Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/220-2b64d128

-件のトラックバック

[T13] ダヴィンチ・コード

ダン・ブラウン, 越前 敏弥 ダ・ヴィンチ・コード(上) そこ、読むのが遅いといわない!しょうがないじゃん、図書館の予約はおかしいことになってるし、ハードカバー買うお金ないし。というわけで、昨日、今日の電車の中で読み終わりました。ホントは1日1冊

[T14] 『ダヴィンチ・コード』-本の方が面白いかな

The Da Vinci Code宗教的なバック・グランドが日本人には馴染めない、というような感想が多いこの映画ですが、アメリカ的なエピソードを一つ。*キリストの真実に関するネタバレに興

[T20] ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン

「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に面白く、

-件のコメント

[C214]

読みましたよ~、ダヴィンチコード。
何て言うか、落ち着けない本でした…。
つねに主人公達が危うい状況にいるので、安心して
謎解きをするような余裕もなく、
ついつい私は禁じ手である「オチから読んじゃう」
という邪道を犯してしまったほどです…。

私はミステリが結構好きで、日本の作家の作品は
かなり読んでいるのですが、やっぱり、外国の
ミステリと日本のミステリって雰囲気が違いますね。

[C216] 15さん

主人公が常に危機的状況にいる、というのは「次がどうなるか」
興味をかきたてますよね。ああいう展開は巧いと思います。落ち
から読んでしまう、というのはどうでしょうねー。知ってしまったら、
読む気をなくしませんか?

私もミステリーを読む方ですが、外国の作品はこれが久しぶり
でした。確かに趣は違いますね。
  • 2006-03-25
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C222] どうも!

コメント遅くなりました!またTBありがとうございます!うれしいです~

私も読み終わりましたよ!!!犯人当てをしていましたが・・・・私はハズレました。。。ヒントまで読んだのに。ハハ。ミステリーとか推理小説好きなんですけど、犯人を当てるのは下手なんです。

賭けていたパリのうな重は高いだけで、とてもまずいところらしいので、その話はいつの間にか忘れ去られました・・・おごる羽目にならなくて良かったんですけどね★

あと、ガチャピンさんが言うように、なんかいいのそんなウダウダしてていいの??っていう場面もいくつかあって、早く先へ進んでほしかったところもあります。そういう場面は映画では省かれているといいのですが。

【ヴィジュアル愛蔵版】も中身、拝見しましたが、さらにキリストの歴史などが知ることができて、とても興味あります。いつか読んでみたいです。


書いている謎は事実に基づいている・・・・盗作など言われているけど、そういうのを抜きにして考えるとほんとすごいな~~彼はどれくらい研究したんだろう。

あの方の血を受け継いでいる人は現在この世にいるのでしょうか?この本を読んでからいろいろ思い巡らせています。

パリにいるうち”ダヴィンチツアー”を自分でしようかなって考えてます。写真といっしょにブログで紹介したいな~

  • 2006-03-27
  • きりんじんべ~
  • URL
  • 編集

[C224] きりんじんべ~さん

挨拶どうもです。読んだ時期が近かった事もあり、TBさせていただきました。

犯人外れちゃいましたか。私も当てるのは苦手な方ですが、今回は登場
人物が少なかったせいか、迷わずに済みました。うな重を奢らなくて良かっ
たですねー。

小説では会話の量が多かったですが、映画では映像がそれを補うように
なっているんじゃないかと思います。ただのよくあるサスペンスで終わら
なければいんですが。

あの方の血を受け継いでいる人ですか…。仮にいたとしても、それに価
値があるのか、個人的には疑問なんですよ。長い時間が経てば、その
間に色々な事が起きますしね。

小説に登場する場所や絵画は、↓のページで観られます。
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200405-05/photo01.html
でもせっかくパリにいらっしゃるんだから、生で見るのが1番でしょうね。

[C226] HP見ました!

