Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/418-1a84c8be

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【隠し剣 鬼の爪】

あなたは人目のお客様です。

映画【隠し剣 鬼の爪】  製作国:日本 上映時間:131分
  劇場初公開:2004年10月30日
  監督:山田洋次
  ◇出演
   永瀬正敏
  片桐宗蔵
   松たか子  きえ
   吉岡秀隆  島田左門
   小澤征悦  狭間弥市郎
   田畑智子  島田志乃
   高島礼子  狭間桂
   田中泯  戸田寛斎

  評価:85点


■あらすじ
時は幕末。東北の小藩である海坂藩(うなさかはん)の平侍・片桐宗蔵は、かつて奉公に来ていた百姓の娘きえと、3年ぶりに町で再会する。伊勢屋という大きな油問屋に嫁ぎ、幸せに暮らしているとばかり思っていたきえ。しかし彼女は昔と比べてすっかり痩せてしまい、寂しげな表情をしている事に宗蔵は驚く。それから数ヵ月。宗蔵は妹の志乃と彼女の夫で宗蔵の親友・左門から、きえが病で伏せっていると聞く。そして、彼女が酷い扱いを受けている事も。伊勢屋に乗り込んだ宗蔵は、強引にきえを連れ帰り、再び共に暮らすことに。そして再びきえの笑顔が戻った頃、藩に大きな事件が起きる。

片桐宗蔵(永瀬正敏)山田洋次の時代劇を観るのはこれが初めてだったが、雰囲気がとてもいい作品だと感じた。観ていて、何となくホッとする。重い内容が進行していても、その中にちょっとした笑いを忘れない。そうした緊張と弛緩のバランスがよく取れている。
最初は方言がよくわからなかったものの、すぐに慣れた。特に、田畑智子(妹の志乃)の発音は見事だと思う。また、永瀬正敏(片桐宗蔵)と小澤征悦(狭間弥市郎)の演技には、眼力が感じられた。そして、松たか子(きえ)。彼女のはかなげな笑顔、主人に尽くす姿が胸を打つ。時代錯誤と言われるかもしれないが、男性にとって妻の理想型ではないだろうか。

きえ(松たか子)しかしながら、問題も見られる。原作は藤沢周平の『隠し剣鬼ノ爪』『雪明かり』という2つの作品から成り立っているのだが、そのつながりにいささか無理が感じられる。特に藩の騒動に関する内容は、詳細が省かれていてわかり辛い。また小林稔侍(大目付・甲田)と緒形拳(家老・堀将監)は時代劇によくありがちなキャラクターで、深みがない。あまりにも俗物すぎたのではないか。あと、殺陣のシーンはスピード感に欠けていたように思う。それとも、あれくらいが普通なのだろうか。もっと激しいものを期待していたので、ちょっと退屈してしまった。
観た人の意見では【たそがれ清兵衛】と内容が被っている、というものがよく見られる。ただ、前述の通りこれ以外の山田洋次・時代劇作品は観ていない為、私にはわからなかった。ともあれ、雰囲気は非常に気に入った。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/418-1a84c8be

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。