Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/308-0d66f346

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

川島誠【800】

あなたは人目のお客様です。

川島誠【800】 800 -TWO LAP RUNNERS-

 単行本:254p 出版社:マガジンハウス
 価格:1325円 初版:1992年3月

 文庫:286p 出版社:角川書店
 価格:620円 初版:2002年6月

  評価:70点

中沢龍二と広瀬。全く対照的な2人の高校1年生。彼らに共通するのは、陸上で800mをやっている事。この小説は「それぞれが交互に1人称で語る形式」となっている。軸となっているのは恋愛。知り合いでも友達でもない2人(と周囲の人間)が織りなす、青春の日々。

読点の使い方はやや気になるが、文章は読みやすい。個性的なキャラクターも魅力的。ただ描かれる恋愛がちょっとリアリティに欠けている気がした。広瀬と相原のエピソードは不必要だったのではないか。興味深いのは、広瀬が語る800mの魅力。日本では人気のないこの種目の面白さ、難しさを語っている。
この手のジャンルは、自分が中高生の時に読めばまた別の感想を抱くだろう。「夏休みの強化合宿」という言葉が、今の私にはとても遠く感じられる。なお、作品は1994年に映画化されている。

ちなみに作者が見た最強の800mランナーは、神奈川県立秦野高校の石井隆士。作者が湘南高校に入学した時に石井は3年。大会で彼の走りを見た時、「こんな速い人間が存在することが信じられなかった」という。石井については、以前箱根駅伝に関する記事(「育たない中距離走者」参照)で取り上げた。1977年に1500mの日本記録を樹立し、それが27年間破られなかった選手である。「日本中距離走最強のランナー」として、今も語り継がれる存在だ。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/308-0d66f346

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。