Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/341-b8423598

-件のトラックバック

-件のコメント

[C697]

すごいです!
よくかきましたね!
  • 2006-11-19
  • 匿名
  • URL
  • 編集

[C698] 匿名さん

ありがとうございます。

[C768]

初めまして。
デスノートのルールがPC上で検索できたり
簡単に閲覧できたら便利と思い、ブログ上に単行本とほぼ同じ物をUPしたのですが、
大部分(特に英語部分)を参考にさせていただきました。
とても助かりました。ありがとうございます。

事後報告で申し訳ございません。不都合等がございましたら申し付けてください。

[C769] Tannarさん

はじめまして。コメントを読む限りではおっしゃっている意味がよくわから
なかったのですが、ブログを見て理解しました。PC上=ネット上という事
ですね。そういうコンテンツを作ろうとすれば、既存のサイトを利用するの
は、自然な事だと思います。特に詠みにくい文字で書かれた英文を書き
写すのが、1番手間がかかりますからね。

参考にされる分には構いません。こうしてコメントをいただいた事、そちら
のブログにリンクを貼っていただいた事には感謝します。

[C941]

Amm!! Great すごいです!
. I love Death Note very well. And i find Howe to use Dath Note every day. I live in Thailand But I love everything for japan. It wonderFul !!!

ありがとうございます。

[C942] Poonさん

コメントをくださり、ありがとうございます。
I'm very happy to hear that you like this article.
Enjoy the world of "DEATH NOTE" !

[C1102] すばらしい!

はじめまして
全部見させていただきましたw

[C1103] 匿名さん

ありがとうございます。
地上波で映画が放送されたせいでしょう、最近読みに来られる方が多いです。

[C1176]

こんなにルールあるんだ。。

デスノート欲しいけど私ビビッて書けないわww
  • 2012-01-05
  • ちはる
  • URL
  • 編集

[C1177] ちはる さん

なるほど。仮にデスノートがあったとしても、使わないに
越したことはないですね。
  • 2012-01-06
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C1187] 凄い。もう、法律だ。

凄いです。
今、さっき、デスノートのアニメの方を
見ました。
劇場版の方しか、見ていなかったから、
アニメの方も斬新に感じました。

改めて思ったのですが、
デスノートのルールと
デスノートを触る前の月が
まだ、六法全書を信じてた時の
限界がある法律を
対比させてるなと思いました。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

DEATH NOTE -HOW TO USE IT-

あなたは人目のお客様です。

2003年12月~2006年5月まで「週刊少年ジャンプ」で連載されていた【DEATH NOTE(デスノート)】{原作:大場つぐみ、作画:小畑健}。そのコミックスに収録されている、DEATH NOTE -HOW TO USE IT-(デスノートの使い方)をまとめてみた。

英語は原文そのまま。ただ日本語訳はわかりやすいよう、手を加えてある。誤訳があったら申し訳ない。また、ローマ数字の表記はアルファベットで代用した。

I  (1)
The human whose name is written in this note shall die.
このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。

This note will note take effect unless the writer has the person's face in their mind when writing his /her name. Therefore, people sharing the same name will not be affected.
書く人物の顔が頭に入っていないと、例えノートに書き込んでも効果はない。ゆえに同姓同名の人物に一遍に効果は得られない。

If the cause of death is written in within 40 seconds of writing the person's name, it will happen.
名前の後に40秒以内に死因を書くと、その通りになる。

If the cause of death is not specified, the person will simply die of a heart attack.
死因を書かなければ、全てが心臓麻痺となる。

After writing the cause of death, details of the death should be written in the next 6 minutes and 40 seconds.
死因を書くと更に6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる。

II (2)
This note shall become the property of the human world, once it touches the ground of (arrives in) the human world.
このノートは人間界の地に着いた時点から人間界の物となる。

The owner of the note can recognize the image and voice of its original owner, i.e. a god of death.
所有者はノートの元の持ち主である死神の姿や声を認知する事ができる。

The human who uses this note can neither go to Heaven or Hell.
このノートを使った人間は、天国にも地獄にも行けない。

III (3)
If the time of death is written with in 40 seconds after writing the cause of death as a heart attack, the time of death can be manipulated, and the time can go into effect within 40 seconds after writing in the name.
死因に心臓麻痺と書いた後、40秒以内に死亡時刻を書けば、心臓麻痺であっても死の時間を操れ、その時刻は名前を書いてからの40秒以内でも可能である。

The human who touches the DEATH NOTE can recognize the image and voice of its original owner, a god of death, even if the human is not the owner of the note.
デスノートに触った人間は、(そのノートの所有者でなくとも)元持ち主である死神の姿や声が認知できる。

IV (4)
The person in possession of the DEATH NOTE is possessed by a god of death, its original owner,  until they die.
デスノートを持っている限り、自分が死ぬまで元持ち主である死神が憑いてまわる。

If a human uses the note, a god of death usually appears in front of him/her within 39 days after he/she uses the note.
死神は通常、人間がノートを使った39日以内に使った者の前に姿を現す。

Gods of death, the original owners of the DEATH NOTE, do not do, in principle, anything which will help or prevent the deaths in  the note.
デスノートの元持ち主である死神は、そのノートでの死の手伝いや妨げになる行為は基本的にしない。

A god of death has no obligation to completely explain how to use the note or rules which will apply to the human who owns it.
デスノートの使い方や、それを持つ人間に発生する掟を死神が全て説明する義務はない。

V (5)
A god of death can extend his life by putting human names on the note, but humans cannot.
死神はデスノートに人間の名前を書くことで自分の寿命を延ばせる(人間の寿命を貰える)が、人間は延ばす事ができない。

A person can shorten his or her own life by using the note.
自分で自分の寿命をデスノートによって縮める事はできる。

