Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/316-d2b71452

-件のトラックバック

-件のコメント

[C565]

今、どこに行ってもレミオロメンが聴こえてきますね~w
フジロックがはじまりなのか、最近は地方での野外イベントが盛んですね。
楽しそうだけど、行くのが大変だなぁ~ なんて思っていましたが、
これはとんでもなく大変そうですね~~www
ホント、G先生の言うとおり、なぜお盆に??ww

きっと、今の若者が麻咲子世代になった時に、
青春ど真ん中のアーティストとは? と聞くと、レミオロメン、アジカンなんでしょうねぇ。
そう考えて、じゃあ自分の青春ど真ん中は?? と考えても、イマイチピンときませんでした。
ちなみに、私はアジカンのほうが好きです。

G先生のこの夏のテーマはM.C. Hammerということですがww
きっと聴いたことがあるはずなんですが、どんな曲でしたかねぇ?
視聴、探してみようかな♪
  • 2006-08-15
  • 麻咲子
  • URL
  • 編集

[C566]

この曲でしたかーーーーー><??!
もう、この曲は麻咲子の中ではM.C.小宮のものになっていましたwww
♪倦怠期です♪彡
  • 2006-08-15
  • 麻咲子
  • URL
  • 編集

[C567] 麻咲子さん

確かに、夏場の野外イベントは多いですね。アーティスト単独の開
催は限られているかもしれませんけど、複数の人達が参加する
イベントは定番になっています。FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER
SONIC、ROCK IN JAPAN FESTIVALあたりは有名ですね。この
レミオロメンのライブに関しては、準備する方も参加する方も大変
だったと思います。

おっしゃる通り、レミオロメンにせよアジカンにせよ今の10代には
「青春ど真ん中のアーティスト」になるんでしょうね。私の場合は
どうでしょう。THE YELLOW MONKEYは好きでしたが。世代的
にはGLAYやJUDY AND MARYを挙げる人が多いかもしれません。

"U Can't Touch This"がどの曲かはわかったみたいですね。You
Tubeにアップされているので、一応URLを書いておきましょう。
 http://www.youtube.com/watch?v=tpPjlFktzmk
いわゆる一発屋でしたが、彼のダンスには多くの人が影響を受け
ました。SMAP香取慎吾もハマーが大好きで、以前『SMAP×SMAP』
の企画でアメリカに訪ねていった事がありました。久々に聴いてみる
と、懐かしさでいっぱいです。

『倦怠期です』は、コント55号の小宮孝泰が「MCコミヤ」名義でカバー
した曲ですね。存在は知ってましたが、歌を聞いた覚えはありません
でしたw

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

レミオロメン SUMMER LIVE "STAND BY ME"

あなたは人目のお客様です。

12日に行われたレミオロメン SUMMER LIVE "STAND BY ME"を観た。もっとも、現場に足を運んだのではなくフジテレビ721の生中継を観ていたのだが。

レミオロメン SUMMER LIVE [STAND BY ME]会場の風景今回話題になったのはライブが行われた場所。パイロット養成学校で知られる、山梨・甲斐市の日本航空学園の滑走路が使われた(山梨はバンドメンバーの出身地)。滑走路の大きさは縦850m、幅50m。その上手に巨大なステージセットがそびえ立ち、そこから下手に350m細長く伸びた空間を3万人が埋め尽くした。

参加者のブログを色々と読んでみたが、当日はなかなか大変だったようだ。まず、移動。ほとんどの客が電車かバスで会場に向かった。北は宮城、南は福岡県まで全国14都府県から旅行会社による105台のバスツアーも組まれたらしい。問題は移動時間。お盆の為に帰省ラッシュの真っ只中。車はなかなか動かない。朝7時に新宿を出発したバスが現場に到着したのは13時だったらしい。渋滞を避ける為に台場経由で行ったそうだが、通常では考えられないルートである。「そもそもなんでこの時期を選んだのか」という疑問がわく。

次に天候。開演は14時の予定だったが、その30分ほど前から雨が降り出した。野外ライブゆえに雨天決行が原則。ただ非常に雨風が強く周辺に落雷が発生していた為、運営スタッフの間では延期の話も出ていたという。ここで活躍したのは、日本航空学園独自の天気観測システム。「しばらくすれば、雨は止む」と判断した。ずぶ濡れになった観客が待ち続けていると、天気が回復。約50分遅れで公演がスタートした。出だしは『モラトリアム』から。てっきり『スタンドバイミー』で来ると予想していたのだが。セットリストは以下の通り。

