Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/222-ba93c9de

-件のトラックバック

-件のコメント

[C230] あぁされど流れ作業・・・

大変でしたね・・・しかも夜中ぶっ通し。

私もNZでムール貝の殻剥きしました。同じように白衣、長靴、あと耳栓(マスク?)して。騒音がひどい所だったんです。

茹で上がった貝がドドーーーッと流れてきて、それを必死で剥いて、引っかかってるごみを取り除いて・・・カウンターが付いていて8千個行くとちょっと時給アップでした。3時間だけでしたけど、たちっ放しでかなりきつかった~でもあぁいうところで働いてる、5,60代のおばちゃんは元気なんですよね。

これが日本にも輸出されて、日本人の口に入るんだろうな~とかいろんな妄想してました、私も。

日本でもPS2の組み立て作業のオイシイバイトがあり、やってみようかと一時期思ったことありますが、知り合いでやった人がおり、それまた同じ・流れ作業の繰り返しでかなりハードだったらしいです。

原田宗則の小説で、彼も大学時代バイトで工場で働いたことがあったらしく、彼の友人の作業が、”あんまん”のテッペンに3つの赤いポチをひたすら付ける作業だったらしく、仕事後、目の前は赤いポチがしばらく離れなかったそうです。だいぶ前に読んだエピソードですが、おもしろくて今でも覚えてます。

  • 2006-03-30
  • きりんじんべ~
  • URL
  • 編集

[C231] きりんじんべ~さん

おお、ムール貝ですか。もしかしたら私は食べた事がないかも
しれませんが、美味しいみたいですね。しかし作っている現場は
過酷ですね。8千個だと、どれくらい時間かかるんでしょうね。

原田宗典(漢字が1字違いますね)が書いたその話は、私も
覚えてますよー。高校生の時ぐらいに、エッセイで読みました。
今回この記事を書いていて、やっぱり思い出しましたね(笑)

[C232]

ちょっと前までは○ごとバナナ結構好きでよく買ってました。
でもクリームがおいしくないし量が多いのでいくら安くても
最近は買ってませんね。
今日も100円で特売してましたけど。

ワタシはプラモデルのプラカラーの工場でバイトしたことあります。
よくシンナー中毒にならなかったと思うくらい危険な匂いが
充満してました。(@_@)

[C233] エリさん

ふふ、特売で売っていましたか。私の利用するスーパーには
置いてないのですが、コンビニではよく置いてありますね。
安いなりの味しかしない、というところでしょう。

プラカラーの工場ですか。あのツーンとした匂いが漂っている
のなら、かなりの刺激でしょうね。働いている人への負担は
あるでしょうね、やっぱり。まあ、そういう職場は色々とあるの
でしょうが。

[C234]

がぁーん!!
丸毎ばななは良く食べています…。母も私も大好きで。
アルコール漬け?になっていたとは知りませんでした。
しかも黒ずんでいるなんて。(倍率ドン!)

こういう食品系でバイトしたことのある人たちは、
必ずその後は食べなくなったって言いますよね…。
私の友達もミ●ドでバイトしていましたが、その後
ドーナツを絶対に買いたくないと言っていました。
おそろしやー!!

そういえば「みんなのうた」でバナナが食べられる無常さ
みたいのを歌っていた曲があったのを思い出しました…。
単純作業ってホント訳のわからない思考がとめどなく
展開されてしまいますよね。

[C235] 15さん

むむ、大好きですか。でしたら、ショックを受けたかもしれ
ませんね。保存する液体がアルコールだったかどうかは
確証はありませんが、皮がやけに黒かったのは覚えて
います。(「倍率ドン!」とは懐かしい表現ですね)

大量生産している食べ物やファーストフードは多かれ少な
かれ似たような状況かもしれません。値段が安い理由は、
企業努力だけではないのでしょう。ま、事情を知っていても
食べる人は食べますけどね(笑)

[C238] 私も・・・

まず、「山○パン」と聞いて、鳥肌実の自己紹介を思い出しました。
「山○パン高井戸工場、サンドイッチ班ピクルス担当」ってヤツですねw
(関係のない話でスミマセン)

私も学生時代、まるごとバナナが大好きでした。
ちとショックでした・・・。


  • 2006-04-02
  • et nico
  • URL
  • 編集

[C239] et nicoさん

鳥肌実についてはよく知らないのですが、山○パンの
契約社員という設定のようですね。
記事がショックな内容だったらすみません。
  • 2006-04-02
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

パン工場の秘密

あなたは人目のお客様です。

現在春休みという事で短期バイトをしている学生は多いだろうが、私も幾つかやった経験がある。中でも山○パンの工場は印象に残る仕事だった。勤務時間は20:00~翌6:00(休憩1時間)で、給料は約1万2千円。この金額が魅力的だった。ただ勤務地が遠く、同じ市内にあるのに私の家からは70分以上かかった(京都は交通が不便なのだ)。受付を済ますと更衣室で白衣に着替え、マスク、帽子を着用。そして工場へと入る。そこは周りが全て白い壁に覆われ、蛍光灯が煌々と輝く場所だった。工場というよりは、研究所のようなイメージを抱いた。

