Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/405-2e2bc334

-件のトラックバック

-件のコメント

[C802] relationship

こんにちわ
遅ればせながら今年もどうぞヨロシクです。

>どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きるという事。
この一行が持つ重さに惹かれました。

昨今の殺人事件は 「言葉」という毒が引き金だったのでしょうか!?
夫婦・兄弟・親子…「生きる」上で ある意味一番親しいハズの
人間関係の形成が一番杜撰になっているのが現代の姿なのかもしれません
生きる上で コワイものや汚いものに遭遇した時、本当は一番 助けてホシイ存在なのですけどね。

今春公開の 映画「バベル」もそんな人間関係がテーマな映画だそうですよ。

[C803] eryceさん

こんにちは。今年もよろしくお願いします。

確かに、最近の事件は言葉を引き金にしているのでしょうね。そして、
それ以前に人間関係の在り方が変わっているように思います。夫婦・
兄弟・親子…そういった身近な関係者が「どうあるべきか」というロー
ルモデルが失われてしまったのではないかと。

「色々な人がいるし、型にはまらなくてもいい」というのは、一見聞こ
えがいいです。ただ、基準となるポイントが曖昧だと危ういですよね。
「このくらいなら大丈夫」と自分では思っていても、相手に不快感を
与えている場合もあります。そういう衝突が身近な人間同士で起き
てしまうと、憎むことはあっても、助けるという発想は出てこないで
しょうね。

『バベル』は今年注目の作品ですね。そういう話なのですか。なる
ほど…。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

宮部みゆき【名もなき毒】

あなたは人目のお客様です。

宮部みゆき【名もなき毒】 単行本:489頁 出版社:幻冬舎
 価格:1890円 初版:2006年8月

 2006年 「週刊文春ミステリーベスト10」第1位
 2007年 宝島社「このミステリーがすごい!」第6位

  評価:70点

■あらすじ
どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きるという事。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという、女子高生だった。


【誰か】に続く、杉村三郎シリーズ第2弾。作品のキーワードは、タイトルに含まれる毒。それは殺人事件を引き起こす青酸カリであったり、人間の怒りや憎悪といった負の感情であったり、土壌汚染を引き起こす化学物質であったりする。毒というものは、形を変えて人々の生活のいたる場所に存在する。その事が綿密に描かれていて、文章は読みやすい。内容的にミステリーではないと思うが、現代社会の抱える闇を巧みに描いている。たとえば、最近立て続けに起きたバラバラ殺人にしても、「名もなき毒」なのかもしれない。

しかしながら、好き嫌いでいうと、私はこの作品が嫌いである。理由は杉村三郎が好きになれないから。お人好しでお節介、彼の判断や行動が危機を招く事も少なくない。読んでいてイライラしてくるのである。面白おかしい話ではないし、読後の爽快感もない。【誰か】を読んで「あまり好きじゃない」と感じた人は、回避した方が無難。

以下の記事は参考までに。

■相次ぐ家族間の遺体切断殺人 兄が妹を、妻が夫を (2007年1月14日 朝日新聞)
 
兄が妹を、妻が夫を殺し、その遺体をバラバラにする。東京・渋谷で、陰惨な事件が相次いだ。捜査にあたる警視庁幹部は「衝動的に殺してしまうところまでは理解できても、遺体切断という行為への飛躍を埋める答えはなかなか見つからない」と語る。「家族の遺体」をモノのように扱う心。そこに至るまでに、何があったのか。

歯科医師の長女武藤亜澄さんが殺害された事件。死体損壊容疑で逮捕された次兄の勇貴容疑者の弁護士は11日の記者会見で、遺体切断に及んだ事情をこう説明した。 「とりあえず、そのままにしておくわけにはいかない、ということだった。率直に本人の言葉を整理すると、そうなる」 一般に家族間の殺人では、殺害後も、毛布をかぶせたり目を閉じさせたりと遺体が大事に扱われることが多い。殺害行為は瞬時で終わるが、遺体切断には時間がかかる。我に返る機会もある。にもかかわらず、なぜ実際に切断するまでエスカレートしたのか。その心中は弁護士もつかみかねている様子だ。

ただ、心理学の専門家らは容疑者を「血も涙もない冷酷な性格」とみなすのは間違いだと口をそろえる。 「遺体をバラバラにするのは、発見されたくない、捕まりたくないという強い自己保身の心理が犯人にあるから。本人の性格の残虐さとは関係ない」 と上野正彦・元東京都監察医務院長は指摘する。実際のバラバラ殺人は「1人では遺体を運ぶ力のない弱者が起こす」「遺体を埋める場所のない都会で起きる」といったケースが多いという。

