Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/397-22e915f3

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【フライ, ダディ, フライ】

あなたは人目のお客様です。

映画【フライ, ダディ, フライ】 製作国:日本 上映時間:121分
 初公開日:2005年7月9日
 監督:成島出
 ◇出演
  岡田准一
 パク・スンシン(朴舜臣)
  堤真一 鈴木一
  須藤元気 石原勇輔
  星井七瀬 鈴木遥
  松雄敏伸 南方
  愛華みれ 鈴木夕子
  塩見三省 平沢章吾

 評価:60点

■あらすじ
鈴木一は、愛する妻と自慢のひとり娘がいる、平凡なサラリーマン。ところがある日、その大切な愛娘が男子高校生に殴られ入院してしまう。相手の石原という男はボクシングの高校チャンピオン。娘はすっかり心を閉ざしてしまい、復讐を誓う鈴木は、包丁を隠し持って石原の高校へと向かった。校門前で「石原を出せ!」と叫ぶ鈴木だったが、校舎から出てきたスンシンに一発でのされてしまう。そもそも鈴木が乗り込んだのは、隣の学校だった。鈴木の話を聞いたスンシン達は、復讐に手を貸そうと協力を申し出るのだが…。

特に複雑な設定があるわけでもない、単純な筋書きのエンターテイメント作品。肩肘を張らず、気軽に楽しむのが適切な鑑賞法だろう。しかしながら、以前原作を読んでいたせいか、私には色々なところで不満が感じられた。

まず、堤真一。彼は力のある役者だと思うし、ダメオヤジを頑張って演じている。しかし基本的に男前のせいか、カッコ悪くなりきれていない。もっと情けないところを見せて、そこからはい上がるからこそ、作品が盛り上がると思うのだが。
また身長が178cmの堤に対し、岡田は169cm。堤が岡田を見下ろす形になっているが、これは逆ではあるまいか。スンシンというキャラクターには、クールさが欲しい。しかし、岡田は単に無愛想に見える。キャラとしての強さを見せる為の運動能力も、決して高くない。
全体的にテンポ良く進んでいくが、終盤急にペースダウン。もったいぶった展開に、ちょっと苛立った。一気に押し込んでしまった方が、スッキリまとまった気がする。爽快感が、もうひとつ弱い。「飛ぶ」という言葉と内容を、強引に結び付けている印象も受ける。
脚本は原作者の金城一紀自ら書いているが、個人的には物足りない内容だった。堤や岡田のファンでなければ、特別見なくてもいい作品だろう。 (鑑賞日:2006年12月11日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/397-22e915f3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。