The human who becomes the owner of the DEATH NOTE can, in exchange of half of his/her remaining  life, get the eyeballs of the god of death which will enable him/her to see a human's name and remaining lifetime when looking through them.
デスノートの所有者となった人間は、自分の残された寿命の半分と引き換えに、人間の顔を見るとその人間の名前と寿命の見える「死神の眼球」を貰う事ができる。

A god of the can not be killed even if stabbed in his heart with a knife for shot in the head with a gun. However, there are ways to kill a god of death, which are not generally known to the gods of the death.
死神の心臓をナイフで刺しても、頭を銃で撃ち抜いても殺す事はできない。死神を殺す方法は存在するが、普通の死神には知らされていない。

VI (6)
The conditions for death will not be realized unless it is physically possible for that human or it is reasonably assumed to be carried out by that human.
書き入れる死の状況は、その人間が物理的に可能な事、その人間がやってもおかしくない範囲の行動でなければ実現しない。

The specific scope of the condition for death is not known to the god of death, either. So, you must examine and find out.
死の状況で可能になる事の詳細な範囲は死神にもわからないので、自分で検証し明らかにしていくしかない。

VII (7)
One page taken from the DEATH NOTE, or even a fragment of the page, contains the full effects of the note.
デスノートから切り取ったものは、それが1ページであれ切れ端であれ、ノートの特性は変わらない。

The instruments to write with can be anything, (e. g cosmetics, blood, etc) as long as it can write directly on to the note and remains as legible letters.
はっきりとした文字を残せるのであれば、ノートに直接書き込む道具は何でもいい。化粧品や血でも可能である。

Even the original owners of the DEATH NOTE, gods of death, do not know much about the note.
元持ち主である死神でも、デスノートについて知らない事はたくさんある。

VIII (8)
You may also write the causes and/or details of death prior to filling in the name of the individual. Be sure to insert the name in front of the written causes of death. You have about 19 days (according to the human calendar) in order to fill in a name.
死因や死の状況を先に書き、あとで名前をその文字の前に書き込んでも有効となる。その際、名前を書くまでの有効期間は約19日間。

Even if you do not actually posses the DEATH NOTE, the effect will be the same if you can recognize the person and his/her name to place in the blank.
デスノートの所有者以外でも、顔と名前の認識を持って名前を書き込めば、所有者が使う時と同じ効果がある。

IX (9)
The DEATH NOTE will not affect those under 780 days old.
生後780日(約2歳2ヶ月)に満たない人間には、デスノートを使っても効果はない。

The DEATH NOTE will be rendered useless if the victim's name is misspelled four times.
同一人物の顔を思い浮かべて4度名前を書き間違えると、その人間に対してデスノートは効かなくなる。

X (10)
"Suicide " is a valid cause of death. Basically, all humans are thought to possess the possibility to commit suicide. It is, there fore, not something "unbelievable to think of"
死因に「自殺」と書く事は有効。全ての人間は自殺する可能性があるとされており、「考えもしない事」には入らない。

Whether the cause of the individual's death is either a suicide or accident. If the death leads to the death of more than the intended, the person will simply die of a heart attack. This to ensure that other lives are not influenced.
自殺でも事故死でも、名前を書かれた人間以外の死を直接的に招くような死に方をさせる事はできない。(例えば空中における航空旅客機の爆発) もしそういった事態となる事を書き込むと、対象者は第三者に影響を与えない状況下において、心臓麻痺で死ぬ。

XI (11)
Even after the individual's name, the time of death, and death condition on the DEATH NOTE were filled out, the time and condition of death can be altered as many times as you want, as long as it is changed within 6 minutes and 40 seconds from the time it was filled in. But, of course, this is only possible before the victim dies.
デスノートに名前、死の時刻、死の状態を書いた後でも、6分40秒内であれば時刻と状況について、何度でも変更する事ができる。当然の事ながら、その変更は対象者が死んでしまってからでは遅い。

Whenever you want to change anything written on the DEATH NOTE within 6 minutes 40 seconds after you wrote, you must first rule out the characters you want to erase with two straight lines.
デスノートに書き込んだ内容を6分40秒以内で変更する場合、まず直したい箇所の文字の上に二重線を引く事。

As you see above, the time and condition of death can be changed, but once the victim's name has been  written the individual's death can never be avoided.
上記の通り、死の時刻や状況は変更可能である。しかし、名前を書かれた人間の死を取り消す事は、絶対にできない。

XII (12)
If you lose the DEATH NOTE or have it stolen, you will lose its ownership unless you retrieve it within 490 days.
もしデスノートを紛失したり盗まれた場合は490日(約1年4ヶ月)以内に再び手にしないと、その所有権を失う。

If you have traded the eye power of a god of death, you will lose the eye power as well as the memory of the DEATH NOTE, once you lose its ownership. As the same time, the remaining half of your life will not be restored.
「死神の眼球」の取引きをした者は、所有権を失うとノートに関する記憶と共に眼の能力も失う。その際、半分になった余命は元には戻らない。

XIII (13)
You may lend the DEATH NOTE to another person while maintaining its ownership. Subletting it to yet another person is possible, too.
所有権を持ったまま、他の人間にデスノートを貸す事は可能である。又貸しをする事も同様。

The borrower of the DEATH NOTE will not be followed by a god of death. The god of death always remains with the owner of the DEATH NOTE. Also, the borrower cannot trade the eyesight of the god of death.
デスノートを借りた人間に死神は憑かない。憑くのはあくまでノートの所有者だけ。また、借りた人間は死神の眼球の取引をする事もできない。

XIV (14)
When the owner of the DEATH NOTE dies while the Note is being lent, its ownership will be transferred to the person who is holding it at that time.
デスノートを貸していている間に所有者が死んだ場合、所有権はその時ノートを手にしていた者に移る。

If the DEATH NOTE is stolen and the owner is killed by the thief, its ownership will automatically be transferred to the thief.
もしデスノートが盗まれ、その盗んだ者に所有者が殺された場合、所有権は盗人に移る。

