Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/250-dc55ae11

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

バルセロナ対アーセナル

あなたは人目のお客様です。

05-06シーズンを締めくくる試合、UEFAチャンピオンズリーグ(以下CL)決勝戦バルセロナ対アーセナルの試合が、フランス/スタッド・ドゥ・フランスで行われた。形としては「欧州クラブ最強を決める大会」ではあるが、優勝チームは実質的に世界一と目される。決勝に駒を進めたのは、バルセロナ(スペイン)とアーセナル(アーセナル)。共に12試合を消化して最多得点のバルセロナ(22得点)と、最小失点のアーセナル(2失点)。最強の矛と盾の激突となった。

一発退場となったGKレーマン小雨の中でキックオフとなったこの試合、立ち上がりにチャンスを作ったのはアーセナル。右サイドからDFエブエがクロスを入れ、中央で受けたFWアンリがシュート。しかしGKバルデスの好守に阻まれる。CKから再びアンリがシュートを打つが、またもバルデス防ぐ。一方のバルセロナは右サイドを上がったジュリーがミドルシュートを放つ。それをがっちり掴んだレーマン。ドイツ代表正GKとしてW杯に挑むレーマン、調子は良さそうだ。そう思ったのも束の間、18分にロナウジーニョのスルーパスを受けたエトーがペナルティエリア前でGKと1対1になり、レーマンがエトーを倒してしまう。こぼれたボールは後ろからきたジュリーが決めたものの、ノーゴールという判定。レーマンに対し、レッドカードが提示された。
私はこの判定に不満だった。VTRで観ても、確かにレーマンは倒している。しかし、「レーマンにイエローカードで、ジュリーのゴールを認める」というジャッジもできたように感じた。試合が70分以上も残っているのに、10対11になってしまうのは興ざめである。GKがいなくなった為にピレスがベンチに下がり、代わってアルムニアがゴールマウスへ。反則で得たFKはロナウジーニョが直接ゴールを狙ったが、大きく左に外れた。

不利な展開のアーセナルだったが、訪れたチャンスを生かす。37分、右サイドをドリブル突破したエブエが倒され、FKを得る。アンリが蹴ったボールを、中央でキャンベルが合わせた。コース、スピード共に完璧なヘディングがゴール左に吸い込まれる。0-1。今季は負傷などで長い間試合に出られなかったキャンベル。イングランド代表センターバックの一撃が、試合を動かした。反撃を試みるバルセロナ。前半ロスタイム、ボールを受けたエトーが素早いターンから左足でシュートを放つ。それをアルムニアが弾き、ボールはポストに当たって跳ね返った。スコアは動かず、そのまま前半終了。

後半開始からバルセロナは選手を交代させる。エジミウソンに代えてイニエスタを投入。守備専門のエジミウソンではなく、攻撃を組み立てられるイニエスタに期待がかかる。相変わらずバルセロナペースではあるが、アーセナルの守りは崩せない。DF4人、MF4人がしっかりとラインを保ち、スペースを潰していた。ロナウジーニョの調子はあまり良くなく、特にキックの精度が悪かった。こういう局面を崩すにはドリブラーが有効。バルセロナファンは「メッシがいれば…」と思った事だろう。対応に慣れてきたアーセナルは、時折アンリやフレブがカウンターでバルセロナゴールへと迫る。雨は次第に強くなり、グラウンドは靄(もや)に包まれてきた。

決勝点を決めたDFベレッティ(右)を祝福するファンブロンクホルストとロナウジーニョ更に動くバルセロナ。61分にファン・ボメルに代えてラーション、71分にはオレゲルに代えてベレッティが入る。交代枠を使い切ったこの作戦が、ずばり的中する。76分、左サイドでボールを受けたエトーがドリブルで駆け上がり、前線へパス。それを受けたラーションが柔らかいリターンパスを送り、走りこんできたエトーがシュート。ボールはGKのニアサイドを突き破った。1-1の同点。エトーは後半に入ってずっとゲームから消えていたが、ここ一番の集中力には素晴らしいものがある。更に攻撃を仕掛けるバルセロナ。81分、ベレッティから受けたボールをラーションがゴール右のエリアでキープ。中央に入れると、走りこんできたのはベレッティ。右足のシュートは枠を外れたが、GKの股間に当たってネットを揺らした。2-1。ベレッティの上に覆いかぶさるバルセロナイレブン。対照的に肩を落とすアーセナルの選手達。そのゴールは終戦を意味した。残り14分間試合をコントロールしたバルセロナが、14年ぶり2度目の欧州王者に輝いた。