すみません、途中で投稿してしまいました・・

そのHPすごいですね。スマート車まで・・・私も見つけたら撮ろうと思ってましたが。じゃ、わたしは赤いのをめざして★

イギリスのHPを検索していると、かなりこの本に基づいたツアーがたくさんありました。

せっかくパリにいるし、映画が公開される前にと、昨日プランを練り、今週末天気がよければツアーを実行するつもりです。

それでは♪
  • 2006-03-28
  • きりんじんべ~
  • URL
  • 編集

[C227] きりんじんべ~さん

再びコメントくださり、どうもです。リンクしたHPは出版元の角川
書店のやつなんで、充実しているのも当然かもしれません。
画像のサイズは小さいですけどね…。

ツアーをされた場合は、記事にアップされるのを楽しみにして
いますよ。相変わらず学生などの暴動が起きているようです
から、きりんじんべ~さんも気をつけてくださいね。

[C326]

TBサンクスです!
  • 2006-04-30
  • チュチュ姫
  • URL
  • 編集

[C327] チュチュ姫さん

どうもです。以前MSNでTBをお願いした事があって、
今回もさせてもらいました。こちらで記事のリンクを
していますので、そちらからのTBは要らないと思い
ますよ。

[C401] あれ、本当だ!

リンク、ありがとうございました。今回映画も観ましたので、TBさせていただきます。そちらからもどうぞ!
  • 2006-05-24
  • チュチュ姫
  • URL
  • 編集

[C402] チュチュ姫さん

映画ごらんになったんですね。そちらからのTBは受け付けます
けど、私からはしなくていいですよ。既に書評の記事にしてあり
ますし、私が映画について書いているわけじゃないですから。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ダン・ブラウン【ダ・ヴィンチ・コード】

あなたは人目のお客様です。

ダン・ブラウン【ダ・ヴィンチ・コード】 The Da Vinci Code

 著者 ダン・ブラウン
 翻訳 越前敏弥
 出版社 角川書店
 初版:2004/5/31
 頁数:文芸書(上)334P (下)318P
     文庫(上)296P(中)284P(下)278P
 価格:文芸書(上)(下) 各1890円
     文庫(上)(中)(下) 各580円


  
評価:75点


◆あらすじ
閉館後のパリ・ルーブル美術館で、館長のジャック・ソニエールが何者かに殺害される。調査に乗り出した警察は、殺害された夜にソニエールが1人の男と会う予定だった事を知る。男の名はロバート・ラングドン。ハーバード大学の教授である。ホテルにいた彼は殺害現場へと連れていかれ、館長の死体と直面する。そこには奇妙なダイイング・メッセージが残されていた…。

この作品に関する大きな魅力が2つある。1つ目は現世のサスペンス・スリラー。ラングドンと彼の協力者であるソフィー・ヌヴーは「誰が」ソニエールを殺し、「なぜ」殺されたのか推理する。そして彼が何か秘密を持っていた為に殺された事に気づく。その内容について探ろうとするのだが、様々な障害が立ちふさがる。それらを乗り越え、かわしていく様に読者はドキドキさせられる。話の引っ張り方が巧みで、読者を惹きつける。

ただイライラさせられる部分もある。例えば「この局面を打開するには○○すればいいだろうな」と思っても、登場人物がやけにモタモタしていたり、「さあ、絶体絶命のピンチであります。ラングドンはこの危機をいかに乗り越えるのでありましょうか」と、紙芝居のようにもったいぶるシーンが時々見られる。さっさと話を進めて欲しい。また登場人物が少ない為に、犯人がわかりやすい。途中で「まずコイツだろうな」と気づく方が多いだろう。全体的にテンポはいいのだが、ストーリーを無理矢理ハッピーエンドにまとめている印象を受ける。

