Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/259-17d774d6

-件のトラックバック

[T15] 高原直泰2ゴールで引き分け(ジーコジャパン)ドイツ対日本

「高原直泰2ゴールで引き分け(ジーコジャパン)ドイツ対日本」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ読み比べしてみてください。 =...

-件のコメント

[C421] ご無沙汰しております。

ご無沙汰です。お元気ですか??

今日は仕事が休みなので、しっかりと起きて観させて頂きました。
寝起き最悪の私があの時間に起きる…奇跡です(笑)

得点できた事は、良かったと思います。
点を取られなきゃ負けないけど、取らないと勝てないですし。
ただ、決めなきゃいけない場面もまだまだありましたよね。
サイドチェンジや、早いパス回しなど、最近の試合とは違い
【何をやりたいのか】が、比較的明確だった感じがしました。
2点目は、バラックが邪魔だった(2人が横に並んだ)ことで
高原のスペースが出来たかな?!なんて思ったり。
ただ…ジーコの交代が痛いですねぇ…。あれは神の領域?
後、加地の怪我…。私も右足首に度重なる捻挫を
経験しているので、自分の足首にも違和感が…(汗)
軽症である事を祈るばかりです。

同点に追いつかれた事は、逆に薬になれば良いと思います。
変な楽観ムードが生まれるのも嫌だったので。
日本の対戦相手には【日本攻略法】が
ドイツの対戦相手には【ドイツ攻略法】が浮き彫りになった
試合だったよぅな気もしました。
やはりセットプレーでの守備…要修正ですね。
ポジショニング…でしょうか?
後、最終ラインが話題になっていますが…
背の高い相手に引いて守るのは、危険も多いですよね。
引いて守る=ゴールに近い位置に相手がいるので
そこにボールを放り込まれるとゴールに繋がるのでは?!と。
引くのも上げるのもリスクはあると思うので
試合の中で上げたり下げたり、使い分けられると良いですね。
って、これが出来れば苦労しないですかねぇ(笑)

最後に
シュバインシュタイガーへのガチャピンさんの一言には
思わず『そ~だ、そ~だ!』と言ってしまいました(* ̄ー ̄*)

[C422] Aliceさん

おお、これはこれは。随分久しぶりですね。お元気ですか?
ドイツ戦は日本代表にとって、今年に入ってからのベストゲームだったと
思います。70点はつけられる出来じゃないですかね。欲を言えば、3-1
くらいで終わりたかったですが。

戦術について、確かにチームとしての意図は感じられました。ジーコは
放任主義と言われていますが、実際に戦う選手の中で話がつけばいい
と思います。この時期になって大きな意識のズレがあるとまずいですが…。
動きを見ていると、中田英と中村がしっくりいってない気がします。そこが
ちょっと気がかりですね。

ディフェンスラインについては、仮に下げたとしてもファールしなければ
いいんです。ただ守備力を考えると、ずっと続けるのは難しいでしょう。
前線からグループでチェイシングしてラインを上げる時間帯も欲しい
ですね。その切り替えがうまくできるといいんですが。

まぁ、本番では良いゲームを期待しましょう。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ドイツ対日本

あなたは人目のお客様です。

    日本(3-2-3-2) 点数は10点満点(基準点6.0)

         GK               23-川口 6.0

         DF    19-坪井 6.0   5-宮本 6.0  22-中澤 6.0 

         MF         15-福西 6.5  7-中田英 6.5     

            21-加地 6.5     10-中村 5.5     14-三都主 5.0

         FW         9-高原 7.5    13-柳沢 5.5

  ◆選手交代
   39分:加地→3-駒野 6.5 78分:高原→16-大黒 5.5  81分:柳沢→20-玉田 ----

                            詳しい試合内容は、スポーツナビの速報

前回対戦したのは2004年12月16日。横浜国際総合競技場(現:日産スタジアム)における親善試合で、0-3の完敗だった。その時に比べれば、スコアも内容も良くなっている。しかし、できれば勝ちたい試合だった。

