Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/217-9a45720a

-件のトラックバック

-件のコメント

[C197] いつもありがとう

いつもコメントをサンキュー。明日の決勝戦楽しみですね。君の
スポーツコラム、市民記者としての成長はあるのでしょうか?
それとも、もうどこかで発表しているのかな。

[C198] Hさん

スポーツコラムを書いてはいるけど、市民記者というほどでも
ない。現在発表の場はこのブログだけだね。

それと、君は恐らく韓国戦に関する記事にコメントを書き込んだ
つもりだろうが、記事が間違っていたので移した。ちゃんと確認
してくれよ。滅多にコメントしないから、そういう誤りを犯すのさ(笑)
  • 2006-03-21
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C199] キューバにも勝ちましたね。

今回のWBCはイチローの熱い部分が垣間見られたと思います。
いつもいい意味でも悪い意味でもクールな彼が熱くなってこのチームをひっぱってくれたと思いますね。
このコメントはフライングかな。
  • 2006-03-21
  • 3本橋のmaah
  • URL
  • 編集

[C200] 3本橋のmaahさん

ええ、勝ちましたね。今大会を通じて、イチローの新しい
面を知った人も多いと思います。

フライングという言葉が適切かどうかわかりませんが、
ご自身の意見があるなら自分のブログなり、どこかの
BBSに書き込む方法もあるんじゃないでしょうか。
  • 2006-03-21
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

日本はなぜ韓国に勝てたか

あなたは人目のお客様です。

前の記事で日本の野球に関する問題を幾つか指摘したが、この試合ではそれらを克服する姿勢が見られた。まずスタメンで「1-青木 2-西岡 3-イチロー」としてきた事。王監督は「打線のつながりを作る為にイチローを3番に入れた」と試合後に語ったが、それ以上に大きいのは福留が外れた事。これまでの6試合で19打数2安打、打率が約1割しかなかった彼が外されるのは、ある意味当然である。しかし、これまでそれが出来なかった。

上原は7回を投げて被安打3、8奪三振で韓国打線を零封試合を作ったのは上原浩治。丁寧なコントロールとスライダー、フォークボールを使い分け、韓国打者を押さえた。国際大会に滅法強い特長を活かしていた。試合前日の記者会見では「韓国の応援は確かにすごいが、うるさいだけ。甲子園の阪神戦の方がもっとすごい。球場が揺れるから」とは話し、日本人記者を笑わせていた。肝の太さは一級品か。彼が7回を無失点で投げきった事は非常に大きい。4回裏には、レフト多村がイ・ジョンボョムの打球にジャンプして好捕する場面も見られた。一方、日本は韓国先発ソ・ジェウンを打ち崩せない。得点圏に進めるも、チャンスを活かせない場面が続く。


試合が動いたのは7回表。松中が二塁打で出塁した後、多村が三振に倒れる。ここで今江の代打で起用したのが福留孝介。カウント1-1からの3球目、真ん中のストレートを叩いた打球は右翼席へと飛び込んだ。「MLBで最もホームランの出にくい球場」といわれるペトコ・パークで、会心の一打。2-0と、日本が先制した。
王監督は福留の代打起用の理由を、「昨日の練習と今日の試合前練習でバットが振れてきていると思ったので、どこかの場面で使いたいと思っていた。あそこの場面では福留君しかいないと思った」と語った。

スタメン落ちした福留だったが、7回に代打で登場し先制の2ランを放つ本来、韓国はここで左サイドスローのク・デソンを投入する場面だった。ここまでの6試合で8回1失点という抜群の安定感で、左打者にとっては嫌な存在である。だが彼は前回の登板で左わき腹を痛め、この日は投げられる状態ではなかった(この事は試合後まで伏せられていた)。日本にとってはツキがあったと言える。
福留にHRを打たれたキム・ビョンヒョンは続く小笠原に死球を与え、里崎にはレフトへのエンタイトルツーベースを打たれる。3-0。リードは広がった。投手交代で凌ごうとする韓国だったが、5人目のソン・ミンハンが捕まる。(青木の代打に送られた)宮本、西岡、イチローの3連打で更に2点追加。この回で一気に5点を奪った。ここでも冴えたのが、宮本の代打起用である。既に今江を代えた事で三塁手を入れる必要はあった。福留をセンターに置く為、青木を下げる事は規定路線だったろう。しかし、攻撃が終わった後の守備固めという案もあったはず。そこを代打で使い、タイムリーを打ったのだから監督としてはしてやったり。期待に応えた宮本も立派である。

