Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/419-1b5dd761

-件のトラックバック

-件のコメント

[C804] こんにちは

この映画は以前から気になっていたのですがまだ観ていませんでした。ガチャピンさんのコラムで益々興味が沸いてきたので是非観ようと思います。

もう10年以上昔のことですが、ハワードヒューズの作った世界最大の木製飛行機が展示されてあったのでそれを観にロサンゼルスまで行った事がありました。しかし残念ながら私の行った数ヶ月前にメキシコの方だったか、移設してしまいまして結局実物は見られませんでした。残念でした。
↓こちらに詳しく書いてありました
http://www.geocities.jp/hikouki5939/c60hfb1.html

[C805] ドカターさん

この映画に興味を持たれましたか。ドカターさんはヒューズについてご存知の
ようですから、そういう方なら鑑賞できる映画だと思います。

ハーキュリーズが展示されていたとは、知りませんでした。わざわざ足を運ん
で見られなかったのは、残念でしたね。映画の中に登場しますので、ご覧に
なってください。「よくまぁ、こんなものを飛ばしたな…」と驚き、呆れるような
代物です。

[C822] 観ました

やっと観終わりました。いや、本当に長いですね。
これアカデミー賞とったのですか?
映画ですからドラマチックな展開にならざるを得ないのでしょうが、その破滅的というか破天荒な生涯に何故アメリカ人は惹かれるのか正直よくわからなったです。
確かに私がLAに行った時は、ハーキュリーズとは呼ばずにスブルースグースと呼ばれていました。あれは蔑称だったんですね。

[C823] ドカターさん

鑑賞お疲れ様でした。やっぱり長いですよね…。一口に「アカデミー賞」といって
も色々な部門がありますし、選考委員がどういう基準で選んだのかは、よくわか
りません。興行成績としては、あまり良くありませんでした。

飛行機については、Wikipediaにも載っていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/H-4_%28%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%29
単に「ハーキュリーズ」=日本語だとヘラクレスだと、色々なものにつけられて
いますので、「ヒューズ H-4 ハーキュリーズ」という呼称が正しいみたいですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【アビエイター】

あなたは人目のお客様です。

映画【アビエイター】 THE AVIATOR
 製作国:アメリカ 上映時間:169分
 日本公開日:2005年3月26日
 監督:マーティン・スコセッシ
 ◇出演
  レオナルド・ディカプリオ ハワード・ヒューズ 
  ケイト・ブランシェット  キャサリン・ヘプバーン 
  ケイト・ベッキンセイル  エヴァ・ガードナー
  ジュード・ロウ  エロール・フリン 
  アレック・ボールドウィン  ホアン・トリップ 

  評価:65点


20世紀に実在したアメリカの大富豪ハワード・ヒューズの波瀾の半生を描いた伝記ドラマ。はっきり言って、観る人を選ぶ作品だ。私は以前彼について調べ、ブログで書いた事がある。だからヒューズについてある程度知っていたのだが、そういう人でないと恐らく楽しめないだろう(この作品に限らず、全く知らない人物の伝記映画を理解するのは難しい)。確かにアカデミー賞では11部門でノミネートされ、助演女優・撮影・美術・衣装デザイン・編集の5部門で受賞している。だが、アメリカ人の選考結果が日本人の好みに合うとは限らない。「レオナルド・ディカプリオが出ている」とか「そういやアカデミー賞を取っていたな」くらいの興味だったら、回避した方がいいだろう。

ケイト・ブランシェット(キャサリン・ヘップバーン)先に問題点を挙げると、まずその長さ。近年の映画は長くても150分以内に収まるものが多いのに、これは169分。観ている方としては、しんどく感じてしまう。もっとうまく編集できなかったのだろうか。次に、映画の構成。ヒューズの生涯で4つくらいの場面にスポットを当てているのだが、どこがクライマックスなのかわかり辛い。彼について知識がある人なら「なるほど、あそこを取り上げるのか」とわかる。しかしそうでない人は、何となく盛り上がれぬまま映画を見終えてしまう事だろう。