XV (15)
When the same name is written on more than two DEATH NOTEs, the Note which was first filled in will take effect, regard less of the time of death.
2冊以上のデスノートに同じ人間の名前が書かれた場合、記してある死亡時刻に関係なく、先に書かれた方が優先される。

If writing the same name on more than two DEAT NOTEs is completed within a 0.06-second difference, it is regarded as simultaneous; the DEATH NOTE will not take effect and the individual written will not die.
2冊以上のデスノートで名前を書き終える時間の差が0.06秒以内の場合は、同時とみなされる。ノートに書かれた事は無効となり、名前を書かれた人間は死なない。

XVI (16)
The god of death must at least own one DEATH NOTE. That DEATH NOTE must never be lent to or written on by a human.
死神は少なくとも1冊のデスノートを絶対に持っていなくてはならない。その1冊を人間に貸し出したり、または書き込ませる事は許されない。

Exchanging and writing on the DEATH NOTE between the gods of death is no problem.
死神同士でデスノートを交換したり、また他の死神のノートに書き込む事は問題ない。

XVII (17)
If the god of death decides to use the DEATH NOTE to kill the assassin of  an individual he favors, the individual's life will be extended, but the god of death will die.
もし死神が特定の人間の好意に持ち、その人間の寿命を延ばす為にノートを使ったとする(例えば今にも殺されそうな場面で、殺そうとしている相手の名前をノートに書く)。すると、死神は死んでしまう。

The dead god of death will disappear, but the DEATH NOTE will remain. The ownership of the DEATH NOTE is usually carried over to the next god of death that touches it, but it is common sense that it is returned to the Great god of death.
死んだ死神は消えてなくなってしまうが、デスノートはそのまま残る。そしてノートの所有権は通常「次にノートに触れた死神」に移る。しかし、死神大王に返上するのが常識とされている。

XVIII (18)
Only by touching each other's DEATH NOTE can human individuals who own the DEATH NOTE in the human world recognize the appearance or voice of each other's god of death.
人間界でデスノートを持っている者同士であっても、相手のノートに触らなければ、相手に憑いている死神の姿や声は認知できない。

An individual with the eye power of a god of death can tell the name and life span of other humans by looking at the person's face.
By possessing the DEATH NOTE, and individual gains the ability to kill and stops being a victim. From this point, a person with the DEATH NOTE cannot see the life span of other DEATH NOTE owners, including him/her self. But, it is not really necessary for the individual to view the life span of him/her self nor other DEATH NOTE owners.
死神をの目を持った人間は、顔を見た人間の名前と寿命を見る事ができる。ただし、自分を含めてデスノート所有者の寿命は見る事ができない。というのも、デスノートを持った人間は命を奪われる立場から奪う立場へと変わる為、殺す人間の寿命だけ見えていれば十分…と考えられているから。

The god of death must not tell humans the names of life spans of individuals he sees. This is to avoid confusion in the human world.
死神は自分が目にした人間の名前や寿命を教えてはならない。これは人間界に混乱を起こさない為の配慮である。

XIV (19)
It is prerequisite for the DEATH NOTE used in the human world that at living god of death make sure that the humans in the human world use it.
デスノートが人間界で使われるには、まず生きた死神の「人間界でこのノートを人間に使わせる」という意思が必要となる。

It is very difficult to consider that a god of death who has possessed a human could die, but if he should die, the DEATH NOTE that he brought into the human world will not lose its power.
人間に憑いている死神が死ぬ可能性はとても低い。しかしながら、仮に死んだとしても人間界に持ち込まれたノートが持つ力は変わらない。

XX (20)
In order to see the names and life spans of humans by using the eye power of the god of death, the owner  must look at more than half of that person's face. When looking from top to bottom, he must look at least from the head to the nose. If he looks at only the eyes and under, he will not be able to see the person's name and life span. Also even though some parts of the face, for example the eyes, nose or mouth are hidden, if he can basically see the whole face, he will be able to see the person's name and life span. It is still not clear how much exposure is needed to tell the name and life span, and this needs to be verified.
死神の目で人間の名前・寿命を見るには、その人間の顔の左右の半分以上を見なければならず、上下の場合は頭頂部から鼻まで見る必要があり、目より下だけを見ても名前・寿命はわからない。逆に顔の一部(目・鼻・口など)が隠れていても、顔全体が見えていれば問題ない。(この件に関してはハッキリとわかっていない事もあり、今後も検証していく必要がある)

If above conditions are met, names and life spans can be seen through photos and pictures, no matter how old they are. But this is sometimes influenced by the vividness and size. Also, names and life spans cannot be seen by face drawings, however realistic they may be.
上記の条件をクリアしていれば、どれほど過去の物であっても写真や映像から名前・寿命を見る事ができる(ただし、その鮮明度やサイズによってはわからない場合もある)。また、どんなに本物と似ていても絵からは名前・寿命は読み取れない。

XXI (21)
Those with the eye power of the god of death will have the eyesight of over 3.6 in the human measurement, regardless of their original eyesight.
死神の目を持った人間は、元の視力に関わらず視力3.6以上となる。

XXII (22)
The individuals who lose the ownership of the DEATH NOTE will also lose their memory of the usage of the DEATH NOTE. This does not mean the he will lose all the memory from the day he owned it to the day he loses possession, but means he will only lose the memory involving the DEATH NOTE.
デスノートの所有権を失った人間は、ノートを持っていた期間の記憶がなくなる。ただし全てを失うわけではなく、ノート絡みの記憶に限られる。

XXIII (23)
Whenever an individual with ownership of more than two DEATH NOTES loses possession to one of the DEATH NOTES, he will not be able to recognize that DEATH NOTE's god of death's appearance or voice any more. The god of death himself will leave, but all the memory involving that DEATH NOTE will remain as long as he maintains ownership of at least one of other DEATH NOTE.
2冊以上のデスノートの所有権がある人間は、1冊の所有権を失うとそのノートに憑いていた死神の姿や声を認知できなくなり、死神は離れていく。ただし、1冊でもノートを所持している場合は関わった全てのデスノートの記憶はなくならない。

