Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/425-42b910eb

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【羊たちの沈黙】

あなたは人目のお客様です。

映画【羊たちの沈黙】 The Silence of the Lambs
 製作国:アメリカ 上映時間:118分
 製作年:1990年 日本公開:1991年6月
 監督:ジョナサン・デミ
 ◇出演
  ジョディ・フォスター  クラリス・スターリング 
  アンソニー・ホプキンス  ハンニバル・レクター 
  スコット・グレン  クロフォード主任捜査官 
  テッド・レヴィン  バッファロー・ビル 
  アンソニー・ヒールド  チルトン医師 
  ケイシー・レモンズ  マップ

   評価:80点

■あらすじ
女性を殺害し、その皮を剥ぐという猟奇事件が次々に発生。しかし、FBIは一向に犯人を捕まえる事ができない。主任捜査官のクロフォードは訓練生のクラリスを呼び、彼女に1つの任務を与える。それはレクター博士の元を訪れ、犯人の精神状態を解明してもらう事だった。レクターは天才的な精神科医だったが、自分の患者を食したことで州立精神病院に監禁されていたのだ。病院を訪ね、レクターに捜査協力を依頼するクラリスだったが…。

--------------------------
サイコ・サスペンスの名作といわれる【羊たちの沈黙】。かつてレンタルビデオで観て、大いに気に入った作品だった。それから15年あまり経ち、もう1度観た次第。
レクター博士(アンソニー・ホプキンス)この作品の長所は、何といってもアンソニー・ホプキンスの演技。レクター博士の冷徹で残酷な言動は、彼にしか表現できないと感じさせる。インパクトは非常に大きく、まさにハマリ役であった。彼と相対するクラリスも良い。恐怖に怯えながらも困難を克服しようとする女性を、ジョディ・フォスターが好演。撮影時彼女は27歳だったが、もっと若々しく感じられる。ともあれ、この2人の存在感は抜群である。

しかし、それ以外の要素は弱い。本筋の猟奇殺人について、あまりエネルギーが割かれていない印象を受けた。捜査の進行状況もかんばしくなく、FBIの無能さばかりが目立つ。犯人のキャラクターもいまひとつパッとしない。観ている方としては、どうも気分が盛り上がってこないのだ。約2時間にまとめた編集は見事だと思うが、もう少し掘り下げて長い作品にする、という選択肢もあったろう。
とはいえ、総合的にはなかなか良くできた映画だと思う。後発の作品は、見習うべき部分も多いはずだ。 (鑑賞日:2007年1月11日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/425-42b910eb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。