Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/293-9b7e374d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C530]

爆笑・太田さん、大絶賛してましたよね~!!
そうですか~ 良かったですか~!!
劇団ひとり、大好きなんです~~ヽ(*^-^*)ノ
TVに露出し始めた頃はあんなに気持ち悪がられていたのに、
今はその影もさっぱり無くなっちゃいましたよねぇ~ww
最近は本を読まないので、重い腰がなかなか上がらないのですが、
いつか必ず読もうと思っていますw
G先生もなかなかの評価で一安心です(*'ー'*)♪
  • 2006-07-24
  • 麻咲子
  • URL
  • 編集

[C531] 麻咲子さん

太田氏はこの本について、色々な番組でコメントしていますね。
その影響で読んだ人も多いんじゃないでしょうか。劇団ひとりは
前はごく一部の人しか受け入れられないようなキャラでしたが、
最近は小奇麗にしている事が多いですね。この本がきっかけで
読書好きの中谷美紀と付き合っている、なんて話を聞きます。
実際はどうなんでしょう?

とりあえず、読んで楽しめるレベルにはあると思いますよ。短い
ので、2時間もあれば十分かと。

[C532] こんばんは

先日の「ラスト」に引き続き、ガチャピンさんの紹介する短編には興味を惹かれますね。
ところで先日は相互リンクありがとうございました。あのあと飛躍的にアクセス数が増え、改めてガチャピンさんの大きさに驚愕しております。
ところで最近ガチャピンさんのブログになかなかアクセスできないのです。
多分金魚の入っている動画が始まってからのような気がするのですが、トップページには行けても、そのあとコメントページや、続きを読むページに行くと90%の確率でフリーズしてしまうのです。このコメントも何度もチャレンジしてようやくたどり着きました。
もし私のパソコンの設定などで問題があれば教えていただきたいのですが・・・。
今後ともよろしくおねがいします。
  • 2006-07-24
  • ドカター
  • URL
  • 編集

[C533] ドカターさん

ふーむ、短編集ですか。読むには手軽ですが、作者によって
向き・不向きがありますね。私の場合たまたま読んだ本がそう
なのであって、特別こだわっているわけじゃありません。

相互リンクをきっかけにアクセスが伸びてくれたら嬉しい事
ですが、私のブログがどこまで貢献しているかは疑問です。
大してアクセス数はないので…。

パソコンがフリーズする件について、そちらのブログにコメ
ントしましょう。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

劇団ひとり【陰日向に咲く】

あなたは人目のお客様です。

劇団ひとり【陰日向に咲く】 げきだんひとり かげひなたにさく
 価格:1470円  単行本:220p
 出版社:幻冬舎  初版:2006年1月

  評価:70点

以前、アンカレッジに関する記事で触れた芸人・劇団ひとりが書いた小説。とにかく評判がいいのである。本の帯には恩田陸大槻ケンヂ山田宗樹が賞賛のコメントを寄せ、爆笑問題・太田光は大絶賛。「この小説が直木賞を受賞しなかったら、日本の文壇は腐っている」と話す。その効果もあって、発行部数は33万部を超えるベストセラー(※)となっている。処女作としては異例のヒット。
 ※ベストセラーの定義は、一般的に「短期間で10万部以上売れた本」。ただし、本のジャンルにもよる。

一体どれほどの内容か、手にとって読んでみた。この作品は『道草』 『拝啓、僕のアイドル様』
『ピンボケな私』 『Over run』 『鳴き砂を歩く犬』という5つの短編から成っている。それぞれの作品の人物が他の作品にも関係する、連作小説である。主人公はホームレスに憧れるサラリーマン、秋葉系のアイドルおたく、何となくカメラマンになりたい女の子など。