当時、工場内にはややピリピリした雰囲気が漂っていた。その3日前に横浜工場から出荷されたパンが食中毒を起こしていた為である。衛生に関してより一層注意するよう、説明があった。
バイトの業務は決まっておらず、社員の判断で人手が足りない場所に随時振り分けられる。1日中ずっと同じ場所にいる事は少なく、休憩を挟んだ後に異動する事が多かった。その中で印象に残っている持ち場が2つある。

1つは柏餅。5月5日端午の節句に向けて大量生産される商品である。柏餅自体は「餡子(あんこ)を餅でくるむ」まで機械がやるので、それ以降に人の手が入る。具体的には「1. 大量の柏葉をいったん流水にさらし、水を切る→2. 柏葉で餅をくるむ→3. 餅を袋に入れる→4. パックする」という工程である。いずれも単純作業であり、立ち仕事なので長時間やっていると腰や膝が痛くなってくる。ただ幸いというべきか、私はその作業に加わらなかった。アルコールボンベを背負って、周囲をウロウロしていたのである。ボンベの重さは4kgくらいだったろうか。その形状は映画【ゴーストバスターズ】の装備を連想させた。

   ゴーストバスターズ   ゴーストバスターズ装備

先端ノズルから霧が吹き出るので、それを機械にセットされた餡子に吹き、人の手袋に吹きかけた。消毒の為とはいえ、かけているものはアルコール。なるべく抑えた方がいいだろう…と考えていたら「そんなんじゃ少なすぎるよ」と言われ、ブシュブシュかけるよう指導された。柏餅を食べて軽く酔った、という方がいたらこの行為が原因かもしれない。

さて、もう1つ忘れらないのは○ごとバナナである(伏字になってないが)。まず驚いたのは保存してあるバナナ。地下のアルコール槽につけられたバナナは昇降機で持ち上げられ、そのまま天井に吊るされた。非常に量が多い為、さながら「バナナの塔」というべき光景である。南米産らしいが、表面は黒ずんでいて新鮮かどうかもよくわからない。これではバナナ大好きなお猿さんでも、やすやすと飛びつきはしまい。
     Curious Gerogeもびっくり
Curious Georgeもびっくり機械がスポンジをスライスし、その上に生クリームを載せる。そしてスポンジがベルトコンベアーで流れてくる。そこからの作業工程は以下の通り。「1. バナナを房から取り、皮を剥く→2. ナイフでバナナを適当な大きさに切る→3. バナナをスポンジに載せる」 1の作業を2人で行うので、4人1チーム。私は2を担当した。
「最初は慣れる為にゆっくりやってみようか」 社員がそう言うと、コンベアーは動き出した。渡されたバナナの両端を切り、大きさを揃える私。少し黒ずんでいる部分は除いて、隣の人間に渡す。うむ、問題ない。これなら出来そうだ。
「わかった?じゃ、これから本番ね」 社員が口にするとスピードが上がる。むむっ、これはなかなかキツいっ…!決して速すぎるわけではない。しかし、ちょっとでも作業が遅れると追いつかない。速すぎもせず遅すぎもせず、絶妙なスピード。バナナが黒いとか黒くないとか、そんな事を気にしている余裕はなくなった。長さだけ気をつけて切っていく。丁寧にバナナを剥いて渡してきた2人も、しまいには叩きつけるように置くようになった。この野郎、手に当たると痛いだろうが。

作業する方は必死。しかしやっている事は単純作業。だんだんと緊張感が欠けてくる。バナナについて色々な事を連想する。♪バナナがいっぽん ありました♪で始まる『とんでったバナナ』(※リンク先で音が出る)やアニメ【ハイスクール!奇面組】の主題歌だった、うしろゆびさされ組『バナナの涙』が高速回転で脳内に流れていく。小学校の遠足の時「バナナはおやつに入るんですか」と聞く奴が必ずいたな、なんて事も思い出す。
無心になろうと意識するほど、余計な事を考える。そして思考力は落ちる一方。「そういえば[なかやま えみり]と[へんみ えみり]は、どっちの名前がカタカナだったか」 その疑問が頭に浮かんだ時、私の手は止まってしまった。バナナ抜きで流れていくスポンジ。コンベアーは停止され、私は謝った。各々がミスを犯したので、停止する事数回。慣れないうちは難しい。{正解は中山エミリと辺見えみり}

深夜3時を過ぎると、睡魔が襲ってくる。仕事前に仮眠を取っていても、疲れが出てくる時間帯。チラチラ掛け時計を見るが、一向に針が進まない事に腹が立つ。工場には窓がなく、時間の経過が実感できない。時よ、早く過ぎ去ってくれ。
それでも5時を越えると眠気のピークは過ぎ、だんだんと気分がハイになってくる。「残り30分」「ラスト15分」 頭の中ではカウントダウンパーティーを開催中。そして勤務が終わった時は、本当にホッとした。共に働いた人々に友情を感じた。賞味期限間近のパンを貰って家に帰り、泥のように眠った。