ラングドン達が追いかける秘密とは、キリスト教に関する事。「ローマ・カトリックが主張している事、新約聖書に書いてある事は事実ではない。かつて闇に葬り去られた幾多の真実があり、今でも失われていないものが存在する」…と、いう論調で記されている。これが本書の2つ目の魅力歴史のミステリー。登場人物達は絵画・宗教・象徴・暗号学を用いてその謎に挑む。そして謎を解く鍵の1つが、題名にも含まれたレオナルド・ダ・ヴィンチの作品である。「【モナ・リザ】や【最後の晩餐(ばんさん)】といった誰もが知っている絵には、隠された意味がある」と本書は主張している。他にも多くの芸術作品が取り上げていて、作品中には薀蓄(うんちく)が溢れている。「緊迫した場面でよくもそんなに喋るな」という事くらい、登場人物が語る。
そういった情報もまたこの作品の魅力だが、歴史や美術について基礎知識のない人は楽しみが制限される気がする。作品中に絵などの資料はほとんどない。下巻に【最後の晩餐】の絵があるくらいだ。わかりにくいという声があったのか、
【ヴィジュアル愛蔵版】というものも作られた。こちらは小説と共に資料がカラー写真でふんだんに盛り込まれ、わかりやすい。ただ定価が4725円と高額。簡単には手が出しにくい。

キリスト教は西洋史で重要な位置を占める。その為、大学受験などで世界史を学んだ人が、読者として向いているのかもしれない。「ニケーア公会議」「カタリ派」「アルヴィジョワ十字軍」といったキーワードが登場する。だが忘れている方や、あまり知らない方も多いはず。より詳しく知りたい人は、幾つも存在する副読本を併せて読むといい。私が読んでみたのは【ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く 世界的ベストセラーの知的冒険ガイド】中身は用語集。内容が小説と対応していて、核心部分についても詳しく書かれている。小説を読み終えた後に目を通すといいだろう。
この作品について、著者のダン・ブラウンは「書かれている謎は事実に基づいている」と主張する。膨大な資料を調べた結果なのだと。ただ、これに対し強い反論があるのも事実である。「書いている事の根拠がどこにも見あたらない」「話のベースになっているのは他の人が書いた5~10冊の研究書で、著者はそれを孫引きしただけ」など。盗作だと、裁判も起こされている。世界で3800万部、日本でも400万部以上売れたという大ベストセラー。やっかみもあるかもしれない。ただ読者としては、主張を鵜呑みにするのは避けた方がよさそうだ。

この作品は映画化され、今年の5月20日に全世界一斉に公開される。ロバート・ラングドン役はトム・ハンクス。ソフィー・ヌヴー役にはオドレイ・トトゥ。時間の制約もあり、サスペンス的要素を重視した仕上がりになっている模様。こちらもかなりヒットしそうだ。

-----------------------------------
『どいつぱりプらぷら生活』のきりんじんべ~さんも最近この本を読んだそうだが、現在パリで生活している為、小説の舞台に行けるとの事。羨ましい。この小説がなくとも、ルーブル美術館は1週間くらい見て回りたいものだ。

また『姫のお楽しみ袋』-映画の前に、読んで置くか! ダヴィンチ・コード 【書評】ではキリスト教の思考について触れていて興味深い。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/220-2b64d128

3件のトラックバック

[T13] ダヴィンチ・コード

ダン・ブラウン, 越前 敏弥 ダ・ヴィンチ・コード(上) そこ、読むのが遅いといわない!しょうがないじゃん、図書館の予約はおかしいことになってるし、ハードカバー買うお金ないし。というわけで、昨日、今日の電車の中で読み終わりました。ホントは1日1冊

[T14] 『ダヴィンチ・コード』-本の方が面白いかな

The Da Vinci Code宗教的なバック・グランドが日本人には馴染めない、というような感想が多いこの映画ですが、アメリカ的なエピソードを一つ。*キリストの真実に関するネタバレに興

[T20] ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン

「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に面白く、

10件のコメント

[C214]

読みましたよ~、ダヴィンチコード。
何て言うか、落ち着けない本でした…。
つねに主人公達が危うい状況にいるので、安心して
謎解きをするような余裕もなく、
ついつい私は禁じ手である「オチから読んじゃう」
という邪道を犯してしまったほどです…。

私はミステリが結構好きで、日本の作家の作品は
かなり読んでいるのですが、やっぱり、外国の
ミステリと日本のミステリって雰囲気が違いますね。

[C216] 15さん

主人公が常に危機的状況にいる、というのは「次がどうなるか」
興味をかきたてますよね。ああいう展開は巧いと思います。落ち
から読んでしまう、というのはどうでしょうねー。知ってしまったら、
読む気をなくしませんか?