8回表からマウンドには薮田が登る。走者を2人出し、二死で迎えたイ・ジョンボム。ここで打たれると一気に試合の流れが変わる場面だったが、初球の変化球を打たせてショーとフライ。ピンチを凌いだ。その裏には、多村がソロHRを放つ。彼は当たれば飛ぶ。7回にはバントをやってまた失敗したが、そういう事には向かないので監督は諦めた方がいいだろう。「多村は不器用」という事は、横浜ファンのこたつネコさんも認めているところ(←リンク先では、「アメリカがなぜWBCをやりたがったか」記されていて興味深い)。
9回裏のマウンドに上がったのは大塚。昨年までパドレスに在籍していた彼は、元本拠地という事で気合が入りまくり。「三振を取る」という強い意思が感じられた。四球を1つ出したものの後続を断ち切り、ゲームセット。6-0と完封勝利を飾った。結局上原-薮田-大塚は、韓国で好調だった2-イ・ジョンボムと3-リ・スンヨプを、8打数1安打に抑えきった。彼らとチームの守備は評価すべきである。

以上の事をまとめてみると、
 ・調子の悪い選手をスタメンから外した。
 ・投手交代と代打起用の駆け引きで先手を握り、また選手が期待に応えた。
 ・投手と守備陣が、韓国打線に得点を許さなかった。

と、いった事がこの試合の勝因と言えるだろう。むろん、誤審がなかった事も大きい。

日本は韓国に感謝しなくてはいけない。こういった野球をするチームになれたのも、この好敵手がいてこそ。「本来の力を出せばこんなもの」と言う人もいるが、これまで出せなかったのだから、そう言うのはおこがましいだろう。

試合後に抱き合う上原とイチロー2次リーグの韓国戦で敗れた後、敗因を聞かれてイチローは「なんでしょうね…」と10秒近く考え込み、「ここでは言えないですね。裏でなら言えるけど。力の差はない?それも言えないですね」と語った。その彼が、準決勝後には仲間とハイタッチや抱擁を繰り返した。 「最高の気分。みんな頼もしい。素晴らしい選手たちですよ」 どうやら、手応えをつかんだらしい。

決勝戦の相手は、アテネ五輪金メダルにしてアマチュア最強のキューバ。頂点を目指し、日本は最後の戦いに挑む。


※TBS系で報じられたこの試合の平均視聴率は36.2%(ビデオリサーチ、関東地区)。
  瞬間最高視聴率は、大塚晶則投手が韓国の最後のバッターを三振に打ちとった
 15:45の50.3%だった。関西地区の平均は35.0%、最高は47.7%(15:46)。

↓の記事では、実際にスタジアムで観戦した方の写真が見られる。マスコミの写真とは
また違った味わい。
 『ぷらねっとぐりーんのBlog出張所』 :WBC準決勝-日韓戦 現地観戦記と写真

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/217-9a45720a

0件のトラックバック

4件のコメント

[C197] いつもありがとう

いつもコメントをサンキュー。明日の決勝戦楽しみですね。君の
スポーツコラム、市民記者としての成長はあるのでしょうか?
それとも、もうどこかで発表しているのかな。

[C198] Hさん

スポーツコラムを書いてはいるけど、市民記者というほどでも
ない。現在発表の場はこのブログだけだね。

それと、君は恐らく韓国戦に関する記事にコメントを書き込んだ
つもりだろうが、記事が間違っていたので移した。ちゃんと確認
してくれよ。滅多にコメントしないから、そういう誤りを犯すのさ(笑)
  • 2006-03-21
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C199] キューバにも勝ちましたね。

今回のWBCはイチローの熱い部分が垣間見られたと思います。
いつもいい意味でも悪い意味でもクールな彼が熱くなってこのチームをひっぱってくれたと思いますね。
このコメントはフライングかな。
  • 2006-03-21
  • 3本橋のmaah
  • URL
  • 編集

[C200] 3本橋のmaahさん

ええ、勝ちましたね。今大会を通じて、イチローの新しい
面を知った人も多いと思います。

フライングという言葉が適切かどうかわかりませんが、
ご自身の意見があるなら自分のブログなり、どこかの
BBSに書き込む方法もあるんじゃないでしょうか。
  • 2006-03-21
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。