鮮やかに先制ゴールを奪った高原前半はやや押されつつも、よく耐えていたと思う。日本も何度か惜しいチャンスを作った。ただ気になったのは中村の動き。反撃に出る際、キープにせよパスにせよ、できれば彼を経由してボールを運びたい。しかし、他の中盤選手と呼吸が合っていなかった。後半になって改善されたが、もっと調整が必要だ。加地の負傷退場は気になる。それまで良いプレーを見せていただけに残念だ。回復できる程度だといいのだが…。代わりに入った駒野はよくやっていた。
後半に入ってからの2ゴールは見事だった。特に1点目は、中村がタメを作った事が生きており、柳沢と高原のコンビネーションも良かった。チームとして理想的な点の取り方と言えるだろう。2点目は高原の個人技によるもの。(逆にドイツからすると、DFの動きは大いに不安)。

大事なのは、2-0になった65分から。押しているわけでもないのに2点差で勝っている。となれば、後は逃げ切る他ない。失点を防ぐ為に選手交代をすべきだ。まずウィークポイントに感じられたのが三都主。守備については相変わらずで、相手の動きを封じる事ができない。また攻撃で相手にプレッシャーをかける事もできない。ここで考えられるのは中田浩との交代だろう。そのまま左サイドに入るか、ボランチの位置に入ってバランスを取ればいい。次に、後半に入って運動量の落ちていた柳沢を、他のFWに。中村を下げて遠藤という選択も考えられた。ここが監督の腕の見せ所だ。

2点を奪われ、反撃に出るドイツ(左から三都主、中村、バラック)しかし交代はなされない。そして75分に高原がファウルし、左サイドからのフリーキック。クローゼがボレーで合わせ、ゴールが生まれる。マークについていた宮本は振りきられた。78分に日本ベンチがようやく動く。監督が選択したのは高原OUT 大黒IN。理解できない。2ゴールをあげた後も精力的に動いていた高原を、相手にとってこの試合最も嫌な選手をここで下げてしまうとは。(※後日の報道によると、足を痛めた高原が自ら交代を申し出たらしい)

ドイツの攻撃は続く。80分、右サイドで中村がファウルし、セットプレー。中央へボールが送られ、2列目から飛び込んできたのはシュバインシュタイガー。ヘディングシュートが鮮やかに決まり、2-2の同点。そして81分に柳沢OUT 玉田IN。その後大黒が2度の決定機を得るも活かせず、タイムアップ。収穫も課題も見つかった試合だった。ギリシャ人審判がホーム寄りの判定をしていた事も記しておこう。あと加地を担架送りにしたシュバインシュタイガー。何度か見られた彼の悪質なタックルは気になった。バイエルン・ミュンヘン所属の21歳。ドイツ期待の若手という事は知っているが、調子に乗ってんじゃねえぞ小僧。本大会で退場するなど恥をさらしたくなければ、しっかりとプレーしろ。

ディフェンスラインを上げるか下げるか、という話が出ているようだが、日本は上げるべきだと私は思う。なぜなら高さに自信がないから。確かに世界的に見れば、それほど上げないのが主流である。ただ、ディフェンスラインを下げる→ゴールに近い場所でファウルをする→セットプレーからやられる…これが、日本にとって最悪のパターンだ。そして、相手は確実にそれを狙ってくるだろう。ラインを上げてDFの裏を抜かれる事より、高さを意識した方がいいのではないか。それが嫌なら、もっとマークを徹底させる事だ。試合も終盤になると、集中力は途切れがち。しかし、相手がパワープレーを行ってくるのもその時間帯なのだ。

これでW杯まで残り1試合。次の相手はマルタなので、調整相手にしかならないだろう。ドイツ戦の反省材料については、練習で取り組むほかない。ただ、努力をしても「三都主のプレー」「ジーコの選手交代」この2つの問題は解決しないだろう。本番で致命傷にならなければいいのだが。

