Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/267-bd0469ac

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

イングランドVSパラグアイ

あなたは人目のお客様です。

倒れた相手選手に手を貸すベッカム開始して4分、左サイドから放ったベッカムのFKがガマラのオウンゴールを誘う。1-0、イングランドが先制。結局それがこの試合の決勝点となったわけだが、特に前半はイングランドのペースで試合を進める事ができた。システムは4-4-1-1。クラウチがポストプレーヤーとなり、オーウェンがムービングフォワードとなる格好である。クラウチがボールを落としたところにオーウェン、また2列目からランパードかジェラードがつっこんでくる。ジョー・コールはドリブルで突っかけ、ベッカムは引いた位置からロングキックを蹴る。目立ったのはベッカム。相手のプレッシャーを受けないようにポジションを取り、精度の高いボールを入れていた。そしてCKでは、相手にとって嫌なところばかり蹴る。円熟味を感じさせる動きだった。また怪我で満足なシーズンを送れなかった左SBアシュリー・コールも、そつなくプレーをこなした。
パラグアイにとって不運だったのは、オウンゴールに続いて8分にGKビジャールが負傷退場してしまった事だ。スライディングでボールクリアした時に足を痛めたようだ。涙を流してベンチに退くビジャール(全治2~3週間で今大会絶望)。代わって入ったボバディージャには緊張がうかがえ、交代してすぐに連携ミスなどが見られた。

ポストプレーを行うクラウチ試合は後半に入り、55分にオーウェンが交代で退く。どこか痛めたのだろうか?それからイングランドのリズムは停滞していく。クラウチは息が上がっていて、動きに精彩を欠くようになった。63分には審判に抗議をした事により、イエローカードを貰った。彼のレベルでは、ここらへんが限界か。
パラグアイが攻撃のペースを掴む。目立ったのはFWのネルソン・バルデスと、MFのカルロス・バレデス。スピードある動きでイングランドゴールを何度か脅かした。ただファーディナンドとテリーのCBコンビが大崩れする場面は見られなかった。やがてパラグアイも疲れが見られるようになり、タイムアップ。勝ち点3をものにした。

イングランドの内容は決して良かったわけではない。またベンチ層が弱い為、先発したメンバーの出来が悪いとそのままズルズルといってしまう可能性がある。しかし守備力は高いので、負けにくいチームと言えるだろう。この試合で何度か見られたランパードとジェラードのミドルシュートも、相手にとっては脅威である。負けたパラグアイにしても、一方的にやられたわけではない。先制点を上げる事ができれば、勝負強さを発揮するのではないだろうか。次の対戦国はスウェーデン。トリニダード・トバゴ相手にまさかの引き分けとなった相手と、生き残りをかけて戦う。

イングランド 1-0 パラグアイ
 得点者 イングランド:ガマラ(OG)  →詳細はライブドアの速報で。

この試合が行われたフランクフルトのバルト・シュタディオンは上空に大きなモニターがある。会場の観客にとって映像を見やすくする為に、という目的で作られた。しかしこの試合のようにデーゲームだと影がフィールドに広がってしまい、いささか見にくい。困ったものだ。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/267-bd0469ac

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。