Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/238-2e9050fa

-件のトラックバック

-件のコメント

[C346]

私がはじめて『オフ会』という言葉を耳にしたのはオンラインゲームででした。
オフ会。。。って。。。
なんだか、とてもヲタクっぽい響きに感じたのを覚えています。
今では、アチコチで聞くのでそういう印象は無くなりましたが。
そして、今はとても興味深く思っています。
だからこの記事を読んだときも何か書きたいと思いながら、
また、考えがまとまらず先送りになってしまいましたwww

やっぱり、準備をしっかりしないとしょっぱいイベントになってしまうのですね。
何か考える時はねりにねらないと失敗してしまいますね。

でも、いちばんの感想は、
G先生、好奇心旺盛ですね~~~^^www
だからこそ、色々なテーマでこうして記事を書かれているのでしょうが。
とにかく足を運んでみるというフットワークの軽さ!!
二の足を踏んでばかりの私は見習わなくてはいけないなぁと思いました。

長文、失礼しました(*'ー'*)♪

  • 2006-05-07
  • 麻咲子
  • URL
  • 編集

[C348] 麻咲子さん

オフ会にも色々種類があるので、中には準備を必要としないものもある
でしょう。でもこの時は色々と不備がありましたね。その点はとても残念
でした。オンラインゲームのオフ会だとどんなものをやるんでしょうねー。

好奇心はあると思いますが、フットワークが軽いってわけでもないです。
記事に書いた事も一昨年の話ですし。どこかで書きたいなあ、とは思って
ましたけど。麻咲子さんについては「物怖じしない性格」という印象を
(ブログから)受けていましたけど、割としり込みをされますよね。経験
すれば面白いレポートが書けるんじゃないかと、私は思ってますw

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

はじめてのオフ会

あなたは人目のお客様です。

2004年の夏。有名サイト探偵ファイルを眺めていると、オフ会の告知が出ていた。もっともそれは探偵ファイルの、ではない。スタッフの1人である桜井えりすがテキスト系サイトを運営していて、そこが他のサイト6つと合同で企画したものだった(探偵ファイルは広告を載せただけ)。内容は「東京・青山でクラブイベントを行う」というもの。私はそれに参加してみる事にした。

理由は幾つかある。「オフ会というものを体験してみたい」「ネットアイドル『桜井えりす』がどういう女の子か、この目で見てみたい」「クラブという若者文化に触れてみるのもいいだろう」…etc。行く事を決めたのはイベント当日。ただ正直なところ、そのオフ会を運営する各サイトについてほとんど知らなかった。せいぜい「サイトの名を耳にした事がある」程度。さすがにそれでは楽しめまい。各サイトをざっと見てから、1人でノコノコと出かけた。

会場に着くと、参加者は40人ほど。サイトの常連(もしくは個人的な友人)ごとに、幾つかのグループに分かれていた。見たところ、何となく加わり辛い雰囲気である。フロアーの端に溜まっている連中もいたが、私同様「探偵ファイルを見て何となく参加した」クチか、桜井えりす待ちだった。しかし肝心のえりすは姿を現していない。どうやら遅刻するようだ。さて、どうしたものか。

私はサイト運営者の1人に声をかけてみた。「マサ」という名前で、【ヤクザ女】という記事を書いていた人物だ。話の筋は「昔付き合った女がヤクザと縁の深い人で、色々と大変な目に遭った」というもの。何やら、石田衣良【池袋ウエストゲートパーク】に出てくるような設定である。その話が滅法面白く、より詳しい事を知りたいと考えた。私は彼に色々と質問をした。「これはどこの街で起きた事なのか」「暴力団はどこの系列だったのか」「拉致された時はどういう事を考えたか」…。
嫌がられるのではないか、という懸念があった。しかし、彼は1つ1つ丁寧に答えてくれた。むしろ私が質問をした事を非常に喜び、「そこまで読んでくれて嬉しい。本当にありがとう」まで言われた。
なぜ彼は、そういう反応を示したのだろう。彼のサイトには多くの人間が訪れていたし、「面白い」と言ってくれる人もたくさんいたはず。ただ、(これは私の推測だが)それぞれの記事について細かく話す人は少なかったのではあるまいか。自分の体験について話を書く時に、事実の全てを書く事はまずない。個人情報や全体のバランスを考えると、どうしてもカットする部分が出てくる。それらは「無駄」とか「つまらない」とはまた違うし、書き手にとって思い入れが強い事柄も少なくない。ゆえに、詳しい内容に関心を持つ人がいた事を喜んだのだろう。もっとも、当時はそんな事を想像もしなかった。彼の気持ちが何となくわかるようになったのは、自分がブログを始めてからの事だ。

桜井えりすしばらくして桜井えりす嬢が姿を現した。色白で小柄、高い声で話す女の子だった。彼女のもとへは多くの男女が訪れ、話をしたり写真を撮ったりしていた。その様子を眺めていて、彼女の愛想の良さに感心した。私も少し言葉を交わしたのだが、「そういう風に気を遣っていて疲れない?」と訊いてみた。すると彼女はびっくりした顔をした後でニコッと笑い、「大丈夫だよ。ありがとう」と答えた。まあ、模範解答というべきか。ネットアイドルというのも楽な商売ではないようだ。{ちなみに彼女の売りといえばFカップバストであるが、当日は浴衣を着ていた為に視認できず}。

イベント自体はさして盛り上がらなかった。運営側の対応の悪さが至るところで目につき、参加者のノリも悪かった。私自身はそれなりに踊り、DJの兄ちゃんと話し、パラパラの定番曲【NIGHT OF FIRE】の振り付けを覚えた。しかし、楽しさよりも退屈さを感じる事の方が多かった。後で聞いたところによると、このオフ会は急遽開催を決めたので、十分な準備時間が取れなかったらしい。どんなイベントであれ、それでは成功させる事は難しいだろう。ともあれ、それが私にとって初めてのオフ会であった。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/238-2e9050fa

0件のトラックバック

2件のコメント

[C346]

私がはじめて『オフ会』という言葉を耳にしたのはオンラインゲームででした。
オフ会。。。って。。。
なんだか、とてもヲタクっぽい響きに感じたのを覚えています。
今では、アチコチで聞くのでそういう印象は無くなりましたが。
そして、今はとても興味深く思っています。
だからこの記事を読んだときも何か書きたいと思いながら、
また、考えがまとまらず先送りになってしまいましたwww

やっぱり、準備をしっかりしないとしょっぱいイベントになってしまうのですね。
何か考える時はねりにねらないと失敗してしまいますね。

でも、いちばんの感想は、
G先生、好奇心旺盛ですね~~~^^www
だからこそ、色々なテーマでこうして記事を書かれているのでしょうが。
とにかく足を運んでみるというフットワークの軽さ!!
二の足を踏んでばかりの私は見習わなくてはいけないなぁと思いました。

長文、失礼しました(*'ー'*)♪

  • 2006-05-07
  • 麻咲子
  • URL
  • 編集

[C348] 麻咲子さん

オフ会にも色々種類があるので、中には準備を必要としないものもある
でしょう。でもこの時は色々と不備がありましたね。その点はとても残念
でした。オンラインゲームのオフ会だとどんなものをやるんでしょうねー。

好奇心はあると思いますが、フットワークが軽いってわけでもないです。
記事に書いた事も一昨年の話ですし。どこかで書きたいなあ、とは思って
ましたけど。麻咲子さんについては「物怖じしない性格」という印象を
(ブログから)受けていましたけど、割としり込みをされますよね。経験
すれば面白いレポートが書けるんじゃないかと、私は思ってますw

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。