XXIV (24)
The god of death must not stay in the humans world without a particular reason. Conditions to stay in the human world are as follows.
死神は特別な理由がない限り、人間界で過ごしてはいけない。滞在してよい条件は以下の通り。
I When the god of death's DEATH NOTE is handed to a human
1. 所持していたデスノートを人間に持たせている場合

II Essentially, finding a human to pass on the DEATH NOTE should be done from the world of the gods of death, but if it is within 82 hours this may also be done in the human world.
2. ノートをどの人間に渡すか物色する事は、本来死神界ですべき事である。しかし82時間以内であれば、人間界で探して構わない。

III When a god of death stalks an individual with an intention to kill them, as long as it is within 82 hours of haunting them, the god of death may stay in the human world.
3. 殺そうとしている人間をより深く観察したい場合、その人間に憑いていれば82時間人間界に留まってもよい。

XXV (25)
The god of death must not hand the DEATH NOTE directly to a child under 6 years of age (base on the human calendar)
死神は6歳未満の人間に直接ノートを渡してはならない。

The DEATH NOTE must not be handed to a child under 6 years of age, but DEATH NOTE that have been dropped into the human world, and are part of the human world, can be used upon humans of any age with the same effect.
6歳未満の人間にデスノートを渡してはならない。しかし、死神が人間界に落とし人間界の一部となったノートについては、何歳の人間が使っても効果は同じである。

XXVI (26)
If you just write, "die of accident" for the cause of death, the victim will die from a natural accident after 6 minutes and 40 seconds from the time of writing it.
「事故死」とだけ書き、死の状況を記さない場合は、6分40秒後に「起きても不自然ではない事故」で死亡する。

Even though only one name is written in the DEATH NOTE, if it influences and causes other humans that are not written in it to die, the victim's causes of death will be a heart attack.
ノートに書かれた名前が1人だしても、その死因が大勢の人の亡くなる事故死であった場合、影響を与えぬよう死因は「心臓麻痺」に変わる。

XXVII (27)
If you write "die of disease" with a specific disease's name and the person's time of death, there must be a sufficient amount of time for the disease to progress, If the set time is too tight, the victim will die of a heart attack after 6 minutes and 40 seconds after completing the DEATH NOTE.
「病死」と書き込んで病名と死亡時間を指定したとしても、病気の進行する時間は必要である。無理がある場合は6分40秒後に心臓麻痺で死亡する。

If you write, "die of disease" for the cause of death, but only write a specific time of death without the actual name disease, the human will die from an adequate disease. But the DEATH NOTE can only operate with 23 days (in the human calendar). This is called the 23-day rule.
「病死」と書き込んで具体的な病名を記さずに時間指定をした場合、その時間に合わせた適当な病気で亡くなる。ただし、デスノートで人間を操れるのは23日までである。これを『23日ルール』という。

XXVIII (28)
If you write, "die of disease" like before with a specific diseases name, but without a specific time, if it takes more than 24 days for the human to die the 23-day rule will not take effect and the human will die at  and adequate time depending on the disease.
「病死」と書き込んで具体的な病名を記し、時間指定をしなかった場合。その時人間は病気の進行に合わせた時期に死亡する。『23日ルール』には影響されず、長期間になる事もある。

When rewriting the cause and/or details of death it must be done within 6 minutes and 40 seconds. you cannot change the victim's time of death, however soon it may be.
上記の場合でも、死因や死の状況を加筆できるのは6分40秒以内。そして、死ぬ時間について変える事はできない。

XXXVIX (29)
You cannot kill humans at the age of 124 and over the DEATH NOTE.
124歳以上の人間をデスノートで殺す事はできない。

You cannot kill humans with less than 12 minutes of life left (in human calculations ).
残りの寿命が12分以下の人間は、デスノートで殺す事はできない。

XXX (30)
If you have traded the eye power of a god of death, you will see a person's primary life span in the human world.
死神と眼球の取引をした人間が、その目で見える人間の寿命は、その人が人間界で本来持っている(=デスノートの影響を受けていない)寿命である。

The names you see with the eye power of a god of death are the names needed to kill that person. You will be able to see the names even if that person isn't registered in the family registration.
死神の目で見る事のできる人間の寿命は、「その人間を殺すのに必要な名前」である。仮に戸籍などに名前がなかったとしても、その名前は見える。

XXXI (31)
The number of pages of the DEATH NOTE will never run out.
どれだけ名前を書き込んでも、デスノートのページはなくならない。

XXXII (32)
If someone possesses more than one DEAT NOTE, by visualizing the victim, then writing down the name in one of the DEATH NOTES and the cause of death in the other, it will take effect it. The order however, is unimportant, if you write down the cause of death in one DEATH NOTE and afterwards, write the name in the other, it will still take effect.
2冊以上のデスノートを所有した場合、同じ人間の顔を思い浮かべて書き込めば、1冊に名前、もう1冊に死因・死の状況を書いても有効となる。ノートに書く順番が逆でも同じ。

This can also be accomplished by two DEATH NOTE owners working together. In this case, it's necessary that the two touch each other's DEAT NOTES.
上記は、2人のデスノート所有者の共同作業として行う事も可能。ただし、その場合は互いのノートに触れ合っておく必要がある。

XXXIII (33)
If a person loses possession of a DEATH NOTE, they will not recognize the gods of death by sight or voice any more. If however, the owner lets someone else touch his DEATH NOTE, from that time one, that person will recognize the god of death.
デスノートの所有権を失った者は、ノートに憑いていた死神の姿や声を認知できなくなる。しかし、その所有者以外でノートに触れた人間は依然として死神を認識する事ができる。