01. モラトリアム 12. 紙ふぶき
02. 1-2 Love Forever 13. 粉雪
03. 蒼の世界 14. 南風
04. ドッグイヤー 15. 雨上がり
05. コスモス 16. スタンドバイミー
06. 傘クラゲ  ◆アンコール
07. 電話 17. 日めくりカレンダー
08. 五月雨 18. 3月9日
09. シフト 19. 明日に架かる橋
10. プログラム 20. 太陽の下
11. MONSTER 21. 流星
全部で21曲。リストを見ると、3rdアルバム【HORIZON】の曲を全てやっている。5月に発売された作品で、セールスは現在85万枚。演目の中心となる事は、ある意味当然だろう。ただ、「デビュー3周年で地元への凱旋ライブ」という事を考えると、『朝顔』あたりもやって欲しかった気はする。それでも、会場は大いに盛り上がっていたようだ。個人的に『南風』 『雨上がり』 『スタンドバイミー』という並びは熱かった。意外だったのは、『明日に架かる橋』がアンコール曲だった事。イベントに「supported by AQUARIUS Freestyle」とあったので、「この曲は外すまい」と思っていたが。ノリのいい曲で、ファンの間でも人気がある(商品情報)。
MCの内容は、客を煽るより素直な感想を述べるものが目立った。良く言えば朴訥(ぼくとつ)、悪くいえばグダグダな印象。ただ、このバンドはいつもこういう感じらしい。1つ気になったのは、ドラムの神宮司が「悪いけど、最高!」と言っていたところ。何に対して「悪いけど」なのか、よくわからない。

ともあれ、公演は約2時間20分で終了(中継は17:15くらいまで)。予定より終了が遅くなった為に、慌しくバスや電車に向かう人もいたようだ。遠方から来た人は大変だったろう。私が見たブログの中には、仙台に帰ってその日のうちに記事をアップしている人がいた。帰ってすぐに書いたのだろう。そのエネルギーは大したものだ。

■ライブに参加された方の記事
 Blog Sphere:レミオロメン「SUMMER LIVE“STAND BY ME”」ライブレポ Vol.1
 あれもこれもそれも:みんなー青空見えるよ
 ちぃ、気の向くままに。:レミオロメン SUMMER LIVE STAND BY ME
 不二草紙 本日のおススメ :「レミオロメン SUMMER LIVE~STAND BY ME」

レミオロメン 左から前田啓介(b)、藤巻亮太(vo&g)、神宮司治(dr)

振り返ると、2003年にメジャーデビューしたバンドで高い評価を受けるものが2つあった。1つはレミオロメン、もう1つがASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)=通称アジカンである。両者の活動に注目してきたが、出だしはアジカンの方が好調だったように思う。2004年立て続けにシングルを発売した事により、一般的な知名度が高まった。レミオロメンについては、昨年発売されたシングル『粉雪』で知った方が多いのではないか。フジテレビ系ドラマ『1リットルの涙』の挿入歌として使われ、セールスは現在95万枚。この曲が3rdアルバム【HORIZON】を牽引したと言える。

バンドの転機となったのは、『モラトリアム』以降プロデューサーを小林武史が務めるようになった事。最近の曲はポップス調であり、キャッチーなメロディーや歌詞は万人向けと言える。だからこそ人気が出ているのだろうが、『電話』や『雨上がり』のような荒々しいサウンドを懐かしくも感じる。今後、彼らはどういった曲を作っていくのだろうか。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/316-d2b71452

0件のトラックバック

3件のコメント

[C565]

今、どこに行ってもレミオロメンが聴こえてきますね~w
フジロックがはじまりなのか、最近は地方での野外イベントが盛んですね。
楽しそうだけど、行くのが大変だなぁ~ なんて思っていましたが、
これはとんでもなく大変そうですね~~www
ホント、G先生の言うとおり、なぜお盆に??ww

きっと、今の若者が麻咲子世代になった時に、
青春ど真ん中のアーティストとは? と聞くと、レミオロメン、アジカンなんでしょうねぇ。
そう考えて、じゃあ自分の青春ど真ん中は?? と考えても、イマイチピンときませんでした。
ちなみに、私はアジカンのほうが好きです。

G先生のこの夏のテーマはM.C. Hammerということですがww
きっと聴いたことがあるはずなんですが、どんな曲でしたかねぇ?
視聴、探してみようかな♪
  • 2006-08-15
  • 麻咲子
  • URL
  • 編集

[C566]

この曲でしたかーーーーー><??!
もう、この曲は麻咲子の中ではM.C.小宮のものになっていましたwww
♪倦怠期です♪彡
  • 2006-08-15
  • 麻咲子
  • URL
  • 編集

[C567] 麻咲子さん

確かに、夏場の野外イベントは多いですね。アーティスト単独の開
催は限られているかもしれませんけど、複数の人達が参加する
イベントは定番になっています。FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER
SONIC、ROCK IN JAPAN FESTIVALあたりは有名ですね。この
レミオロメンのライブに関しては、準備する方も参加する方も大変
だったと思います。

おっしゃる通り、レミオロメンにせよアジカンにせよ今の10代には
「青春ど真ん中のアーティスト」になるんでしょうね。私の場合は
どうでしょう。THE YELLOW MONKEYは好きでしたが。世代的
にはGLAYやJUDY AND MARYを挙げる人が多いかもしれません。

"U Can't Touch This"がどの曲かはわかったみたいですね。You
Tubeにアップされているので、一応URLを書いておきましょう。
 http://www.youtube.com/watch?v=tpPjlFktzmk
いわゆる一発屋でしたが、彼のダンスには多くの人が影響を受け
ました。SMAP香取慎吾もハマーが大好きで、以前『SMAP×SMAP』
の企画でアメリカに訪ねていった事がありました。久々に聴いてみる
と、懐かしさでいっぱいです。

『倦怠期です』は、コント55号の小宮孝泰が「MCコミヤ」名義でカバー
した曲ですね。存在は知ってましたが、歌を聞いた覚えはありません
でしたw

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。