-----------------------------
5月31日の新聞報道によると、左太腿を痛めていたDFの田中誠(ジュビロ磐田)に代わり、茂庭照幸(FC東京)を緊急招集する事になった、との事。国際サッカー連盟(FIFA)は5月15日にメンバー登録を締め切っているが、医学上の理由に限っては、各チームの初戦24時間前に診断書を添えてメンバーを変更する事が可能となっている。日本の場合、6月12日午後3時(現地時間)にオーストラリア戦が開始される為、11日午後3時が期限。

→30歳の田中にとっては、今回が最初で最後のW杯だったろう。気の毒な話だ。24歳の茂庭にとってはチャンス。しかし彼は現在、ハワイでオフを取っていると言う。早ければ6月1日にドイツへ飛ぶ事になるが、準備が大変だろう。こういう時の為に予備登録をしておけばいいものを、ジーコが反対するから…。日本サッカー協会も、監督の言いなりになっていれば世話はない。これで加地がアウトの場合はどうするのだ。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/259-17d774d6

1件のトラックバック

[T15] 高原直泰2ゴールで引き分け(ジーコジャパン)ドイツ対日本

「高原直泰2ゴールで引き分け(ジーコジャパン)ドイツ対日本」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ読み比べしてみてください。 =...

2件のコメント

[C421] ご無沙汰しております。

ご無沙汰です。お元気ですか??

今日は仕事が休みなので、しっかりと起きて観させて頂きました。
寝起き最悪の私があの時間に起きる…奇跡です(笑)

得点できた事は、良かったと思います。
点を取られなきゃ負けないけど、取らないと勝てないですし。
ただ、決めなきゃいけない場面もまだまだありましたよね。
サイドチェンジや、早いパス回しなど、最近の試合とは違い
【何をやりたいのか】が、比較的明確だった感じがしました。
2点目は、バラックが邪魔だった(2人が横に並んだ)ことで
高原のスペースが出来たかな?!なんて思ったり。
ただ…ジーコの交代が痛いですねぇ…。あれは神の領域?
後、加地の怪我…。私も右足首に度重なる捻挫を
経験しているので、自分の足首にも違和感が…(汗)
軽症である事を祈るばかりです。

同点に追いつかれた事は、逆に薬になれば良いと思います。
変な楽観ムードが生まれるのも嫌だったので。
日本の対戦相手には【日本攻略法】が
ドイツの対戦相手には【ドイツ攻略法】が浮き彫りになった
試合だったよぅな気もしました。
やはりセットプレーでの守備…要修正ですね。
ポジショニング…でしょうか?
後、最終ラインが話題になっていますが…
背の高い相手に引いて守るのは、危険も多いですよね。
引いて守る=ゴールに近い位置に相手がいるので
そこにボールを放り込まれるとゴールに繋がるのでは?!と。
引くのも上げるのもリスクはあると思うので
試合の中で上げたり下げたり、使い分けられると良いですね。
って、これが出来れば苦労しないですかねぇ(笑)

最後に
シュバインシュタイガーへのガチャピンさんの一言には
思わず『そ~だ、そ~だ!』と言ってしまいました(* ̄ー ̄*)

[C422] Aliceさん

おお、これはこれは。随分久しぶりですね。お元気ですか?
ドイツ戦は日本代表にとって、今年に入ってからのベストゲームだったと
思います。70点はつけられる出来じゃないですかね。欲を言えば、3-1
くらいで終わりたかったですが。

戦術について、確かにチームとしての意図は感じられました。ジーコは
放任主義と言われていますが、実際に戦う選手の中で話がつけばいい
と思います。この時期になって大きな意識のズレがあるとまずいですが…。
動きを見ていると、中田英と中村がしっくりいってない気がします。そこが
ちょっと気がかりですね。

ディフェンスラインについては、仮に下げたとしてもファールしなければ
いいんです。ただ守備力を考えると、ずっと続けるのは難しいでしょう。
前線からグループでチェイシングしてラインを上げる時間帯も欲しい
ですね。その切り替えがうまくできるといいんですが。

まぁ、本番では良いゲームを期待しましょう。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。