In accordance with the above, the human who touched the DEATH NOTE and began to recognize the gods of death's sight and voice, will continue to recognize it until that human actually own the DEATH NOTE and subsequently looses possession of it.
従って、デスノートに触って死神の姿や声がわかるようになった者は、その人自身がノートを所有しかつ所有権を失わなければ、死神の事を認知しつづける。

XXXIV (34)
The owner of the DEATH NOTE cannot be killed by a god of death who is living in the world of death.
デスノートを持った人間を、死神界にいる死神が殺す事はできない。

Also a god of death who comes to the human world , in the objective to kill the owner of the DEATH NOTE, will not be able to do so.
また、デスノートを持った人間を殺す目的で死神が人間界にやってくる事もできない。

Only a god of death that has passed on their DEATH NOTE to a human is able to kill the owner of the DEATH NOTE.
デスノートを持った人間を殺す事ができるのは、そのノートを譲渡した死神だけである。

XXXV (35)
If a DEATHNOTE owner accidentally misspells a name four times, that personal will be from being killed by the DEATH NOTE. However, if they intentionally misspell the name four times, the DEATH NOTE owner will die.
誤ったつづりで4回名前を書き込まれた人間は、それ以降ノートでは殺されない。しかし、もし故意に間違えて書き込んだ場合は、ノートの所有者が死ぬ事になる。

The person whose name was misspelled four times on purpose will not be free of death by a DEATH NOTE.
そして、故意に誤った名前を書かれた人間については、それ以降もノートは有効である。

XXXVI (36)
There are male and female gods of death, but it is neither permitted, nor possible for them to have sexual relations with humans. The gods of death also cannot have sex with each other.
死神にはオスとメスの区別がある。ただし人間との生殖行為は許されておらず、不可能。また死神同士もセックスをしない。

XXXVII (37)
When regaining ownership of the DEATH NOTE, the memories associated with the DEATH NOTE will also return. In cases where you were involved with other DEATH NOTEs as well, memories of all the DEATH NOTEs involved will return.
所有権のなくしたノートの所有権を再び得れば、そのノートに関する記憶は戻る。もし他のノートにも関わっていた場合は、関わっていた全てのノートに関する記憶が戻る。

Even without obtaining ownership, memories will return just by touching the DEATH NOTE.
そして所有権を得ていなくても、ノートに触れていれば、触れている間だけ記憶は戻る。

XXXVIII (38)
You will lose memory of the DEATH NOTE when losing its ownership. But you can regain this memory by either obtaining the ownership once again or by touching the DEATH NOTE. This can be done up to 6 times per DEATH NOTE.
デスノートをの所有権を失うと、ノートに関する記憶は失われる。そして再び所有権を得るか、ノートに触れると記憶が戻る。しかし記憶が戻るのは、1冊につき6回まで。

If the 6 times are exceeded, the person's memory of the DEATH NOTE will not return and they will have to use it without any previous memory of it.
6回を超えた場合は、ノートに関する記憶は戻らない。記憶を失ったままで新たに使用する事になる。

XXXIX (39)
Humans that have traded for the eye power of a god of death will see a person's primary life span, and will not be influenced by the DEATH NOTE. If the victim is killed using the DEATH NOTE, the remaining lifetime of that victim will be provided to the god of death.
死神の眼球で見える人間の寿命は、その人本来の寿命である(デスノートの影響はない)。もしデスノートで死んだ場合は、残っていた寿命は(その人間を殺した)死神に与えられる。

XL (40)
Humans that have traded for the eye power of a god of death cannot see the name or life-span of humans who have already passed away by looking at their photos.
死神の眼球を持っている人間は、故人の写真などを見てもその人の名前や寿命は見えない。

XLI (41)
Whenever a god of death who had been in the human world dies and the DEATH NOTE is left behind and is picked up by a human, that person becomes the owner.
人間界にいた死神が亡くなった時、残されたデスノートを人間が拾った場合は、その人間がノートの所有者となる。

However, in this case, only the human that can recognize the god of death and its voice is able to see and touch the DEATH NOTE.
しかしながら、死神の姿や声を認知できていた人間でなければ、ノートを見る事も触る事もできない。

It is very unlikely, but if by any chance a god of death picks up the DEATH NOTE, that god of death becomes the owner.
可能性としては非常に低いが、死神が拾った場合ノートは死神の物となる。

XLII (42)
The names you see with the eye power of a god of death are the names needed to kill that person. You will be able to see their names even if they aren't listed in a family register.
死神の眼で見る事のできる人間の名前は、「その人間を殺すのに必要な名前」である。たとえ戸籍などに名前がなくても、その名前は見える。

XLIII (43)
It is useless trying to erase names written in the DEATH NOTE with erasers or white out.
デスノートに書き込まれた名前を消しゴムや修正液で消しても、効果は変わらない。

XLIV (44) ※コミックだと再び42に戻っているので修正。以下、コミックスの表記に+1。
The use of the DEATH NOTE in the human world sometimes affects other human's lives on shortens their original life-span, even though their names are not actually written in the DEATH NOTE itself. In these cases, no matter the causes, the god of death sees only the original life-span and not the shortened life-span.
人間界でデスノートが使われる事が人生に影響を与え、ノートに名前が書かれなくとも本来の寿命より前に死んでしまう場合がある。しかしそういう場合であっても、死神の眼で見えるのはその人本来の寿命であり、縮んだ寿命はわからない。

XLV (45)
If a DEATH NOTE is owned in the human world against the god of death's will, that god of death is permitted to stay in the human world in order to retrieve it.
死神が本来所有すべきデスノートを当人の不本意な形で人間界のものにされている場合、ノートを取り戻す目的で人間界に留まる事は許される。

In that case, if there are other DEATH NOTEs in the human world, the gods of death
are not allowed to reveal to humans that DEATH NOTE's owner or its location.
その時他のデスノートが人間界に存在していたとしても、誰が持っていていてどこにあるのか、死神は教えてはいけない。