主役のレオナルド・ディカプリオは、頑張っていたと思う。というのも、彼が2001年に作った映画制作会社アッピアン・ウェイ(アッピア街道)の第1作が、この【アビエイター】。10代の頃から「いつかハワード・ヒューズの映画をやりたい」と考えていたディカプリオにとっては、念願の作品だったのである。彼の演技からその想いは伝わってきた。最初は「童顔に口髭は似合わないと思った」が、しばらく観ているうちに慣れてくるものだ。ただ、約180cmという身長は他の出演者と比較してもごく普通(本物のヒューズは190cm)であった事と、体つきが少年のようであった事はミスマッチ。

ケイト・ベッキンセイル(エヴァ・ガードナー)また彼にとってキツかったのは、共演者のケイト・ブランシェットが素晴らしかった事だ。彼女の演じたキャサリン・ヘップバーンは意思の強さや聡明さを感じさせ、「まさにキャサリンそのもの」と絶賛を浴びた。アカデミー助演女優賞を獲得したのは、当然の結果と言えるだろう。彼女と比較してしまうと、ディカプリオが見劣りしてしまうのは否めない。また、ケイト・ベッキンセイルが演じたエヴァ・ガードナーは美しく、大人の女性の色気を感じさせた。そちらとも比べると、ハワード・ヒューズは子供っぽく見えた。
ヒューズのライバルであるホアン・トリップは、アレック・ボールドウィンが好演。私にとって、彼は思い入れのある役者だ。【レッドオクトーバーを追え!】(1990)では準主役のジャック・ライアンを演じていて、「なかなかカッコいい役者」として記憶していたのだ。ただ、【アビエイター】の彼は昔に比べて太っていて、当初誰だかわからなかった。時間が経つと、人は変わるものだ。

美術や衣装デザインには素晴らしいものがあり、強いこだわりが感じられる。しかし映画を総合的に評価すると、バランスの悪さは否めない。作りようによってはもっと良いものに仕上げられたろう。残念だ。 

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/419-1b5dd761

0件のトラックバック

4件のコメント

[C804] こんにちは

この映画は以前から気になっていたのですがまだ観ていませんでした。ガチャピンさんのコラムで益々興味が沸いてきたので是非観ようと思います。

もう10年以上昔のことですが、ハワードヒューズの作った世界最大の木製飛行機が展示されてあったのでそれを観にロサンゼルスまで行った事がありました。しかし残念ながら私の行った数ヶ月前にメキシコの方だったか、移設してしまいまして結局実物は見られませんでした。残念でした。
↓こちらに詳しく書いてありました
http://www.geocities.jp/hikouki5939/c60hfb1.html

[C805] ドカターさん

この映画に興味を持たれましたか。ドカターさんはヒューズについてご存知の
ようですから、そういう方なら鑑賞できる映画だと思います。

ハーキュリーズが展示されていたとは、知りませんでした。わざわざ足を運ん
で見られなかったのは、残念でしたね。映画の中に登場しますので、ご覧に
なってください。「よくまぁ、こんなものを飛ばしたな…」と驚き、呆れるような
代物です。

[C822] 観ました

やっと観終わりました。いや、本当に長いですね。
これアカデミー賞とったのですか?
映画ですからドラマチックな展開にならざるを得ないのでしょうが、その破滅的というか破天荒な生涯に何故アメリカ人は惹かれるのか正直よくわからなったです。
確かに私がLAに行った時は、ハーキュリーズとは呼ばずにスブルースグースと呼ばれていました。あれは蔑称だったんですね。

[C823] ドカターさん

鑑賞お疲れ様でした。やっぱり長いですよね…。一口に「アカデミー賞」といって
も色々な部門がありますし、選考委員がどういう基準で選んだのかは、よくわか
りません。興行成績としては、あまり良くありませんでした。

飛行機については、Wikipediaにも載っていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/H-4_%28%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%29
単に「ハーキュリーズ」=日本語だとヘラクレスだと、色々なものにつけられて
いますので、「ヒューズ H-4 ハーキュリーズ」という呼称が正しいみたいですね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。