Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/223-464af5c5

-件のトラックバック

-件のコメント

[C240]

相変わらずサッカーは素人ながら書かせてもらいますが、日本代表、試合重ねるごとにわからなくなりますね。^^; 散々叩かれた三都主がやたらと調子良かったり・・ アディダスのスパイクに鉛でも入ってたんですかね?笑
佐藤のゴールはなんか「フォワードらしい」って感じのゴールでしたね。^^ やっぱり点の取れるFWは魅力的です。 地球上どこにいてもその時もっとも点の取れるFWを本番にも起用して欲しいところですが。
何だかんだいって、あともう二ヶ月強ですか? 楽しみだ!^^

[C241] Rayさん

三都主が叩かれるのは主に守備についてで、攻撃面で光るものは
持っています。浦和にはDFとボランチにいい選手がいるので、守備の
負担が少ないんですよね。真価が問われるのはこれからだと思います。
佐藤については、わずかながら可能性は残されています。ジーコが
選ぶかどうかは疑問ですけど。2ヵ月後にどうなりますかね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

日本VSエクアドル

あなたは人目のお客様です。

    日本(3-2-3-2) 点数は10点満点(基準点6.0)

         GK               23-川口 6.0

         DF    20-坪井 6.0   5-宮本 6.0  22-中沢 6.0 

         MF          15-福西 6.0  18-小野 6.5     

            21-加地 6.0     8-小笠原 6.0    14-三都主 7.0

         FW         9-久保 5.0    28-玉田 6.5

       ◆選手交代
           後半32分 玉田→36- 6.0  久保→37-佐藤 7.0  

                            詳しい試合内容は、スポーツナビの速報

今回対戦したエクアドルは、ドイツW杯南米予選を3位で通過。つまりブラジル、アルゼンチンに次ぐ実力国である。ただし、特筆すべき項目として「ホームでは無敵だがアウェイでは弱い」という事が挙げられる。大抵のチームがそうなのだが、この国は極端。予選で8勝4分6敗という成績をあげているが、その内訳はホームで:7勝2分0敗、アウェイ:1勝2分6敗。その理由は地理にある。首都のキトは標高2800mにある為、空気が薄い。相手国の選手達は普段のプレーをする事が発揮できない。ブラジルもアルゼンチンも敗れた理由は、そこにある。

さて、エクアドルから見て日本は地球の裏側にあたる。移動にはひどく時間がかかり、今回も50時間かけて日本までやってきた。それが大きな負担となった事は想像に難くない。14時間ある時差にも悩まされた事だろう。選手達がどういう動きを見せるか気になった。{エクアドルがそこまでしてやってきたのは、日本サッカー協会が提示したギャラが良かった為である。経済状況が厳しい南米の国にとっては魅力的な話だ}
試合の立ち上がりを見ると、エクアドルの中盤はプレス意識が高かった。しかしFWとDFの動きが鈍い。時間が経つとMFの運動量も落ち、攻撃意欲は感じられなくなった。「この試合は引き分けでいい。怪我をしないで国に帰ろう」という意思が見えた。さて、この相手に日本はどう戦ったのか。

GK及びDFの守備は概ね問題なかったが、前半に幾つかミスがあった。前半5分にエクアドルが日本のペナルティーエリア手前から強引にシュートを放つ。そのこぼれ球を坪井がクリアミス。カルデロンに拾われてシュートを打たれたが、ゴール右にそれた。宮本は低い位置からドリブルを行って相手に奪われそうになり、中澤はパスミスがあった。しかしいずれもピンチには結びつかず。前半33分にはテノリオに強烈なミドルシュートを打たれるが川口が左手に当て、ボールはクロスバーに当たり跳ね返った。それ以外には、特別危ない場面はなかった。合格点をつけられる出来だが、このくらいの相手で守備のレベルは判断できない。

左サイドから何度もチャンスを作った三都主アレサンドロ中盤の3人(福西、小野、小笠原)はよく動いた。エクアドルのプレスに負けず、守備意識は高かった。ただミドルシュートの精度が非常に低い。ゴール前にこぼれたボールをMFがシュートして得点に結びつくケースは、世界のサッカーではよく見られる。しかし、日本代表では望み薄だ。前半には小笠原が、後半は小野が前に出る場面がよく観られた。もっとも、小笠原と小野のコンビネーションには物足りなさを感じる。お互いの良さを引き出せていない。特に小野はボールによく絡んでではいたが、プレーのキレは今ひとつ。所属する浦和レッズはJ1で首位に立っているが、そちらでも小野は輝いていない。これから調子を上げていって欲しいものだ。
後半に小笠原の動きが落ちたが、長谷部を入れるという発想があっても良かった。エクアドル選手の足が止まり、ファールが増えていたからだ。長谷部はドリブルが巧いし、中盤は前も後ろもこなせる。ドイツW杯に若手(サッカー界の常識では23歳以下)で連れて行くとしたら、彼だと思うのだが…。