XLVI (46)
If the DEATH NOTE that the god of death owns is taken away by being cheated by other gods of death and so forth, it can only be retrieved from the god of death who is possessing it at that time. If there is no god of death, but a human possessing it , the only way that the god of death can retrieve it will be to first touch the DEATH NOTE and become the god of death that haunts that human. Then wait until that human dies to take it away before any other human touches it or whenever the human shows a will to let go of it.
死神が自分の所有すべきデスノートを他の死神に騙し取られるなどした場合、ノートを持っている死神から返してもらうほかない。もしノートに死神が憑いていない状態で人間が持っている場合は、まず1度ノートに触ってその人間に憑く死神にならなくてはいけない。そこからの方法は2つ。1つは、その人間が死ぬのを待ち、別の人間がノートに触る前に取り上げる事。もう1つは、ノートを持っている人間の意思で返してもらう事。

XLVII (47)
As long as the god of death has at least once seen a human and knows his/her name and life-span, the god of death is capable of finding that human from a hole in the world of the gods of death.
死神は、1度でも顔を見て名前と寿命がわかっている人間について、死神界の穴からその居場所を知る事ができる。

XLVIII (48)
There are laws in the world of gods of death. If a god of death should break the law, there are 9 levels of severity starting at Level 8 and going up to Level 1 plus the Extreme Level. For severity levels above 3 the god of death will be killed after being punished.
死神界には定められた掟があり、もし死神が破るとレベル8~1+特級という9段階の罪がある。レベルの数字が少ないほど罪は重く、3級以上は罰せられた後で殺される。

For example, killing a human without using the DEATH NOTE is considered as the Extreme Level.
例えば、人間をデスノートの使用以外で殺す事は特級とされている。

XLIX (49)
Losing memory of the DEATH NOTE by passing on the ownership to another, or by abandoning its ownership will only occur when someone is actually killed using that DEATH NOTE. You will not lose memory of the DEATH NOTE, for example, if you merely owned it and had not written anyone's name.
In this case, you will not be able to hear the voice or see the figure of the god of death anymore. You will also lose the eye power of the god of death you traded with.
デスノートの所有権を他の人間に移したりもしくは放棄する事で、ノートに関する記憶は失われる。しかしそれは実際にノートに名前を書き込んで人を殺した場合。所有しても誰の名前を書き込んでいない場合は、ノートに関する記憶は失われない。しかし、認知できていた死神の姿や声はわからなくなるし、取引をして得た死神の目はなくなる。

L (50)
The god of death will not die from lack of sleep. Moreover, gods of death do not really needs sleep. The meaning of sleep for gods of death is essentially different from humans and is merely laziness.
死神は寝なくても死なないし、そもそも睡眠をとる必要はない。睡眠の意味は人間と死神では大きく異なり、死神の場合は単なる怠けである。

Especially gods of death living in the human world that have passed on their DEATH NOTE shouldn't be lazy, as they are required to see the death of the human, but it is not that they are not allowed to sleep.
特に人間にノートを渡し、人間界に滞在する死神は怠惰であってはいけない。なぜなら、ノートを使った人間の最期を見届けなくてはいけないから。しかし、だからといって寝てはいけない、という決まりはない。

LI (51)
Only 6 DEATH NOTEs are allowed to exist at a time in the human world. Of course, the DEATH NOTE that the god of death owns does not count. This means only 6 gods of death that have passed on their DEATH NOTE to humans can stay in the human world.
人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで(もちろん、死神が所有するノートは含まれない)。従って、人間にノートを所有させることで人間界に滞在できる死神も6匹まで。

LII (52)
One god of death is allowed to pass on DEATH NOTEs to only 3 humans at a time.
1匹の死神が、同時に異なる人間にデスノートを渡していいのは3人まで。

It is possible for a single god of death to hand out up to 6 DEATH NOTEs, for example, by handing 3 humans 2 DEATH NOTEs each.
1匹の死神が人間に渡せるデスノートは6冊まで。例えば渡す相手が3人の場合だったら、1人あたり2冊ずつ、という事が可能。

In other words, one human could own all 6 DEATH NOTE.
人間1人あたりにデスノートの冊数制限はないので、最大6冊まで持つ事ができる。

LIII (53)
However, if a seventh DEATH NOTE is owned by a human in the human world, nothing will happen even if used.
仮に人間界に7冊目のデスノートが存在し、人間がそれを使ったとする。しかしノートには効力がないので、何も起きない。

LIV (54)
In the event that there are more than 6 DEATH NOTEs in the human world, only the first 6 DEATH NOTEs that have been delivered to humans will have effect.
7冊以上のノートが人間界にある場合、その効力があるのは人間の手に渡った順番が早い6冊。

The seventh DEATH NOTE will not become active until one of the other 6 DEATH NOTE is burned up, or a god of death takes one of them back to the world of gods of death.
7冊目のノートが効力を得るには、他の6冊の1冊が失効しなくてはならない。即ち「燃えるなどしてノートの効力を失う」か「死神がノートの所有権を人間から取り戻し、死神界に持ち帰る」…このいずれかの条件を満たす必要がある。

LV (55)
The DEATH NOTE will not take effect if you write a specific victim's name using several different pages.
1人の名前をノートの複数のページに記入すると、ノートの効果はない。

But the front and back of a page is considered as one page. For example, the DEATH NOTE will still take effect even if you write the victim's surname on the front page and given name on the back.
ただし「ページの表と裏で1ページ」とされているので、表に名字を書いて裏に名前、という書き方は有効である。

LVI (56)
In order to make the DEATH NOTE take effect, the victim's name must be written on the same page, but the cause of death and the situation around the death can be described in other pages of the DEATH NOTE. This will work as long as the person that writes the DEATH NOTE keeps the specific victim's name in mind when writing the cause and situation of the death.
デスノートの効力を得るには、1人の名前は同じページに記さなくてはいけない。ただし、その死因や死ぬ時の状況に関しては、書き手が「誰の死に関する情報か」意識すれば、他のページに書いても有効である。

