Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/402-a9529be9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C746]

これが噂の水滸伝ですかぁ~ww
80点とはG先生の採点でいうと高得点ですね(*'ー'*)♪
G先生で1ヵ月半ですか。。。
私が読んだら一年はかかりそうですね。。。
劉備が優柔不断・・・ 言われてみれば・・・
と、妙に納得してしまったのでした(*^-^*)☆
  • 2006-12-25
  • 麻咲子
  • URL
  • 編集

[C747] 麻咲子さん

ええ、これが前にお話した本ですね。長編という事で評価は
少し甘いかもしれませんが、面白い作品だと私は思います。
読むペースは人それぞれでしょうが、なるべく集中して読んだ
方がいいでしょうね。間を空けると、話や登場人物を忘れます
から…。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

北方謙三【水滸伝】全19巻

あなたは人目のお客様です。

北方謙三【水滸伝】1巻 きたかたけんぞう - すいこでん 
 単行本:約350頁 全19巻
 出版社:集英社 価格:1680円

  評価:80点

中国で誕生した水滸伝は、魅力溢れる物語である。好漢達の活躍ぶりを読み、興奮した方も多いだろう。しかしながら、大きな問題を抱えている作品でもある。というのも、水滸伝は1人の人間によって書かれたものではない。もともと流布していた講談や説話の寄せ集めである。その為に、整合性を欠いている箇所や、矛盾が数多く見られる。
また梁山泊に好漢が集結するまでは面白いが、その後がひどくつまらない。反旗を翻していた朝廷になぜか従い、契丹族の国家・遼と戦ったり、各地の反乱の鎮圧に向かう。その過程で豪傑達がバタバタと死んでいってしまうのだ。何の為に戦っているのか、よくわからない。…そういった問題に真っ向から取り組んだのが、作家・北方謙三である。

豹子頭・林冲(りんちゅう) 武力は梁山泊最強クラス (「絵巻水滸伝」より)彼は水滸伝の時制や人物描写を見直し、新たな物語として再構築した。結果、梁山泊を1つの国に見立て、宋を倒すという革命・反社会的な色合いの濃い内容に仕上がった。ファンタジー的な要素は排除されている。例えば入雲龍・公孫勝(こうそんしょう)は、原典では妖術使いとして登場する。が、北方版では暗殺・諜報部隊の隊長である。また神行太保・戴宗(たいそう)といえば、神行法で知られる男。足に呪符を貼り付けると一日に800里走れる事が売りである。しかし、呪符についての記載は、北方水滸伝では一切ない。

原典ファンからすれば反発したくなる部分もあるだろうが、これはこれで面白い作品である。醜郡馬・宣贊(せんさん)や、喪門神・鮑旭(ほうきょく)といった、原典ではロクな扱いをされなかったキャラクターの扱いは興味深い。ほんの少ししか登場しなかった禁軍師範・王進の活用は見事である。ただ、及慈雨・宋江(そうこう)の扱いについては、北方も苦労したようだ。宋江は梁山泊の首領だが、武力や知力が優れているわけではない。性格が特別良いわけでもなく、「なぜこんな奴がボス?」と思ってしまう存在である。【西遊記】の三蔵法師にせよ【三国志演義】の劉備にせよ、中国の作品では凡庸で優柔不断な人物が上に立っている例が多い。北方版の宋江は多少マシに書かれているものの、読者人気は高くない。

読んでいて気になるのは、登場人物が死ぬ時に前兆がある事。作者は「いかに死ぬか(=いかに生きるか)」をテーマとして掲げていて、「精一杯生きた人間はそこで死んでも構わない」と考えている。その為、それまであまり登場しなかった人物が急にクローズアップされると、その直後に死んでしまうパターンが多く見られる。他にも個人能力や敵の強さについて、注文をつけたい事柄は少なくない。しかし、全編を通して一定以上のクオリティを保っている。

原稿用紙9500枚の大作。全部読むのはなかなか大変である。私の場合は1ヶ月半かかった。興味のある方は、まず最初の1、2巻を読んでみるといいだろう。気に入ったら、そのまま読み進めていって問題ない。あるいは水滸伝についてよく知らない人の方が、ニュートラルな気持ちで楽しめるかもしれない。

◆関連サイト
 作品の公式HP  作者インタビュー(Yahoo!ブックス)  キノトロープ/絵巻水滸伝

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/402-a9529be9

0件のトラックバック

2件のコメント

[C746]

これが噂の水滸伝ですかぁ~ww
80点とはG先生の採点でいうと高得点ですね(*'ー'*)♪
G先生で1ヵ月半ですか。。。
私が読んだら一年はかかりそうですね。。。
劉備が優柔不断・・・ 言われてみれば・・・
と、妙に納得してしまったのでした(*^-^*)☆
  • 2006-12-25
  • 麻咲子
  • URL
  • 編集

[C747] 麻咲子さん

ええ、これが前にお話した本ですね。長編という事で評価は
少し甘いかもしれませんが、面白い作品だと私は思います。
読むペースは人それぞれでしょうが、なるべく集中して読んだ
方がいいでしょうね。間を空けると、話や登場人物を忘れます
から…。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。