Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/256-40045a19

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【セックスと嘘とビデオテープ】

あなたは人目のお客様です。

映画【セックスと嘘とビデオテープ】 SEX, LIES AND VIDEOTAPE

 製作国・年 アメリカ(1989)
 上映時間 100分
 監督:スティーブン・ソダーバーグ

 ◆出演
  アンディ・マクダウェル(アン)
  ジェームズ・スペイダー(グラハム)
  ピーター・ギャラガー(ジョン)
  ローラ・サン・ジャコモ(シンシア)

  評価:65点


■あらすじ
舞台はアメリカ南部の町、バトン・ルージュ。弁護士のジョンと主婦のアンは、社会的にも安定した理想的なカップルである。しかしジョンは、義妹であるアンと不倫の関係にあった。ある日、ジョンの旧友であるグレアムが街に移住してくる事になった。そして彼の登場が、3人の関係に変化を引き起こす。

当時26歳のスティーブン・ソダーバーグが初監督した作品。1989年のカンヌ国際映画祭でパルムドール(グランプリ)を受賞し、ジェームズ・スペイダーが主演男優賞を受賞した。

公開された時中学生だった私は、タイトルを見て「これはきっとエロい作品なのだろう」とドキドキした。しかし、内容がアダルトビデオっぽいとかそういう事はない。官能的な面はあるものの、性的描写をメインに扱ってはいない。「タイトルに使われた3つの要素を絡め、現代人の深層心理を描く」 それが、この作品のテーマである。

正直なところ、どう解釈したらいいのか悩む作品。わかりやすい内容ではない。アンの精神状態の原因について、察する事はできる。ただ、観ている者が気になるグレアムの過去については、結局説明されないまま。消化不良感は残る。人によって評価はかなり分かれるだろう。(心理学者小此木啓吾の評を読んだが、どうやら精神医学的な分析ができないとわからないようだ)

しかし人間面と向かって話せないことでも、ビデオカメラのインタビューだと素直に話せるものだろうか。多くの人にとって非日常的な対応が、異なる精神状態を生み出すのかもしれない。映画が撮影されたのは1989年。当時と比べ、今では随分とコミュニケーション手段が増えた。技術の進歩によって様々な恩恵を被っている反面、「人と会って話すのが苦手」という伝達能力の退化も見られる。良いコミュニケーションを取るのは、いつの時代でも難しい。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/256-40045a19

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。