Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/302-0c38e83d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

NDS【押忍!闘え!応援団】

あなたは人目のお客様です。

NDS【押忍!闘え!応援団】 ジャンル:音楽ゲーム 公式HP
 対応機種:ニンテンドーDS
 発売元:任天堂 開発:イニス
 プレイ人数:1~2人
 発売日:2005年7月28日
 価格:4800円
 CERO:全年齢

  評価:75点


トラブルに苦しむ人々を音楽で応援するリズムアクション。いわゆる「音ゲー」と言われるジャンルの作品で、コナミ【ビートマニア】【ポップンミュージック】、ナムコ【太鼓の達人】などと同系統にあたる。プレーヤーは学生服を着込んだ「応援団」の一員となり、受験3年目の浪人生や、先輩達の意地悪に耐えるOL、レースに勝てない競走馬などを、ハイテンションな音楽による応援で勇気づける。操作はタッチペンのみを使い、画面に表示されるマーカーを、リズムに合わせて触れたりスライドさせたりする。本作に収録されているのは、以下の15曲。

下画面に出るマーカーにタッチペンを合わせていく・ループ&ループ (ASIAN KUNG-FU GENERATION)
・恋のダンスサイト (モーニング娘。)
・ガッツだぜ!! (ウルフルズ)
・メロディー (175R)
・リンダ リンダ (THE BLUE HEARTS)
・ココロオドル (nobodyknows+)
・熱き鼓動の果て (B'z)
・スリル (布袋寅泰)
・大切なもの (ロードオブメジャー)
・狙いうち (山本リンダ)
・One Night Carnival (氣志團)
・Over The Distance (矢井田瞳)
・太陽が燃えている (THE YELLOW MONKEY)
・上海ハニー (ORANGE RANGE)
・READY STEADY GO (L'Arc~en~Ciel)

新しい曲ばかりではない。「狙いうち」がヒットしたのは1973年。今は高校野球の応援で流れるのを耳にするくらいである。また、浪人生の応援のステージ(右図)で流れる曲が「ループ&ループ」はいかがなものか、という意見もある。なお、上記のうちオリジナルの歌が聴けるのは「メロディー」のみ。それ以外の曲は、別の人間が歌っている。これは音ゲーではよくある話で、著作権料を抑えるため。

宮下あきらの漫画【魁!! 男塾】 キャラデザインのモチーフ?雰囲気からイロモノと思われがちで、セールスも多くない。しかし、中身はしっかりとしたゲームである。こちらのユーザー評価サイトでは、これまでに発売されたNDSソフトで最高の評価を受けている(2006年9月現在)。私もその評判を見て購入した人間である。
宮下あきらの漫画【魁!!男塾】の影響が感じられるキャラデザインは好きだし、バカっぽい雰囲気もいい。ただ、世間の評判ほどは気に入らなかった。
このゲーム、結構難しいのである。レベルは1~4まであり、当初選択できるのは1と2。2をクリアすると3、3をクリアすると4を遊べる、という形。私はかなり早い段階で脱落してしまった。Lv1の最終面がクリアできなかったのである。Lv2も途中で行き詰ってしまい、結局そこで諦めた。{こちらのサイトにある「・プレイ動画の一部」では、最終面のムービーが見られる。Lv4にあたる「チアガールRSGの動画」は、自分にはとても真似できない動きだ}

Lv4で使えるようになるチアガール。辿り着けた人は上手い。このゲームには大きな欠点がある。それはデモ演奏がない事。どんな音ゲーにも言える事だが、難易度が上がってくると、画面を見てから押しても間に合わない。クリアするには暗譜が必要である。それが出来ない事は納得がいかない。またプレイ中は操作で忙しく、上画面に流れるストーリーを楽しむ余裕がない。それを、鑑賞する意味でもデモ演奏は欲しかった。そして、前奏のスキップができない事も痛い。例えば「READY STEADY GO」だと、始まるまでに30秒以上待たされる。何度もやっていると、イライラさせられるのだ。次回作が出るとしたら、そういった問題をクリアして欲しい。

しかし今回は、自分の下手さ加減をつくづく思い知った。音ゲーは嫌いではないのだが、あまり良い思い出がない。例えば、5年前に遊んだ【太鼓の達人】。ゲーセンでをやっていると、3曲くらいでいつも手の皮が剥けてしまう。その理由を「一打一打に魂を込めているからだ」と主張していたが、恐らくバチの握り方が悪かったのだろう。「ならば家でやるべし」とPS2用ソフトを購入。しかし、太鼓型コントローラーの音があまりにうるさく、買った日に売りにいった。しょっぱい思い出である。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/302-0c38e83d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。