Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/370-7c56702c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

山田詠美【風味絶佳】

あなたは人目のお客様です。

山田詠美【風味絶佳】 やまだえいみ-ふうみぜっか 

 単行本:237p 価格:1290円
 出版社:文藝春秋 初版:2005年5月15日
 
第41回谷崎潤一郎賞 本の雑誌-2005年 第1位

  評価:70点

山田詠美の恋愛小説集。6つの短編に共通するのは、「肉体の技術を生業(なりわい)とする」男が登場する事。それぞれとび職人、清掃局作業員、ガソリンスタンドのバイト、引越し屋、排水槽清掃人、斎場職員。また食事や思い出、肉体を「味わう」表現に力が入っている。


私が気に入った作品は以下の3つ。
1. 『海の庭』
両親が離婚し、母親についていく事にした高校生の日向子(ひなこ)。母親の実家へ移る為に引越し業者を頼んだところ、やっていたのは母親の幼馴染・作並(さくなみ)だった。2人のやり取りから、日向子は恋というものを考える。

2. 『春眠』
社会人になったばかりの章造。彼には、受け入れがたい事が1つあった。想いを寄せていた大学の同級生・弥生が、あろうことか父・梅太郎の後妻になってしまったのである。幸せそうな2人を見て苛立つ章造だったが…。

3. 『風味絶佳』
高校を卒業した志郎は、将来車に関係のある仕事に就きたいと思っていた。選んだ道は進学ではなく、ガソリンスタンドのバイト。経験を積んでいく中、やがて新人バイトの乃里子が職場に加わった。彼女と接しているうちに、志郎の中に特別な感情がわきあがってくる。

この3つに関しては、巧みな文章を愉しませてもらった。特に「海の庭」が醸し出す雰囲気は好きである。他の3編『間食』 『夕餉』 『アトリエ』はしっくりこなかった。特に『アトリエ』はどう解釈すればいいのか、よくわからない。筆者の本を読むのは【PAY DAY!!!】以来3年ぶり。恋愛小説を普段全く読まない私にとっては、ちょっと難しい本だった。長年のファンからは「山田詠美の最高傑作」と推す声もあるようだ。

本の題名にもなっている『風味絶佳』は、映画【シュガー&スパイス 風味絶佳】(監督:中江功 出演:柳楽優弥、沢尻エリカ、夏木マリ)として、2006年9月に劇場公開された。本の内容は結構短いので、色々なエピソードを追加したのではないかと思われる。興行成績は、ヒットの目安である10億円には届かなかった。 (読了日:2006年11月5日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/370-7c56702c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。