Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/44-a85c8015

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

友達と時間

あなたは人目のお客様です。

子供の頃、大人に言われた事がある。
「学生時代の友達とは、一生の付き合いになる。社会人になると、友達ができないから」
その言葉を、たまに思い出す事がある。

人によって状況は異なるが、確かに学生時代というのは友人を持つ機会に恵まれている。まず同じ地域や学校という限られた空間で過ごす事で、密なコミュニケーションを取る事ができる。共にテストや行事に臨む事で、連帯感も高まりやすい。その時代に熱中した流行りもの、見聞きしたニュースは、後に皆が共有する思い出となる。一方社会人については、職業や生き方によって千差万別。ただ仕事を通じての人間関係は、学生の時ほど自由ではない。となれば、長い付き合いになりやすいのは、やはり学生時代の友達と言えるだろう。

しかし、友達と一生付き合う事は簡単ではない。子供の時は「大人というのはしっかりしていて、揺らがない存在なのだろう」と思っていた。しかし、実際はそうでもない。生きていて、様々な転機が訪れる。住む場所が変わる。転職をする。結婚する。傍から見れば些細な事で、大きく変わる事だってある。そして、物事の優先順位が変わってくる。それまでこだわっていたものが、ふと気づけばどうでもいい事に思えたりする。

そういった変化を把握する事は、友人関係を保つ上で大切だと、私は思う。頻繁に会うような仲だったら、特に変えなくていいはず。けれど、滅多に会わなくても大切に思っている人がいたとしたら。その場合は、ある程度定期的に近況を報せる事が必要ではないだろうか。10数年前には固定電話と手紙しかなかったが、今は様々な連絡手段がある。それらを活用すれば、可能ではないか。簡単な事とは言わない。例えば、電話は好きだがメール嫌いな人がいる(逆もまた然り)。時間的・精神的に、連絡を取る余裕がない場合もある。様々なケースに対応するのは、なかなか難しい。

中には、そういった連絡自体を否定する人もいる。「そんな事をしなくても、別に問題ない。会えば仲良くできるだろう」と。しかし、そう主張する人の中には、昔の視点に囚われている人が少なくない。「昔はそんなんじゃなかった」「お前は変わった」といった言葉を、(主に否定的な意見で)安易に口にする。事情をよく知らないのに、まるで自分だけが昔のままであるように。だが時間が経てば、誰にも変化が訪れる。その事を踏まえないで何を言ったところで、現実的な考えとは言えないだろう。

全てのケースに対し、この考えを押し通すつもりはない。ただ楽しむだけの集まりだったり、名を連ねるだけの会合には、別に必要ないだろう。けれども、大切に思う友人と久々に会った時、「最近どうしてる?」「まぁぼちぼち」そんなたわいない会話に終始したとしたら、それはとても勿体ない事だと思う。出来る事なら、もっと中身の濃い話をして過ごしたい。私が望むのは、そういう事なのだ。

しかしながら、そうやって長い付き合いをしてきた間柄でも、途中でうまくいかなる時もある。努力した結果そこで終わったとしたら、それは仕方のない事だ。ダラダラと関係を続けていく事に、あまり意味を感じない。それより、仲良くできた事を感謝したい。世の中知り合う人より知り合わない人の方がずっと多いし、全ての人と仲良くできるわけでもない。だから、自分がその人と楽しく過ごせた時間は有り難い。そんな風に思えたらいいと、私は思う。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
■コメント
なー姫
- 2005/03/01 14:06
こんにちはー。私も言われていたなぁ。『学生時代、特に高校の時にできた友達は、一生大事にできる』と。それはあなた(オカン)個人がそうだっただけなのでは。。って思っていました。まぁ、そーでしょうねぇ(笑 けど、今のところ私の中での高校時代の友人が一番仲いいし、今でもよく遊んでいる気がします。 社会人になると、特に女の子同士は友情があまり深くならない。なぜなら彼氏という存在が大きい人が多いから。彼氏が出来ると遊べない、時間がない、っていう人が多い。まぁ、気持ちも分からなくもないが。。私自身はそうでもないのですが、周りはそういう人が多いので、とても淋しい思いをする事がある(大げさ。。 そう考えると親が言っていた言葉はけっこう当たってる?って感じたり。

★なるほど、親友は高校時代の同級生なんですね。彼氏が出来ると女の子同士の友情が深まらないって事は、彼氏がいない時に仲良くするしかないんでしょうか…(^^;)

