Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/236-9fa8e2e5

-件のトラックバック

-件のコメント

[C300] ガチャピン~♪

はじめまして。
足跡から遊びに来ました。

わおー!!タイトルにガチャピンが~!!
ガチャピンに関してあまり詳しくはないんですが、
うちの猫はショボ顔でガチャピンに似てるんですよー。http://plaza.rakuten.co.jp/ginzamama/diary/200601260000/

また寄らせていただきます。

[C301]

I'm sorry, but I cannot type in Japanese now,
because this comment is from college.
I really like this movie, so that is why I commented now.
And well, I prefer your new profile picture too!! ^ ^

[C302] にゃー子ママさん

はじめまして。そちらのブログには昨日お邪魔しました。
ショボ顔の猫、ですか。確かに困った顔をしていますね。
タレ目なところがガチャピンに似ているかもしれませんw

[C303] Yutaさん

おお、今日は学校からですか。別に英語でも構いませんよ。
この映画がお好きなんですね。でしたら、記事に書いた甲斐が
あったというものです。プロフィール画像は、科学戦隊ガッチャ
ピン2号に変えてみました。

[C323]

はじめまして。
訪問者履歴を辿ってお邪魔しました。

「いまを生きる」・・・この映画は私も好きな1本です。
ロビン・ウィリアムスがいい芝居してますよね。
しかもイケメン俳優たくさん出てるしww

またお邪魔いたします。。。

[C325] 磯野かおりさん

どうも、はじめまして。お越しくださって、ありがとう
ございます。この映画でロビン・ウイリアムスは
抑えた演技をしていますね。基本的に饒舌な彼が
そうした事で、役に深みが出たと思います。

生徒役の俳優の中では、ニール役のロバート・
ショーン・レナードが男前だと感じましたね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【いまを生きる】

あなたは人目のお客様です。

いまを生きる DEAD POETS SOCIETYDEAD POETS SOCIETY

 公開 1989年/アメリカ
 上映時間 128分
 監督:ピーター・ウィアー Peter Weir
 脚本:トム・シュルマン Tom Schulman
 出演
  ロビン・ウィリアムズ(John_Keating)
  ロバート・ショーン・レナード(Neil_Perry)
  イーサン・ホーク(Todd_Anderson)
  ジョシュ・チャールズ(Knox_Overstreet)

  評価:85点
◆あらすじ
1959年、アメリカ・バーモント。全寮制のウェルトン学院は名門男子校として知られていた。伝統と規律のもと、親からは大きな期待をかけられる生徒達。しかし本人達はそんな環境にうんざりし、冷めた気持ちで日々を過ごしていた。「退屈な生活を我慢して、卒業後は有名大学へ進学。その後は社会的地位の高い職業に就く」 それぞれの未来予想図は、概ねそんなところ。ある日同校OBの教師ジョン・キーティング(ロビン・ウィリアムス)が赴任してくる。堅苦しい詩の教科書を破り捨てさせ、机に上に立ち、生きる視点を変える事を教えるキーティング。最初は戸惑っていた生徒達も、やがて自由な生き方を望むようになる。しかし、彼らの前に厳しい現実の壁が立ちはだかる…。

いまを生きる キーティングの授業原題の"Dead Poet Society"はキーティングがウェルトン校在学中に結成した詩読サークルで、既に亡くなった古典的詩人の作品だけ読むことからつけられた。また邦題の「いまを生きる」は劇中でキーティングが発するラテン語"Carpe Diem"の日本語訳。厳密には「いまを生きろ」ないしは「いまを掴め」といった意味になる。「死せる詩人の会」よりはイメージが良いという事で、邦題につけられたのだろう。

舞台となる学校と四季折々の映像がとても美しい。ロケ地はアメリカ・デラウェア州にあるセント・アンドリューズ・スクールだそうだが、こういう環境で学べる事は羨ましいと感じる。特に印象に残るのは夕日だ。{思えば、子供の頃に見る夕日はなぜああも美しく感じられたのだろう。社会人になってオフィスから眺めるものは、まるで別物に見える}