LVII (57)
In occasions where the cause of death and situation of death is written before the victim's name, multiple names can be written as long as they are written within 40 seconds and the causes and situations of the death are not impossible to occur.
死因や死の状況について先に書き、後から名前を記すケースについて。この時書き込む名前が複数だとしても、40秒以内であれば何人でも有効。ただし、死因やその状況に不可能がある場合はこの限りではない。

In the occasion where the cause of death is possible but the situation is not, only the cause of death will take effect for that victim. If both the cause and the situation are impossible, that victim will die of heart attack.
書き込んだ名前が(1)死因は可能だが、状況は不可能な場合→死因のみが適用される。(2)どちらも不可能な場合→対象者は心臓麻痺で亡くなる。

LVIII (58)
When you write multiple names in the DEATH NOTE and then write down even one cause of death within 40 human seconds from writing the first victim's name, the cause will take effect for all the written names.
名前を複数書き込み、最初の名前を記した時から40秒以内にある1つの死因を記すだけでも、書かれた名前全てに適用される。

Also, after writing the cause of death, even if the situation of death is written  within 6 minutes and 40 seconds in the human world, that situation will only occur to the victims whom it is possible. For those where the situation is not possible, only the cause of death will occur.
また、死因を記した後、6分40秒以内にある1つの死の状況を記した場合でも、可能な者はその通りに適用される(不可能な者は死因のみ有効)。

LVI (59)
In the DEATH NOTE you cannot set the death date longer than the victim's original life span. Even if the victim's death is set in the DEATH NOTE beyond his/her original life span, the victim will die before the setting.
ノートに書き込む際、もともとの寿命を超える日付を設定する事はできない。例えば本来1週間後に亡くなるはずの人間を「10日後に死亡」と書き込んでも、その日付より前に死ぬ。

LX (60)
By manipulating the death of a human that has influence over another human's life that human's original life span can sometimes be lengthened.
ノートで誰かの死を操ることで、操られた人間に影響を受ける人物の寿命が延びる事はある。(例えばAがBを殺そうとしている状況を見て、ノートを使ってAを殺せばBの寿命は延びる)

If a god of death intentionally does the above manipulation to effectively lengthen a human's life span, the god of death will die, but even if a human does the same, the human will not die.
もし死神が「故意に人間の寿命を延ばす為に」誰かをノートで殺した場合、その死神は死んでしまう。ただし、人間が同じ事をやっても死なない。

LXI (61)
A human death caused by the DEATH NOTE will indirectly lengthen some other human's original length of life even without a specific intention to lengthen a particular person's original life span in the human world.
「特定の人間の寿命を延ばす為の死」と考えていなくても、デスノートで誰かが死ぬ事で間接的に寿命の延びる人間は発生しうる。

LXII (62)
After a god of death has brought the DEATH NOTE to the human world and given its ownership to a human, the god of death may have the right to kill the human using his/her own DEATH NOTE for reasons such as disliking the owner.
死神が人間界にデスノートを持ち込み人間に所有権を与えたとしても、「その人間が気に入らない」などの理由から自分のノートで殺してしまっても構わない。

LXIII (63)
Even if a new victim's name, cause of death, or situation of death is written on top of the originally written name, cause of death or situation of death, there will be no effect on the original victim's death. The same thing will also apply to erasing what was written with a pencil, or whitening out what was written with a pen, in attempt to rewrite it.
名前や死の状況が書き込まれた上に重ねて名前などを書き込んでも、上に書かれた方は無効である。それは既に書き込まれた内容には何の影響も与えない。鉛筆で書いたものを消したり、修正液を使って書き直しても同様。

LXIV (64)
Once the victim's name cause of death and situation of death have been written down in the DEATH NOTE, this death will still take place even if that DEATH NOTE or the part of the Note in which it has been written is destroyed, for example, burned into ashes, before the stated time of death.
一度名前や死因、死の状況がノートに書き込まれれば、たとえノートが死の設定日時の前に燃えるなどして使えなくなっても、書き込まれた内容は有効である。

If the victim's name has been written and then the DEATH NOTE is destroyed in the middle of writing the cause of death, the victim will be killed by heart attack in 40 seconds after writing the name.
名前を書いた後死因を書いている途中でノートが燃えるなどした場合は、書き込まれた人間は40秒で心臓麻痺となる。

If the victim's name and cause of death have been written and the DEATH NOTE is destroyed, like burned, in the middle of writing the situation of death. then the victim will be killed within 6 minutes and 40 seconds via the stated cause of death if the cause is possible within that period  of time, but otherwise, the victim will die by heart attack.
名前と死因を書き、死の状況を書いている途中でノート燃えるなどした場合は、死因が6分40秒以内に可能ならば有効。不可能な場合は心臓麻痺となる。

LXV (65)
No matter what medical or scientific method may be employed, it is impossible for humans to distinguish whether or not the human has the eye power of a god of death. Even gods of death cannot distinguish this fact, except for the very god of death that traded his/her eye power with that human.
どんな医学や科学を持ってしても、死神の眼球を持つ人間を判別する事はできない。判別できるのはその人間と直接眼球の取引をした死神だけで、他の死神にも認識できない。

LXVI (66)
The following situations are the cases where a god of death that has brought the DEATH NOTE into the human world is allowed to return to the world of gods of death.
人間界にデスノートを持ち込んだ死神が死神界に戻っていい条件は、以下の通り。

1. When the god of death has seen the end of the first owner of the DEATH NOTE brought into the human world, and has written that human's name on his/her own DEATH NOTE.
1. ノートの最初の所有者となった人間の最期を見届け、自分のノートにその人間の名前を書き込んだ時。

2. When the DEATH NOTE which has been brought in is destroyed, like burned, and cannot be used by humans anymore.
2. ノートが燃えるなどして破損し、人間が使えなくなった時。

