Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/323-bc0973ff

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

高校野球の視聴率が高い理由

あなたは人目のお客様です。

■巨人戦より高校野球、視聴率連日10%超え (8月19日 ニッカンスポーツ)

夏の甲子園が、プロ野球をテレビ視聴率で圧倒していることが18日、ビデオリサーチ関東地区の調べで分かった。NHKが放送する第88回全国高校野球選手権は、6日の開幕から17日までの12日間のうち5日間計9試合で2ケタの視聴率をマーク。6月11日の楽天戦を最後に、ナイターにもかかわらず10%の壁を超えられない巨人戦に大差をつけている。

準々決勝 智弁和歌山-帝京。9回裏1死満塁、サヨナラの押し出し四球を与えた岡野(左)を慰める我妻 逆転に次ぐ逆転で盛り上がる試合展開が関心を呼んでいる。3連覇を狙う駒大苫小牧が6点差を逆転した15日午前放送の青森山田戦が、今大会最高の13.4%を記録したのをはじめ、9回に両校合計13点が入った17日の準々決勝、智弁和歌山-帝京は9.7%と高い数字を残した。

だが、関東でNO.1の高視聴率校は、18日に26年ぶりに準決勝進出を決めた早稲田実業だ。6日昼の鶴崎工戦11.6%、12日夕の大阪桐蔭戦13.4%、16日朝の福井商12.7%と、準々決勝進出までの3試合すべてが2ケタ視聴率だった。名門の快進撃もあるが、甘いマスクの斎藤佑樹投手(3年)のスター性が若い女性にも話題になっている。大先輩荒木大輔(西武コーチ)の人気をほうふつさせる「佑ちゃんフィーバー」が、茶の間のオールドファンにも共感を呼んでいる。

荒木大輔の「大ちゃんフィーバー」、桑田真澄、清原和博(PL学園)の「KK」など、高校野球人気の絶頂だった当時の数字と開きはあるが、激戦とスターが誕生すれば、野球への関心はまだ高いことを視聴率が物語っている。

-----------------------------------
私が気になったのは、「野球への関心はまだ高い」という下り。逆転劇が関心を呼んでいるのは確かだろうし、スター選手も重要だ。けれど、高校野球とプロ野球の本質的な違いは、そこにはない。昨夏こちらの記事でも書いたが、ポイントは「トーナメント戦で、負けたらそこで終わり」という事である。その現実に抗う為にバットを振り、白球を追いかける。その懸命な姿勢が、観客や視聴者の心を打つのだろう。勝った時に肩を抱きあって喜び、負けた時にしゃがみこんで泣く。そういった光景は、プロ野球ではまずお目にかかれない。高校野球の面白みは、切なさの上に存在する

高校生らしさ」という曖昧なものが求められる点も特徴である。攻守交代の時にベンチ-グラウント間をダッシュしていくのも、その1つだ。そこで体力を消費する意味はない。しかし歩いていたら、非難の対象となる。また、試合中に審判の判定が曖昧な事もある。そういう時は打者も何か言いたそうだが、そこは黙ってベンチに戻る。「ねえ、今のはないんじゃない?」と審判に詰め寄ったり、監督が飛び出して怒鳴ったりする事はない。そういった光景はプロ野球では珍しくないが、高校野球でやったら大騒ぎだろう。このように、野球といってもプロと高校では全然違うのだ。

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が盛り上がったのも、「世界タイトルのかかったトーナメント戦」という特別な条件があったから。パ・リーグのプレーオフや日本シリーズの注目度が高くても、一概に「プロ野球人気は依然として高い」と捉える事はできない。ニッカンスポーツの記事を読んで、「読売ジャイアンツが強い/弱い」事を視聴率低下の理由と考える人もいるだろう。しかしそれは一因ではあっても、要因ではない。「野球だったら何でも好き」という人の割合は、確実に減っている。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/323-bc0973ff

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。