この作品は中学生の時にビデオで観ていて、今回は15年ぶりくらいに目にした。個人的に「中高生の時に観ると良い作品」…小説でいえばヘッセ『車輪の下』やサリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』がそうであるように…と思っていた。しかし、大人になるとまた別の楽しみ方があるものだ。子供からの視点だけではなく、大人達の意思も感じられるようになった。特に注目したのは事件後の対応である。

 ※以下、ネタバレ含む

事件の責任をキーティングに押し付ける学校のやり方は、確かにあこぎだ。しかし組織を守る上では、それも仕方なかった気がする。また学校から質問されてペラペラ喋ったキャメロンを、「裏切り者」の一言で片付けてはいけないだろう。「証言しなければ退学」と言われれば、誰だって自分の身が可愛い。また彼は仲間内でバカにされていた存在だったので、不満を溜め込んでいたのかもしれない。とはいえ、ああも堂々としていては反感を買っても仕方ない。キャメロンを殴りつけたノックス(=ヌワンダ)の気持ちもよくわかる。

最後の場面で生徒達は机の上に立ち、"O Captain, my Captain"(出典はリンカーンに捧ぐホイットマンの詩)と呼びかける。率先してやったのは、引っ込み思案だったトッド。自分の意思を伝えられるようになった事に、彼の成長を感じる。私の記憶では、クラスにいた生徒全員が立っていた。しかし、実際はそうではなかった。1/3から半分は着席をしたまま。じっと机を見つめる者もいれば、耳に手を当てている者も見られる。そういった光景にリアルさを感じた。全ての人が同じ感情を抱いている、なんて事はないのだ。

ニールの演劇を練習する風景がなかったり、自然風景をもっと取り入れても良かった気はする。しかし、名作とよべるレベルには十分達していると言える。「教育で大切な事はなんなのか」…観た後に、そんな事を考える。今学生の人も、昔学生だった人も、一見の価値はあるのではないか。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/236-9fa8e2e5

0件のトラックバック

6件のコメント

[C300] ガチャピン~♪

はじめまして。
足跡から遊びに来ました。

わおー!!タイトルにガチャピンが~!!
ガチャピンに関してあまり詳しくはないんですが、
うちの猫はショボ顔でガチャピンに似てるんですよー。http://plaza.rakuten.co.jp/ginzamama/diary/200601260000/

また寄らせていただきます。

[C301]

I'm sorry, but I cannot type in Japanese now,
because this comment is from college.
I really like this movie, so that is why I commented now.
And well, I prefer your new profile picture too!! ^ ^

[C302] にゃー子ママさん

はじめまして。そちらのブログには昨日お邪魔しました。
ショボ顔の猫、ですか。確かに困った顔をしていますね。
タレ目なところがガチャピンに似ているかもしれませんw

[C303] Yutaさん

おお、今日は学校からですか。別に英語でも構いませんよ。
この映画がお好きなんですね。でしたら、記事に書いた甲斐が
あったというものです。プロフィール画像は、科学戦隊ガッチャ
ピン2号に変えてみました。

[C323]

はじめまして。
訪問者履歴を辿ってお邪魔しました。

「いまを生きる」・・・この映画は私も好きな1本です。
ロビン・ウィリアムスがいい芝居してますよね。
しかもイケメン俳優たくさん出てるしww

またお邪魔いたします。。。

[C325] 磯野かおりさん

どうも、はじめまして。お越しくださって、ありがとう
ございます。この映画でロビン・ウイリアムスは
抑えた演技をしていますね。基本的に饒舌な彼が
そうした事で、役に深みが出たと思います。

生徒役の俳優の中では、ニール役のロバート・
ショーン・レナードが男前だと感じましたね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。