Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/291-0f68f3c0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

W杯と中田引退のアクセス数

あなたは人目のお客様です。

中田英寿の引退表明後、1週間で「nakata.net」に121万人がアクセス
(7月15日 インプレスウォッチ)

ネットレイティングスによると、ヤフーが運営する2006 FIFAワールドカップの特集サイトに、6月の1カ月間で833万5,000人がアクセスしたという。また、中田英寿の公式サイト「nakata.net」には、引退表明後に1週間で121万5,000人がアクセスしていたこともわかった。

調査結果は、同社のインターネット利用動向調査サービス「Nielsen//NetRatings」における家庭からのアクセスをもとに、スポーツカテゴリーサイトの月間利用者数をまとめたもの。同社が発行している無料メールマガジン「Nielsen//NetRatingsレポーター」で報告された。

最も利用者が多かったのは、ヤフーのスポーツサイト「sports.yahoo.co.jp」で958万9,000人。ヤフーのW杯特集サイト「wc2006.yahoo.co.jp」は2位だった。この特集サイトは、2002年に日本と韓国で共催した前大会時でも開設されていたが、その際は341万人のアクセスを集めていた。3位は「www.nikkansports.com」の439万7,000人、4位は「sportsnavi.yahoo.co.jp」の397万4,000人、5位は「baseball.yahoo.co.jp」の370万5,000人。

週ごとの利用者数を見ると、W杯日本代表の予選リーグ敗退が決まった6月22日以降、急速に利用者数が減少したことがわかる。6月19日~25日と6月26日~7月2日までの利用者数では、「sports.yahoo.co.jp」が560万4,000人から502万6,000人に、「wc2006.yahoo.co.jp」も548万6,000人から439万6,000人に急減している。

しかし、中田英寿が現役引退を表明した7月3日~9日の週では、「sports.yahoo.co.jp」が中田の引退メッセージを公開し、約66万人がアクセスした。これにより、同サイトの利用者数は601万4,000人に跳ね上がった。中田が最初に引退を発表した公式サイト「nakata.net」は、7月3日~9日だけで121万5,000人が利用した。なお、引退を表明する以前の利用者数は、6月19日~25日が44万5,000人、6月26日~7月2日が24万5,000人だった。

ネットレイティングスは、「スポーツ選手のWebサイトにこれだけアクセスが殺到するのは異例。これまでにアクセスが集中した例としては、フィギュアスケートの荒川静香選手がトリノ五輪で金メダルを獲得した時期に1カ月で50~60万人が訪れた。しかし、中田選手の場合、1週間で121万人が利用していることから、注目度の高さが伺える」としている。 (了)

------------------------------------------------
今や世界的なスポーツイベントとインターネットは、切っても切り離せない関係にある。私の知る限り、初めて五輪の公式HPが作られたのは1996年の夏季アトランタ大会。アクセスしてみたものの英語のページしかなく、文字情報ばかりだった事を覚えている。当時ブロードバンドは存在しなかったし、学校や会社などLANを組んだところもネット速度は遅かった。従って画像があるサイトは敬遠され、数は少なかった。それから10年経った今は、隔世の感がある。

上記のニュースを読んで感じるのは、1位2位に入ったYahoo!の強さ。老舗ポータルサイトとしての信頼感もあるだろうが、スポーツイベントの特設サイトを積極的に宣伝している事が功を奏したのだろう。W杯の公式サイトもYahoo!が運営しており、私も色々と活用させてもらった。韓日2002の時と比べてアクセス数が約3倍にまで伸びているのは、ブロードバンドのより一層の普及、ブログ・SNS利用者の増えた事などが理由と考えられる。
3位のニッカンスポーツは、スポーツ紙の中でサッカーにこだわりを持っている事が評価されたか。W杯特設サイトはシンプルなデザインながら、執筆者の視点が面白い。
4位のスポーツナビはURLが示す通り、Yahoo!関連のサイト。試合前後の記者会見を詳しく報じてくれるのがありがたい。スポナビといえば、かつて記事に誤りがあったのでメールで報告したところ、編集部からお礼のメールが届いた。こういう風に対応のしっかりしたサイトは好感が持てる(同様のケースでスポニチアネックスは何の返答もなく記事を書き換え、フジテレビは訂正すらしなかった)。
5位のYahoo!プロ野球は、データが充実している。選手の記録を調べたい時は欠かせないサイト。アクセスが多いのは、依然としてプロ野球人気が高いから…とは思わない。W杯の影響で、テレビのニュースやスポーツ紙はサッカーに占められる時間(もしくはスペース)が多かった。それを補完する意味もあって、ネットが利用されたのではあるまいか。

中田英寿・現役引退のインパクトをアクセス数から見るのも興味深い。これだけの人が訪れる一因は、彼がHPを持っている事が広く知られているせいか。彼は日本のスポーツ選手の中でも公式HPの開設が早かったし、「ブログ」という単語が存在する前からHide's Mailという形でファンに声を伝えていた。今後彼が何をやるにせよ、nakata.netは発信の中心地である可能性は高い。どのように活用していくのか、注目したいところだ。

ただ、引退に関して引っかかる事もある。そもそも彼の事務所がマスコミに発表したのは「現役引退」という事だけ。「引退メッセージは公式HPにある。許可なしに転載不可」とした為に、アクセスが殺到するのは当然の成り行きだった。そして私の記憶では、半日~1日くらい公式HPにつながらなかった。それは運営者の読みが甘かったのではないか。後に多くのマスコミが転載許可を得て掲載したとはいえ、ニュースを聞いてすぐに読みたいのがファンの心情。その要求に応えなかった姿勢に疑問を抱く。別にサーバーを増やせ、というわけではない。ただ記者会見をやらなかったわけだし、引退メッセージくらい配布自由にしても良かったのではないだろうか。運営側もいちいち掲載許可の対応をするのが面倒だったろう。今回のマネジメントは失敗だったように思う。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/291-0f68f3c0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。