よく書けている。「お笑い芸人が書いた」という言葉抜きに、鑑賞出来るレベルだ。『道草』を読んだ時は「まあまあかな」と感じたが、『拝啓、僕のアイドル様』には唸らされた。作者の人間観察力には鋭いものがある。本業で色々な人を演じている事が、影響しているのかもしれない。
登場するのは、社会的に低く見られがちな者ばかり。彼らに対する作者の視線は温かい。日当たりの良い場所に育った草木だけが、愛でられるべきではない。陰に根付いたものも、ひっそりと花を咲かせているのだから。…そんな風に捉えている。もっとも、作品の全てが素晴らしいわけではない。女性の描写はいかにも男目線で描かれているし、文章の粗さが目に付く箇所もある。それでも、最初の著作としては十分合格点を与えられる出来。

それにしても、劇団ひとりに物書きの才があるとは、この作品が出るまで全く知らなかった(恐らく多くの人がそうではないか)。そういう人間に書かせて売り出すあたりが、見城徹率いる幻冬舎の巧いところだ。

なお、この作品は平成18年上半期の直木賞には選ばれず、受賞候補6作品にもノミネートされなかった。しかし【陰日向に咲く】以上のものが書ければ、チャンスはあるだろう。{個人的には劇団ひとりの前に、伊坂幸太郎に賞を与えるべきだと思う。彼はこれまで候補作に5回選ばれながら、受賞していない}

■劇団ひとり「陰日向に咲く」50万部突破 (2006年8月9日 ニッカンスポーツ)

お笑いタレント劇団ひとり(29)が初めて書いた小説「陰日向に咲く」(幻冬舎)が8日までに50万部を突破した。1月末に発売以来ロングセールスを記録。若手芸人による小説の成功で出版界では二匹目のどじょうならぬ「2人目のひとり」探しまで始まっている。

5作を収めた短編集「陰日向に咲く」は今年1月末に初版1万5000部で発売。第1週のランクは2万数千位でひとりを落ち込ませたが、徐々に売り上げを伸ばし22刷を重ねた。映画、ドラマ化の依頼が相次ぎ、近く青年コミック誌で漫画化されることも決まった。大ヒットにひとりは「どうせ売れないって悲観的な気持ちで書いたのに驚きの結果です。今後も調子に乗らず、ネガティブ思考を大切に精進します」と、戸惑いながら次回作の構想を練っている。

若手芸人による小説の成功は出版界を刺激した。7月に品川庄司の品川祐(34)が小説「ドロップ」(リトルモア)を発売したように、新たな新進作家を求める動きが出てきた。例えばある編集者は、メガネ姿が女流作家を思わせるM、人気急上昇コンビG・KのKらのセンスに着目。執筆依頼を検討している。

ひとりに小説執筆をすすめた幻冬舎の編集者は芸人の作家挑戦について、「ネタづくりのために、ストーリーを書き慣れているのが魅力」と分析する。実は約2年前、ひとりに執筆依頼した際は、ネタを集めたタレント本を編集するはずだった。しかし、書き上がった物語性のある文章に触れ、小説として加筆するよう路線変更した。

お笑いブームにも乗って、芸人作家が続く気配だ。しかし、編集者としてつかこうへい氏の「蒲田行進曲」など5作の直木賞を担当した幻冬舎の見城徹社長は、ひとりの成功はお笑いブームに左右されたものではなく、質の高さによるものだと指摘する。「切なくて、ちょっと笑えて、普段は気が付かない悲しみややさしさに気付かされる。芸人が余技で書いた小説ではない。ノミネートこそされなかったが、直木賞のレベルにある作品です」。2人目のハードルはかなり高いようだ。

■岡田准一が劇団ひとりの小説映画化で主演 (2007年5月1日 ニッカンスポーツ)

