Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/446-71ea7b12

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

NDS【悪魔城ドラキュラ ギャラリー オブ ラビリンス】

あなたは人目のお客様です。

NDS【悪魔城ドラキュラ ギャラリー オブ ラビリンス】 英名:Castlevania Portrait of Ruin
 ジャンル:2D探索型横スクロールアクション
 プレイ人数:1人
 発売元:コナミ 
公式HP
 発売日:2006年11月16日
 価格:5229円
 CERO:12歳以上

   評価:80点


前作【蒼月の十字架】に続く、NDSのドラキュラシリーズ第2弾。とはいっても、話の内容につながりはなく、この作品から始めても全く問題ない。舞台設定は1944年だが、知っておくべきは「第2次世界大戦が行われていた」ということくらい。例によって悪魔城を探索して攻略する図式に、何ら変化はない。主人公はヴァンパイアハンターの血を受け継ぐジョナサン・モリスと、彼の幼馴染みで魔法使いのシャーロット・オーリン。この2人を使い分け(あるいは協力させ)、話を進めていく。そのアイディアがなかなか面白い。協力しないと突破できない場面は、もっとあっても良かった気はする。

まがまがしい土地を駆け抜けるジョナサン前作同様、グラフィックと音楽のレベルは高い。こういうこだわりは、昔からのシリーズファンとしては嬉しいところだ。NDSでゲームを出す他のメーカーにも、見習って欲しいものである。ただ、ザコキャラは使い回しが多かったので、新鮮味は感じられなかった。
ストーリーの内容はまずまず。前作よりはマシだったが、ちょっと短すぎると感じた。もう少しひねった内容だと楽しめるのだが。キャラの個性はなかなか良く出ていたと思う。1つ気になったのはジョナサンの口癖「ノープロブレム」。わざわざ使うほどの必要があったのかは疑問。どちらかといえば、間抜けな印象を受けた。

協力技は効果抜群ボス戦はそれなりに歯応えのある相手が多い。相手の攻撃パターンをいかに読み切るかがポイント。公式HPには攻略情報も載っているので、参考にするといいだろう。私自身はあまりうまくできなかったので、回復アイテムを多く準備して乗り切った。また、強力な威力の協力技を連発→MP回復→協力技というやり方も有効だ。どう倒すかは人それぞれ。やりこみ要素であるクエストモードは、結構手間がかかる。私は途中で挫折した口だ。ゲームクリアする上では、それほど重要度は高くない。
個人的に気になったのは武器とサブウェポン、魔法の種類の多さ。たくさんあるのだが、実際に使うのはごくわずかだろう。選択肢の数は多い方がいいかもしれないが、だったら並び替えができるようにして欲しかった。また、アイテムを店に売る際は種別に分けた方が見やすかったろう。そこらへんのシステムは不親切。
総合的なレベルは高く、安心して遊べる作品。ただ、個人的には【蒼月の十字架】の方が好みだ。もし次回作があるとしたら、更なる進化を希望したい。 (クリア日:2007年1月30日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/446-71ea7b12

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。