Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/360-4064b9cc

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

横溝正史【犬神家の一族】

あなたは人目のお客様です。

横溝正史【犬神家の一族】 文庫:414p 価格:700円
 出版社:角川書店 改訂版(1972年6月)

  評価:75点

■あらすじ
昭和23年(作品中では2X年)2月、那須湖畔の別荘で1人の老人がこの世を去った。その名を犬神佐兵衛(いぬがみさへえ)。一代で巨万の富を築き、信州のみならず日本経済界に名を轟かせた人物である。彼は生前に後継者を指名しておらず、誰が莫大な遺産を引き継ぐのか関心を集めていた。しかし公開された遺言状には奇妙な条件が記されており、結果として相続争いに拍車をかける事に。そして、とうとう死者が出てしまう…。


横溝正史の探偵・金田一耕助シリーズの4作目で、映像化された回数は【八つ墓村】に次いで2番目に多い。【八つ墓村】と比べて登場人物が少なく、殺人のトリックを考えさせる点で、こちらの方がより本格的な推理小説といえる。金田一が登場する場面も多い。犯人を当てる事はさほど難しくないが、殺人の手法は迷うかもしれない。また人間関係のドロドロした部分を描いているのが、この作品の特徴である。推理云々より、人間の愛憎劇として楽しむも良し。

【犬神家の一族】と聞いて思い浮かぶ映像は、「白い仮面をつけた男」と「湖から下半身だけ突き出た死体」だろう。前者は戦争で顔面に傷を負った犬神佐清(いぬがみすけきよ)であり、彼の存在が謎を解く1つの鍵。後者は作品の後半で登場するのだが、死体がああいう形になってしまうのは極めて不自然。構図としてインパクトは大きいが、個人的にあの演出は好きではない。

この作品を十数年ぶりに読む気になったのは、久々に映画が公開される事を知ったから(映画公式HP)。こちらがその制作発表の時の写真。

前列左から奥菜恵、松坂慶子、松嶋菜々子、市川崑監督、石坂浩二、富司純子、萬田久子。後列左から加藤武、岸部一徳、中村敦夫、仲代達矢、尾上菊之助、林家木久蔵

市川崑監督によるリメイク作で、金田一耕助役は30年前と同じ石坂浩二。65歳の彼にバタバタと走らせるのは酷だと思うが、どのように演じたのだろう。そしてヒロインである野々宮珠世を演じたのは松嶋菜々子。原作で「絶世の美人」と褒め称えられるだけに、松嶋の起用は妥当なところか。興味深いのは、犬神小夜子役が奥菜恵である事。こちらは「相当な美人だが、珠世と比べるとかすんでしまう。頭がちょっと弱い」役どころ。また、脚本家・映画監督の三谷幸喜が「那須ホテルの主人」役で登場する。チョイ役ではあるが、オファーを貰って映画に出演するのはこれが初めて。それだけに、本人は大喜びだったという。映画は本日公開された。さて、評判はいかに。

■渾身の体当たり演技が実らなかった松嶋菜々子の誤算
 
(2006年12月21日 ゲンダイネット)

先週末に封切られた正月映画「犬神家の一族」。76年の同名作品を市川崑監督(91)がセルフリメークした話題作だ。金田一耕助役も前作と同じ石坂浩二(65)。さらに、松嶋菜々子(33)が事件の鍵を握るヒロインを演じることで注目を集めていた。
「松嶋にとっては長女出産後の映画復帰第1作。それだけに力が入っています。ギュッとわしづかみにされた松嶋の胸が大写しになるシーンや、レイプ未遂シーンもある。かつての彼女では考えられない体当たりの演技を見せています」(映画批評家の前田有一氏)
しかし、松嶋の熱演もむなしく、客足はいまひとつ伸びていない。
「最終的な興収は10億円台前半にとどまりそう。豪華キャストに加え、通常の倍近い時間をかけて撮影するなどかなりのカネがかかっているのに……」(映画関係者)
不調の原因は戦略ミスにあるようだ。“懐かしさ”ばかりが強調された結果、劇場に足を運んでいるのは中高年だけだという。
「音楽も演出もまったく同じで、前作のファンには感涙モノでしょう。ただ、とりたてて新しい要素がないので、単なる古臭い映画になってしまった。残念です」(前田氏=前出)
ヒロインが松嶋では若い世代を呼び込めないということもあるだろう。せっかくの体当たり演技も実らず。厳しい結果だ。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/360-4064b9cc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。