私もミステリーを読む方ですが、外国の作品はこれが久しぶり
でした。確かに趣は違いますね。
  • 2006-03-25
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C222] どうも!

コメント遅くなりました!またTBありがとうございます!うれしいです~

私も読み終わりましたよ!!!犯人当てをしていましたが・・・・私はハズレました。。。ヒントまで読んだのに。ハハ。ミステリーとか推理小説好きなんですけど、犯人を当てるのは下手なんです。

賭けていたパリのうな重は高いだけで、とてもまずいところらしいので、その話はいつの間にか忘れ去られました・・・おごる羽目にならなくて良かったんですけどね★

あと、ガチャピンさんが言うように、なんかいいのそんなウダウダしてていいの??っていう場面もいくつかあって、早く先へ進んでほしかったところもあります。そういう場面は映画では省かれているといいのですが。

【ヴィジュアル愛蔵版】も中身、拝見しましたが、さらにキリストの歴史などが知ることができて、とても興味あります。いつか読んでみたいです。


書いている謎は事実に基づいている・・・・盗作など言われているけど、そういうのを抜きにして考えるとほんとすごいな~~彼はどれくらい研究したんだろう。

あの方の血を受け継いでいる人は現在この世にいるのでしょうか?この本を読んでからいろいろ思い巡らせています。

パリにいるうち”ダヴィンチツアー”を自分でしようかなって考えてます。写真といっしょにブログで紹介したいな~

  • 2006-03-27
  • きりんじんべ~
  • URL
  • 編集

[C224] きりんじんべ~さん

挨拶どうもです。読んだ時期が近かった事もあり、TBさせていただきました。

犯人外れちゃいましたか。私も当てるのは苦手な方ですが、今回は登場
人物が少なかったせいか、迷わずに済みました。うな重を奢らなくて良かっ
たですねー。

小説では会話の量が多かったですが、映画では映像がそれを補うように
なっているんじゃないかと思います。ただのよくあるサスペンスで終わら
なければいんですが。

あの方の血を受け継いでいる人ですか…。仮にいたとしても、それに価
値があるのか、個人的には疑問なんですよ。長い時間が経てば、その
間に色々な事が起きますしね。

小説に登場する場所や絵画は、↓のページで観られます。
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200405-05/photo01.html
でもせっかくパリにいらっしゃるんだから、生で見るのが1番でしょうね。

[C226] HP見ました!

すみません、途中で投稿してしまいました・・

そのHPすごいですね。スマート車まで・・・私も見つけたら撮ろうと思ってましたが。じゃ、わたしは赤いのをめざして★

イギリスのHPを検索していると、かなりこの本に基づいたツアーがたくさんありました。

せっかくパリにいるし、映画が公開される前にと、昨日プランを練り、今週末天気がよければツアーを実行するつもりです。

それでは♪
  • 2006-03-28
  • きりんじんべ~
  • URL
  • 編集

[C227] きりんじんべ~さん

再びコメントくださり、どうもです。リンクしたHPは出版元の角川
書店のやつなんで、充実しているのも当然かもしれません。
画像のサイズは小さいですけどね…。

ツアーをされた場合は、記事にアップされるのを楽しみにして
いますよ。相変わらず学生などの暴動が起きているようです
から、きりんじんべ~さんも気をつけてくださいね。

[C326]

TBサンクスです!
  • 2006-04-30
  • チュチュ姫
  • URL
  • 編集

[C327] チュチュ姫さん

どうもです。以前MSNでTBをお願いした事があって、
今回もさせてもらいました。こちらで記事のリンクを
していますので、そちらからのTBは要らないと思い
ますよ。

[C401] あれ、本当だ!

リンク、ありがとうございました。今回映画も観ましたので、TBさせていただきます。そちらからもどうぞ!
  • 2006-05-24
  • チュチュ姫
  • URL
  • 編集

[C402] チュチュ姫さん

映画ごらんになったんですね。そちらからのTBは受け付けます
けど、私からはしなくていいですよ。既に書評の記事にしてあり
ますし、私が映画について書いているわけじゃないですから。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。