サイドはいつもの通り加地と三都主。加地はさほど目立たなかったが、三都主は良かった。左サイドを再三突破し、中央にクロスボールを供給(=左上写真)。ボールの精度もかなり高く、決勝点のアシストにもなった。相手の守備が遅いという事もあったが、動きは軽快。J1での好調さをそのまま持ち込んでいた。この記事でも紹介したが、アシックスのスパイクが本当にフィットしているようだ。ここまで違うと、昨年までのアディダスは何だったのか。

FWの先発は久保と玉田。玉田は昨年11月に右足甲を疲労骨折し、2ヶ月プレーできず。所属する柏レイソルはJ2に降格するなど、厳しいシーズンだった。今季は名古屋グランパスに移籍し、代表には久々の召集。動きは良かった。ドリブルでかき回し、サイドからチャンスを作った。シュートする場面は少なかったが、とりあえず合格点はつけられる出来だ。
ゴールを決めた佐藤寿人気になったのは久保である。前半と後半に1回ずつ決定的なチャンスがあったものの、ゴールに至らず。右足の技術が低い事を改めて露呈した。プレースタイルとしては「DFの裏に飛び出てシュートを狙うタイプ」だが、スペースをうまく作れていない。もともと運動量は多い方ではないが、時間の経過と共に激減。後半32分の交代は遅すぎたのではないか。こういったプレーでは「ハーフタイムプレーヤー」と言われても仕方ない。
交代出場した巻と佐藤は、精力的な動きを見せた。三都主からのクロスにうまく合わせ、決勝点を奪った佐藤は見事(=右写真)。タイプとして大黒と被る彼が、W杯の代表入りをする事はかなり厳しい。しかし今季不振のサンフレッチェ広島にあって、5試合で4ゴールと結果を出している。FWは能力以上に調子が重要なので、必要な存在かもしれない。

監督のジーコについてだが、彼の考え方は相変わらずよくわからない。交代枠が6あったのに、使ったのは2人だけ。リーグ戦で選手が疲れている事など、お構いなしである。残念だったのはボスニア・ヘルツェゴビナ戦で見えた4-2-2-2の課題に取り組む姿勢が見えなかった事。「今回は遠藤が出られないから3バック」という監督の発言は、意味がよくわからない。選手が1人出られないだけでなぜシステムを変えるのだろう。遠藤がいい選手である事は認めるが、彼は代表チームのレギュラーではない。阿部や長谷部でも代役は務まったろう。本当に4バックに取り組む意思があるとは思えない。もうシステムの精度を高める時間は残されていない。だったらこのまま3-2-3-2でいいのではないか。その方が三都主も活きるだろう。

エクアドル戦は内容的に2-0以上で勝つべきゲームだった。収穫はあったものの、問題修正が出来ていたかどうかはわからず。相変わらず「結果オーライ」で済んでしまう日本代表に、明るい未来は見えてこない。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/223-464af5c5

0件のトラックバック

2件のコメント

[C240]

相変わらずサッカーは素人ながら書かせてもらいますが、日本代表、試合重ねるごとにわからなくなりますね。^^; 散々叩かれた三都主がやたらと調子良かったり・・ アディダスのスパイクに鉛でも入ってたんですかね?笑
佐藤のゴールはなんか「フォワードらしい」って感じのゴールでしたね。^^ やっぱり点の取れるFWは魅力的です。 地球上どこにいてもその時もっとも点の取れるFWを本番にも起用して欲しいところですが。
何だかんだいって、あともう二ヶ月強ですか? 楽しみだ!^^

[C241] Rayさん

三都主が叩かれるのは主に守備についてで、攻撃面で光るものは
持っています。浦和にはDFとボランチにいい選手がいるので、守備の
負担が少ないんですよね。真価が問われるのはこれからだと思います。
佐藤については、わずかながら可能性は残されています。ジーコが
選ぶかどうかは疑問ですけど。2ヵ月後にどうなりますかね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。