劇団ひとり(30)のベストセラー小説「陰日向に咲く」が岡田准一(26)主演で映画化されることが4月30日、分かった。同小説は劇団ひとりの作家デビュー作として昨年1月に幻冬舎から出版され、売り上げ65万部を記録。5つの短編が絡み合う連作小説集で、それぞれ情けない落ちこぼれが主人公。さえないながらも懸命に生きる個性豊かな登場人物たちの、おかしくも悲しい物語が読者に支持された。激しい争奪戦の末、東宝と日本テレビが中心となる製作陣が映画化権を獲得した。

岡田は、借金に苦しみ、オレオレ詐欺に手を染めようとするギャンブル狂の男を演じる。原作では信念もないまま詐欺をはたらこうとするが、気弱な性格から思わぬ方向に気持ちが揺らいでいく様子が描かれている。東宝の川村元気プロデューサーは「光り輝くスター性を持ちながら、どこか翳(かげ)りも感じさせる俳優」と起用を説明した。映画も小説同様に群像劇となるが「岡田さんには作品を象徴する存在という役割も担ってほしい」と期待する。

岡田は昨年、初の本格時代劇「花よりもなほ」とヒット作「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」の主演で演技力とスター性を発揮。将来性豊かな俳優に贈られる石原裕次郎賞新人賞も獲得。注目の次回作が話題小説の映画化主演に決まった。「原作のイメージを大切に演じていきたいと思います」と話している。

劇団ひとりは「楽しみです。原作より面白いとかあんまり言われない程度に頑張ってください」とコメントしている。映画化にあたって物語上のオリジナルの大仕掛けとオチも用意する。来年公開予定。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/293-9b7e374d

0件のトラックバック

4件のコメント

[C530]

爆笑・太田さん、大絶賛してましたよね~!!
そうですか~ 良かったですか~!!
劇団ひとり、大好きなんです~~ヽ(*^-^*)ノ
TVに露出し始めた頃はあんなに気持ち悪がられていたのに、
今はその影もさっぱり無くなっちゃいましたよねぇ~ww
最近は本を読まないので、重い腰がなかなか上がらないのですが、
いつか必ず読もうと思っていますw
G先生もなかなかの評価で一安心です(*'ー'*)♪
  • 2006-07-24
  • 麻咲子
  • URL
  • 編集

[C531] 麻咲子さん

太田氏はこの本について、色々な番組でコメントしていますね。
その影響で読んだ人も多いんじゃないでしょうか。劇団ひとりは
前はごく一部の人しか受け入れられないようなキャラでしたが、
最近は小奇麗にしている事が多いですね。この本がきっかけで
読書好きの中谷美紀と付き合っている、なんて話を聞きます。
実際はどうなんでしょう?

とりあえず、読んで楽しめるレベルにはあると思いますよ。短い
ので、2時間もあれば十分かと。

[C532] こんばんは

先日の「ラスト」に引き続き、ガチャピンさんの紹介する短編には興味を惹かれますね。
ところで先日は相互リンクありがとうございました。あのあと飛躍的にアクセス数が増え、改めてガチャピンさんの大きさに驚愕しております。
ところで最近ガチャピンさんのブログになかなかアクセスできないのです。
多分金魚の入っている動画が始まってからのような気がするのですが、トップページには行けても、そのあとコメントページや、続きを読むページに行くと90%の確率でフリーズしてしまうのです。このコメントも何度もチャレンジしてようやくたどり着きました。
もし私のパソコンの設定などで問題があれば教えていただきたいのですが・・・。
今後ともよろしくおねがいします。
  • 2006-07-24
  • ドカター
  • URL
  • 編集

[C533] ドカターさん

ふーむ、短編集ですか。読むには手軽ですが、作者によって
向き・不向きがありますね。私の場合たまたま読んだ本がそう
なのであって、特別こだわっているわけじゃありません。

相互リンクをきっかけにアクセスが伸びてくれたら嬉しい事
ですが、私のブログがどこまで貢献しているかは疑問です。
大してアクセス数はないので…。

パソコンがフリーズする件について、そちらのブログにコメ
ントしましょう。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。