探偵 - 2005/03/01 15:35
こんにちは。トラックバックありがとうございます。 アノ件は、私自身も初めてだったし、ちょっと異常だったかな?とも思っています。 今、私と特に仲がいいのは学生時代の友人です。まぁ彼らは、友人というには、勿体なく「仲間」って感じで見ていますが(笑)彼ら以外でも、学生時代の友人の中には、ずっと友達でいたいと思っていた人たちも多々いたけれど、社会人になって環境は変り「ちょっと近寄りがたい」職業になってしまった人などもいて、連絡しなくなった人もいます。 そうしたことから、自分自身も社会人になったことで、偏見に似た感情を持ってしまっていることも否めません。視界が狭くなった・・・ということでしょうか? 私の一つ前の仕事は、カナリ特殊な職場だったのである意味、学生時代の友人並(いやそれ以上か?)に仲間意識がもてていました。今でも当時の同期とは良い関係が維持できていると思います。 しかし、今の仕事に就いてからは、当然仕事仲間はいない、出会う人といったらお客さん。。。だから新たに人と知り合っても、出てくる話は、金金金・・・きっとそういうことで「学生時代の友達とは、一生の付き合いになる。社会人になると、友達ができないから」と言われるんでしょうね。 そんなことから、考えると早計ではありますが、「金銭的な利害関係が無い」ということが、健全な付き合いの絶対条件の一つとなりそうですが。 勿論、それだけでは駄目ということもわかっています。仲間と張り合って、ときには励まし合い・・・切磋琢磨することも大事だとか、そういう話はそれ以前の話だし、簡単にまとめてしまうことも、なかなか難しいです。 ただ、社会人になると、どうしても仕事がらみで「ビジネス」という柵から脱することが出来ないことや、自分の立場を考えていくと友情の新規開拓は改めて難しいと感じる。 プライベートで「ヒトとして」新たな出会いがあるならば、ビジネスや金銭的な柵がなく、つきあっていきたいと切に思った。 ・・・仲間と向上心を養い、自分自身の視野を拡げ、成長させるためにも・・・・

★今回トラックバックさせていただきました。ありがとうございます。「仲間」というのはチームAXISの方達を指しているんでしょうね。あと仕事上、付き合うのが難しい職業があるのは何となくわかります。しかしコメントの中に別の記事があるような文章量ですねぇw

1Kate☆1 - 2005/03/01 16:20
高校生のときに3年間交換日記(笑)をしてた友達は卒業してから友達が結婚して疎遠になって、でも何かのきっかけでまた会うようになった。疎遠になっていた時の空白を埋めるように、私たちは語ったわ。文字どうりコーヒーだけで5時間。今では無二の親友ね。すばらしい友人に出会えたと思ってる。 そして職場で一緒だった私の先輩と、部下たち。今ではお互いに「さん」づけで呼ぶことなく、やっぱり年に数回の『ミーティング』。一緒に戦った、『戦友』だからね。辛いことも喜びも分かち合ってるから、この連帯感って、一生消えないと思うわ。 友人って、最高!!

★交換日記を3年続ける、というのは聞いただけで大変な気がします。でも、素敵なお友達と出会えて良かったですね。あと、「じっくり話す事は大切だな」と感じます。

yamato5314 - 2005/03/01 18:43
こんばんは^^友達についてですか・・・なかなか興味深いですね。ちなみに自分は学生時代の友達というのは卒業してからほとんど会わなくなってしまいました。そこでちょっと考えたのが「自分の学生時代って密度が薄かった気がするなぁ・・・」。まぁ、不登校児だったからしょうがないのかな?でも、そのかわり学生時代から学校の外で色々な人と知り合いました。その時の人たちとは今でも仲良くしてもらってます。できれば一生の付き合いをしたいですね。今までに何人か「一生の付き合いをしたい」と思った友達がいますが人は生きている間にそう思える人と何人くらい知り合えるんでしょうかね^^;

★学校に行ってなかったら、やっぱり校内で友達作るのは難しいでしょうね(^^;)。でも、友達はどこで出来るかわからないですしね。「一生付き合いたい人間と何人知り合えるか」、ですか……難しい質問ですね。本人の努力もさることながら、縁というものは絶対あるでしょうね。

Birigian - 2005/03/01 20:47
こんばんわv 私は結構クラス外や学校外で作った友人が元から多かったので、実はクラスメイトとの交流があまりありません。(結構仲良い人は居たんですけどね) 趣味の方面での友人も年令問わず多いので、付き合いは浅く広くな方ですが、自分の懐に入れちゃえるのはホンの一握り。でも、大事にしてても無くなってしまう事はやはりある訳で。音信不通になったり、考えの違いで別れたり。人間不信にもなったりするけれど、落ち込んだりした時に励ましてくれる人も居て、やはり友人は有難いです。 私は相手が話すなら聞くけど、話さない以上は一緒に居る時だけでも楽しい時間を与えられたらいいなぁと思ってます。話して楽になるなら話して欲しいってのは有りますけどね…

★お、Birigianさんも校外の友達が多かったんですね。確かに、趣味の方が年齢層が幅広くなるのかもしれませんね。あと友達に傷つけられたとしても、その傷を癒すのもまた友達…という事でしょうか。

et nico - 2005/03/02 0:02
私が友人と疎遠になる最大の理由は「結婚」のようです。なんとなく結婚した友達とは連絡が取りにくい雰囲気になってしまう・・・。特に男友達とは結婚を機に連絡が途絶えると言うパターンが多いです。昔のように仲良くしたいけど、なかなか難しいなぁ~、と思います。高校時代から今でも仲の良い友達というのは独身男子に限られます(笑) だって皆、結婚しちゃって遊んでくれないんだもん(泣) それ以外はまぁ大学時代だったり、同じ職場だった女の子の友達はずっと続いてますけどね。

★確かに結婚というのは、大きな転機でしょうね。私も独身時代は月1回会っていた男がいましたが、結婚を機に連絡が取り辛くなり、やがて会わなくなりました。et nicoさんのブログにはお友達が色々と登場しますけど、社会人になってからの人も多いみたいですね。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/44-a85c8015

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。