パン工場の仕事は3回くらいやったが、それ以上は行かなかった。前述した通り家からかなり遠かったし、仕事もキツかったからだ。何回か誘いの電話を受けたので、いつでも人手が足りていないようだった。現場で働いている人も10代後半~20台半ばが多い。体力がないと勤まらない仕事なのだろう。

私はその日以来、○ごとバナナを口にしていない。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/222-ba93c9de

0件のトラックバック

8件のコメント

[C230] あぁされど流れ作業・・・

大変でしたね・・・しかも夜中ぶっ通し。

私もNZでムール貝の殻剥きしました。同じように白衣、長靴、あと耳栓(マスク?)して。騒音がひどい所だったんです。

茹で上がった貝がドドーーーッと流れてきて、それを必死で剥いて、引っかかってるごみを取り除いて・・・カウンターが付いていて8千個行くとちょっと時給アップでした。3時間だけでしたけど、たちっ放しでかなりきつかった~でもあぁいうところで働いてる、5,60代のおばちゃんは元気なんですよね。

これが日本にも輸出されて、日本人の口に入るんだろうな~とかいろんな妄想してました、私も。

日本でもPS2の組み立て作業のオイシイバイトがあり、やってみようかと一時期思ったことありますが、知り合いでやった人がおり、それまた同じ・流れ作業の繰り返しでかなりハードだったらしいです。

原田宗則の小説で、彼も大学時代バイトで工場で働いたことがあったらしく、彼の友人の作業が、”あんまん”のテッペンに3つの赤いポチをひたすら付ける作業だったらしく、仕事後、目の前は赤いポチがしばらく離れなかったそうです。だいぶ前に読んだエピソードですが、おもしろくて今でも覚えてます。

  • 2006-03-30
  • きりんじんべ~
  • URL
  • 編集

[C231] きりんじんべ~さん

おお、ムール貝ですか。もしかしたら私は食べた事がないかも
しれませんが、美味しいみたいですね。しかし作っている現場は
過酷ですね。8千個だと、どれくらい時間かかるんでしょうね。

原田宗典(漢字が1字違いますね)が書いたその話は、私も
覚えてますよー。高校生の時ぐらいに、エッセイで読みました。
今回この記事を書いていて、やっぱり思い出しましたね(笑)

[C232]

ちょっと前までは○ごとバナナ結構好きでよく買ってました。
でもクリームがおいしくないし量が多いのでいくら安くても
最近は買ってませんね。
今日も100円で特売してましたけど。

ワタシはプラモデルのプラカラーの工場でバイトしたことあります。
よくシンナー中毒にならなかったと思うくらい危険な匂いが
充満してました。(@_@)

[C233] エリさん

ふふ、特売で売っていましたか。私の利用するスーパーには
置いてないのですが、コンビニではよく置いてありますね。
安いなりの味しかしない、というところでしょう。

プラカラーの工場ですか。あのツーンとした匂いが漂っている
のなら、かなりの刺激でしょうね。働いている人への負担は
あるでしょうね、やっぱり。まあ、そういう職場は色々とあるの
でしょうが。

[C234]

がぁーん!!
丸毎ばななは良く食べています…。母も私も大好きで。
アルコール漬け?になっていたとは知りませんでした。
しかも黒ずんでいるなんて。(倍率ドン!)

こういう食品系でバイトしたことのある人たちは、
必ずその後は食べなくなったって言いますよね…。
私の友達もミ●ドでバイトしていましたが、その後
ドーナツを絶対に買いたくないと言っていました。
おそろしやー!!

そういえば「みんなのうた」でバナナが食べられる無常さ
みたいのを歌っていた曲があったのを思い出しました…。
単純作業ってホント訳のわからない思考がとめどなく
展開されてしまいますよね。

[C235] 15さん

むむ、大好きですか。でしたら、ショックを受けたかもしれ
ませんね。保存する液体がアルコールだったかどうかは
確証はありませんが、皮がやけに黒かったのは覚えて
います。(「倍率ドン!」とは懐かしい表現ですね)

大量生産している食べ物やファーストフードは多かれ少な
かれ似たような状況かもしれません。値段が安い理由は、
企業努力だけではないのでしょう。ま、事情を知っていても
食べる人は食べますけどね(笑)

[C238] 私も・・・

まず、「山○パン」と聞いて、鳥肌実の自己紹介を思い出しました。
「山○パン高井戸工場、サンドイッチ班ピクルス担当」ってヤツですねw
(関係のない話でスミマセン)

私も学生時代、まるごとバナナが大好きでした。
ちとショックでした・・・。


  • 2006-04-02
  • et nico
  • URL
  • 編集

[C239] et nicoさん

鳥肌実についてはよく知らないのですが、山○パンの
契約社員という設定のようですね。
記事がショックな内容だったらすみません。
  • 2006-04-02
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。