三橋祐輔さんが殺害された事件では、妻の歌織容疑者が「遺体は想像以上に重く、自分1人では動かすことが困難だった。一刻も早く、自分の目の前から取り去ってしまいたかった」という趣旨の供述をしている。その一方で、捜査本部は「身元がわからないようにしたかった」という心理や、夫に対する強い憎しみの感情も確認している。いくつもの要素が合わさって切断に至ったとの見方だ。
家族なのにどうしてこんな残酷なことをするのか――。「死体を探せ!」などの著書のある美術評論家の布施英利さんは、「家族なのに」ではなく、「家族だから」と考える。身近な人の死を人間はすぐに受容できない。だから死を受け入れるための儀式として葬式を開く。「今回はその儀式が異常な形で現れたのではないか」

◇裕福な家庭、識者は注目
「家族のあり方を改めて考えさせられる事件だ」。捜査幹部は背景にある家族関係にも強い関心を寄せている。片方は歯科医の一家。もう片方は高級マンションに住む「スマート」な印象の夫婦。二つの事件がともに経済的に恵まれた家族内で起きた点に注目するのは、京都女子大の井上真理子教授(犯罪社会学)だ。
「社会全般では離婚率が高まっているが、豊かな家庭では家族のまとまりを維持しようという傾向が今も強い。その分、家を出たり、別れたりしないまま様々な問題を内側に抱え込んでしまう」。二つの事件は、それが遺体切断という極端な行為に表れてしまった例とみる。
斎藤学・家族機能研究所代表(精神医学)は、なぜ遺体切断にまで至ったかは量りかねるという。「現代は忙しすぎて生きた人間との交流が二の次になっている。自らの衝動を統制する能力や、相手に共感する能力が欠落してきているのかもしれない」とする。

◇夫婦・きょうだい 10年間で事件急増
警察庁によると、遺体をバラバラにする死体損壊や死体遺棄の件数は96年から05年まで計80~110件程度で横ばいだ。一方、親子や夫婦、きょうだい間の殺人事件や傷害事件をみると、同じ10年間で増加傾向にある。
たとえば、夫婦(内縁関係を含む)間の殺人は4割増の218件、傷害は4倍余の1342件だった。きょうだい間の殺人も50件で3割増。傷害は3.3倍の256件に上った。こうした増加の一因は、家族間のトラブルでも被害を警察に届け出るように社会意識が変化した結果だと警察庁はみている。ただ、傷害の増え方が急なうえ、殺人のように以前から家庭内では隠せなかった事件も増えており、「単に意識の変容だけでは説明がつかない。家族間の人間関係の悪化がうかがえる」(同庁幹部)という。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/405-2e2bc334

0件のトラックバック

2件のコメント

[C802] relationship

こんにちわ
遅ればせながら今年もどうぞヨロシクです。

>どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きるという事。
この一行が持つ重さに惹かれました。

昨今の殺人事件は 「言葉」という毒が引き金だったのでしょうか!?
夫婦・兄弟・親子…「生きる」上で ある意味一番親しいハズの
人間関係の形成が一番杜撰になっているのが現代の姿なのかもしれません
生きる上で コワイものや汚いものに遭遇した時、本当は一番 助けてホシイ存在なのですけどね。

今春公開の 映画「バベル」もそんな人間関係がテーマな映画だそうですよ。

[C803] eryceさん

こんにちは。今年もよろしくお願いします。

確かに、最近の事件は言葉を引き金にしているのでしょうね。そして、
それ以前に人間関係の在り方が変わっているように思います。夫婦・
兄弟・親子…そういった身近な関係者が「どうあるべきか」というロー
ルモデルが失われてしまったのではないかと。

「色々な人がいるし、型にはまらなくてもいい」というのは、一見聞こ
えがいいです。ただ、基準となるポイントが曖昧だと危ういですよね。
「このくらいなら大丈夫」と自分では思っていても、相手に不快感を
与えている場合もあります。そういう衝突が身近な人間同士で起き
てしまうと、憎むことはあっても、助けるという発想は出てこないで
しょうね。

『バベル』は今年注目の作品ですね。そういう話なのですか。なる
ほど…。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。