3. If nobody claims the ownership of the DEATH NOTE and it is unnecessary to haunt anyone.
3. 誰もノートの所有権を持たず、憑く必要がなくなった時。

4. If, for any reason, the god of death possessing the DEATH NOTE has been replaced by another god of death.
4. 何らかの理由でノートに憑く死神が交代した時。

5. When the god of death loses track of the DEATH NOTE which he/she possesses cannot identify which human is owning the DEATH NOTE, or cannot locate where the owner is, and therefore needs to find such information through the hole in the world of gods of death.
5. 死神が己の憑くべきノートの場所を見失ったり、またノートを所有している人間が誰なのか(もしくは、どこにいるのか)わからなくなり、死神界の穴から探すとした時。

Even in the situations 2,3 and 4 above, gods of death are obliged to confirm the death of the first owner and write down that human's name in his/her DEATH NOTE even when he/she is in the world of gods of death.
2、3、4の条件で死神界に戻ったとしても、「ノートの最初の所有者である人間の死を確認し、ノートに書き込む義務」が死神にはある。

LXVII (67)
In the world of gods of death there are a few copies of what humans may call user guidebook for using the DEATH NOTE in the human world. However, the guidebook is not allowed to be delivered to humans.
死神界には、人間界でいうデスノートの取扱説明書的なものが数札存在する。しかし、それを人間に渡す事は禁止されている。

It is perfectly okay for gods of death to read the guidebook for him/herself and teach humans about its contents, no matter what the content may be.
ただし、説明書の内容を死神が読んで人間に教える事については、全く問題ない。

LXVIII (68)
Some limited number of DEATH NOTEs have white or red front covers, but they would make no difference in their effects, as compared with the black cover DEATH NOTEs.
表紙が赤や白のデスノートも稀に存在する。ただ、その使い方や効力は黒表紙のものと一切変わらない。

※「-HOW TO USE IT-」は11巻まで。コミックス12巻には、以下の言葉が収録されている。

All humans will, without exception, eventually die.
人間は、いつか必ず死ぬ。

After they die, the place the go is MU.
死んだ後に行くところは、無(む)である。

Once dead, they can never come back to life.
死んだ者は、生き返らない。

--------------------------------------------------
■この記事を書くに至った経緯と感想
最初に書こうと思ったのは、2006年4月。ふと「コミックスにあるHOW TO USE ITを、まとめて読んでみたい」と感じた。しかしネットで調べても、そういったサイトは見当たらない。仕方ないので自分で作る事にした。のんびり書いていこうと思ったが、5月に雑誌連載が終了(ジャンプを読まないので、進行状況がよくわからなかった)。記事を実写版映画が公開される6月17日より前にアップしようとしたが、間に合わず。そして7月4日にコミックス最終巻が発売されてからも、かなり時間が経ってしまった。遅くなった理由は、「英語を書き写して訳す」という作業が楽しいものではなく、私がたまにしかやらなかったせいである。タイミングを逸してしまった感は否めないが、興味のある方のお役に立てれば幸いだ。

一通り読み書きした感想は、「これを書いた人間はあまり考えて書いてないだろうな」。内容的に被るものが多く、例えばXXX(30)の2つめの項目とXLII(42)は殆ど同じ内容。LI(51)~LI(54)の記載は本編の展開とは関係がなく、無駄と言ってもいい。まぁ、遊び心で書いたのかもしれないが。日本語訳のレベルは高いとは思わなかった。日本語に慣れてない人間が訳した印象を受ける。制作側は力を入れてなかったようだ。いずれにせよ、これほどDEATHという単語をタイピングする機会は、もう2度とあるまい。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/341-b8423598

0件のトラックバック

11件のコメント

[C697]

すごいです!
よくかきましたね!
  • 2006-11-19
  • 匿名
  • URL
  • 編集

[C698] 匿名さん

ありがとうございます。

[C768]

初めまして。
デスノートのルールがPC上で検索できたり
簡単に閲覧できたら便利と思い、ブログ上に単行本とほぼ同じ物をUPしたのですが、
大部分(特に英語部分)を参考にさせていただきました。
とても助かりました。ありがとうございます。

事後報告で申し訳ございません。不都合等がございましたら申し付けてください。

[C769] Tannarさん

はじめまして。コメントを読む限りではおっしゃっている意味がよくわから
なかったのですが、ブログを見て理解しました。PC上=ネット上という事
ですね。そういうコンテンツを作ろうとすれば、既存のサイトを利用するの
は、自然な事だと思います。特に詠みにくい文字で書かれた英文を書き
写すのが、1番手間がかかりますからね。

参考にされる分には構いません。こうしてコメントをいただいた事、そちら
のブログにリンクを貼っていただいた事には感謝します。

[C941]

Amm!! Great すごいです!
. I love Death Note very well. And i find Howe to use Dath Note every day. I live in Thailand But I love everything for japan. It wonderFul !!!

ありがとうございます。

[C942] Poonさん

コメントをくださり、ありがとうございます。
I'm very happy to hear that you like this article.
Enjoy the world of "DEATH NOTE" !

[C1102] すばらしい!

はじめまして
全部見させていただきましたw

[C1103] 匿名さん

ありがとうございます。
地上波で映画が放送されたせいでしょう、最近読みに来られる方が多いです。

[C1176]

こんなにルールあるんだ。。

デスノート欲しいけど私ビビッて書けないわww
  • 2012-01-05
  • ちはる
  • URL
  • 編集

[C1177] ちはる さん

なるほど。仮にデスノートがあったとしても、使わないに
越したことはないですね。
  • 2012-01-06
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C1187] 凄い。もう、法律だ。

凄いです。
今、さっき、デスノートのアニメの方を
見ました。
劇場版の方しか、見ていなかったから、
アニメの方も斬新に感じました。

改めて思ったのですが、
デスノートのルールと
デスノートを触る前の月が
まだ、六法全書を信じてた時の
限界がある法律を
対比させてるなと思いました。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。