでしょう。 うまくいく時もあれば、失敗する時もある。そういう達観した姿勢が必要なのかもしれません。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/48-b17a2bab

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。