■勝敗を分けたポイント
GKバルデスの守りはチームを救った何といってもレーマンの退場が大きい。決勝まで9試合連続無失点という大会記録を作っていたのも、彼がいればこそ。「精神的に脆く、大きなゲームに弱い」という評判を今季は払拭していただけに残念である。アルムニアはよく守っていたが、レーマンとの差は確かにあった。また、ピレスを早い時間に引っ込めたのも引っかかる。アーセナルには若い選手が多く、特に後半は苛々している場面が目立った。なだめたり、精神的に安定させる為にもベテラン選手を残すべきだったのではないか。ベンゲル監督は19歳のファブレガスに期待したのだろうが、特別良いプレーは観られなかった。期待されたロナウジーニョとアンリは、それぞれ不発。彼らの他に点を決められる選手がいたかどうかが、明暗を分けた。試合のMVPに選ばれたのはエトーだったが、得点を許さなかったバルデスや2アシストのラーションも光った。これでUEFAカップのセビージャに続き、スペイン勢がタイトルを獲得。W杯でも攻撃的なサッカーが主流となるかもしれない。

■審判と試合中継について
ベンゲルやアンリが不満を洩らしていた判定については、確かにバルセロナ寄りが目立った。険悪な雰囲気も見られ、主審がうまく試合をコントロールしていたとは言いがたい。また、試合中継の下手さは随分気になった。カメラはもう少し角度をつけて選手を映すべき。アーセナルは「エトーのゴールは明らかにオフサイドだった」と激怒しているが、ピッチ真横から撮ったVTRは流れなかった。全く気が利かない。私はフジテレビで放送されたものを観たが、画像が乱れる時間の長かった事も残念だ。全部で7、8分はあったろうか。衛星回線の不調でこういう事は起こりうるが、大事な試合だけになるべく避けてもらいたい。

◇CL決勝の主審、レーマン退場を後悔 (5月19日 ライブドア欧州通信)
17日に行われたチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝で主審を務めたテリエ・ハウゲ氏は、アーセナルのGKレーマンを退場にした判定について「もう少し時間をかけて判断すべきだった」と振り返った。問題のシーンは前半18分。バルセロナのMFロナウジーニョが出したスルーパスに抜け出したFWエトーを、ペナルティエリア手前でレーマンが倒してしまう。その後、こぼれ球をバルセロナのFWジュリがゴールに押し込んだが、ハウゲ氏はレーマンにレッドカードを提示し、バルセロナのFKで試合を再開させた。
この判定についてハウゲ氏は、アドバンテージを取ってバルセロナのゴールを認めるべきだったと、ノルウェー紙に語ったのだ。 「レッドカードの決断を下す前に、もう少し時間を取るべきでした。そうすれば、バルセロナのゴールを認め、退場ではなく警告で済ませることが出来たかもしれません」 しかし、この試合のジャッジに対してアーセナルのベンゲル監督やFWアンリから批判を受けていることについては 「試合は問題なくコントロールしていましたし、自分のジャッジにも満足しています。CLの決勝というビッグゲームで敗れたのですから、アーセナルから不満が出るのも分かります。しかし、あと数日も経てば、冷静に振り返ることが出来るでしょう」 と語り、自らの正当性を主張していた。

■バルセロナに死角はあるか
国内リーグで2連覇を達成し、CLでは優勝。「黄金時代を迎えた」と言われるバルセロナにも、弱点はある。まず、センターバック。プジョルやマルケスはいいDFではあるが、速さや高さのあるFWを苦手としている。できればもう1枚欲しいところ。中盤はバランスが取れているので、補強は急がなくていい。一番の問題はFWである。ラーションが今季限りで母国スウェーデンに戻ってしまうからだ。彼のように得点だけでなく他の選手を活かせるプレーヤーは貴重である。クラブとしては、できればアンリに来て欲しいところだろう。アンリ、ロナウジーニョ、エトー、メッシという顔ぶれはドリームチームと呼ぶに相応しい。来季も強いバルセロナでいられるかどうかは、このオフシーズンがポイントになりそうだ。
※5月19日の英紙"The Sun"において、アンリが「アーセナルに残留する」と発言。

14年ぶり、2回目のCL優勝を果たしたバルセロナ

ともあれ、これでクラブの戦いは終わった。選手達は短い準備期間を経て、ドイツへ向かう。良いプレーもさる事ながら、怪我人が出ない事を祈るばかり。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/250-dc55ae11

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。