Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/467-c7a874a5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【ピーナッツ】

あなたは人目のお客様です。

映画【ピーナッツ】 製作国:日本 上映時間:115分
 製作年:2005年 劇場公開:2006年1月28日
 監督:内村光良
 ◇出演
  内村光良 秋吉光一
  三村マサカズ 相良和雄
  大竹一樹 文野正樹
  ゴルゴ松本 勝田一鉄
  レッド吉田 赤岩登
  ふかわりょう 宮本良一 他

   評価:55点


■あらすじ
10年前に草野球チーム「ピーナッツ」の中心選手として活躍し、それを題材にしたエッセイが認められスポーツライターの道に進んだ秋吉光一。だが現在、彼はスランプに陥っていた。一方、かつてはその名を轟かせたピーナッツも、今は練習に人が集まらない状況。久々に帰省した秋吉はチームの再興を決意し、昔なじみに声をかける。しかし、共に白球を追いかけていた仲間達も、いまやそれぞれに複雑な事情を抱え毎日を過ごしていた。地域の再開発を巡り街が揺れる中、ピーナッツは再び1つになれるのだろうか…。

----------------------
秋吉の恋人・宮本を演じた桜井幸子監督を務めたのは、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良。内村にとって映画監督は中学時代からの夢であり、念願の初メガホン作品となった。出演者にはテレビ朝日系列のバラエティ番組『内村プロデュース』のレギュラーメンバーが名を連ねている。その為に同番組のメモリアル映画、集大成と目される事が多い。しかし、決してふざけた内容ではない。

お笑い芸人達は、皆それぞれのキャラを生かして演技をしている。特にレッド吉田の保父役は、よく合っていたと思う。酷かったのはふかわりょう。およそ俳優には向かないタイプだ。しかし彼がロケットマン名義で担当した映画音楽は、なかなか良かった。音楽活動をやってる事は知っていたが、大したものだ。どうやらお笑いよりもセンスはありそう。
出演者の中には役者もいる。地域の再開発を推進する会社の社長を小木茂光、その社員に松村雄基。この2人は期待通りの働きぶりだった。個人的に気に入ったのは、桜井幸子。ほとんどが回想シーンの登場だったが、秋吉の恋人・宮本を好演。キャッチボールの場面では、少女のような可憐さを見せた。32歳で大したものだと思う。

全体的な印象は「自主制作みたいな映画」。監督がやりたい事を115分に詰められるだけ詰めたのだろう。本当はもっと長い上映時間にしたかったところを、どうにか2時間に押し込んだ…そんな事を想像する。ただ、それでも長すぎる気がした。作品を通じてあまりテンポが変わらずのんびりした雰囲気なので、クライマックスの野球シーンも緊張感が薄れがち。観ている方としては、途中で集中力が切れてしまった。 (鑑賞日:2007年2月15日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/467-c7a874a5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。