Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/202-a29f3ad0

-件のトラックバック

[T7] トリノ五輪 女子フィギュアを音楽で振り返る(1~5位)

荒川静香選手、金メダルおめでとう~!!夜も眠れずに、結局ずっとずっとテレビに釘付けでした。おかげでだいぶ時間の経った今でも、頭の中をトゥーランドットのメロディーがぐるぐるぐるぐる渦巻いてる状態です。皆さんもうご覧になりました?それにしても、素晴らしかった

-件のコメント

[C91] なんだか気の毒で…

「勝てば官軍」ということで荒川さんは随分持ち上げられてますが、
個人的にはフィギュアの皆さんは気の毒だったと思います。
なにしろ、昨年の秋ぐらいから彼女らの顔がテレビに出ない週は
なかった、というぐらいですから。
まあ、荒川さんは、長野五輪で「天才少女」とチヤホヤされたり
その後ちょっと不調になると「限界」とか、「ハタチ過ぎればタダの
人」とか、それってあんまりじゃん?みたいな言われ方をされてた
人ですから、今回のメダルで舞い上がることはないだろうと思う
ので、その点だけは少し安心ですが・・・

そういえば、荒川選手は2004年の世界選手権で優勝した後、
「引退してスポーツ記者になろうかと思った」そうです。
彼女のスポーツ記事も読みたかったような気がします。

[C92] 安藤美姫はかわいそうでしたね。

彼女を見ていると『長野オリンピックの荒川選手』とダブりますね。
多くの取材陣といい、出場時現役高校生とかね。
それと、取材のとき『父親のこと』を絡めた質問をしたレポーターがいましたね。
あれは『緘口令』が敷かれていて言わない約束でしたのにねまたやってしまったのかあそこの局はとおもいました。
荒川さんはおめでとう。と言いたいですね。
一流のプロの条件は『オリンピックの金メダル』が優先条件と聞いたことがありますからアメリカ、ヨーロッパのアイスショーにひっぱりだこと思いますね。
  • 2006-02-26
  • 3本橋のmaah
  • URL
  • 編集

[C93] お久しぶりです^^

お知らせいただいてから、覗かせて頂いてました☆
コメントが遅くなってごめんなさいm(。-_-。)m
フィギュアスケートは個人的に、小学生の頃から
好きでしたけど、今回は盛り上がってるだけあって
余計に楽しみでしたねぇ。荒川選手と村主選手って
仲が悪い…というかライバル?知らなかったです。。
ちなみに私は3人の中ならみきティーかなぁ(・・* )

[C94]

各選手、それぞれ皆がんばったし、エンジョイしただろうし、おつかれさまです!と私は言いたいです♪皆きっと次回のオリンピックやそのほかの大会に向けてまた練習する意欲がきっと燃えたと思います。

でも、今日のニュースで

http://www.mainichimsn.co.jp/today/news/20060227k0000m050055000c.html

を見たのですが・・・コレを読んで、このおっちゃん頭固すぎだと思いました。メダルが1個しか取れなかったから国民に謝りたいなんて。。オリンピックの本来の目的って一体何なんでしょう。なんかちょっと悲しくなりました。

  • 2006-02-27
  • きりんじんべ~
  • URL
  • 編集

[C95] あ、すみません。さっき貼ったURL・・

↑に貼ったURLどうやら記事に移動しないようです。すみません。内容はMSNの毎日新聞のニュースにでている「トリノ五輪:「成績不振は徹底分析」 遅塚選手団長」というタイトルの記事です。
  • 2006-02-27
  • きりんじんべ~
  • URL
  • 編集

[C96] Cassさん

確かに、「勝てば官軍」という雰囲気ですよね。荒川が金メダルで
大団円という形になってはいますが、この半年くらいどうでもいい
事まであれこれ言われてましたからね…それは本当に気の毒
だったと思います。荒川自身は今後スキャンダルなどに注意して
欲しいです。今はプラス面ばかりの報道が目立ちますが、そういっ
た趣旨の記事も出てくるでしょう。
彼女のスポーツ記事は、私も読んでみたかったと思います。ただ
こういう状況になると、実現は難しいでしょうね。
  • 2006-02-27
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C97] 3本橋のmaahさん

お久しぶりです。ブログのサービスを変えてからコメントをいた
だくのは、これが初めてでしたね。mixiは楽しく使われてますか。

長野の荒川とトリノの安藤ですかー。確かにマスコミの取材熱
で通じるものがあるかもしれません。安藤が泣いた件について
質問した記者は、他の人間から疎まれた事でしょう。

荒川にとっての1つの夢はアイスショーでしたから、これで色々な
国の舞台に立てるでしょうね。彼女には夢の続きを見てもらいたい
ものです。
  • 2006-02-27
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C98] amiさん

どうもご無沙汰してます。荒川と村主の仲が悪い事は、その業界
では有名な話のようです。年齢的に村主が1つ上で大学が同じ、
荒川が長野の、村主がソルトレークの代表という事でこれまで
女子フィギュアを牽引する2人でした。個人競技という事もあり、
ライバル意識は相当高いですね。今回メダルが取れなかった
事は、村主にとって本当に悔しいでしょう。
実力と人気両方あるのは難しい事ですが、もし安藤が金メダルを
取っていたら、人気は天井知らずに上がっていたでしょうね…。
これで彼女の周りが、少し静かになるといいんですが。
  • 2006-02-27
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C99] きりんじんべ~さん

今回の大会を最後に現役を退く選手も多いと思いますが、戦った
選手達には「お疲れ様」と言いたいですね。彼らにとって良い経験
になったならいいんですが。当人の意思とは関係なしに「また4年
後がある」なんて言うメディアは、放っておいていいと思います。

記事はURLがちょっと違ってますね。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060227k0000m050055000c.html

きりんじんべ~さんのおっしゃりたい事もわかりますが、彼の
立場上謝らざるをえないでしょう。メダルが取れない事で有名に
なってしまった人物なので。
  • 2006-02-27
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C100] マスコミは騒ぎすぎ

トリノ五輪、いまいち盛り上がらなかったのかもしれませんが、今までのオリンピックの中で一番没頭したというくらい、トリノ、見てしまいました。

今回、安藤選手はどう考えたってメダルなんか無理なのに、なんだかんだと祭り上げて騒ぎすぎたマスコミ、まぁ、そんなもんだとはわかっていてももうちょっとなんとかならんのか!と言いたい。メダルは4回転だけでとるものじゃないでしょう。彼女が一番気の毒でした。
ただ、彼女が荒川選手の強さを間近で見て、どんな風に感じたのか、今後どういう方向を目指していくのか、興味があります。もう少しだけ、彼女を広告塔としてなどでなく、ちゃんとフィギュアの選手としてまわりも見てあげられたらいいのに。。。と思いますが、もうすでに彼女ファンがいっぱいいるからそれは無理なんでしょうかね。

荒川選手、金メダルが確定した時よりも自分の得点を目にした時の方が喜んでいたように思えて、あぁ、この人は本当にこの場に「自分の演技をする」ことだけ考えてきたんだなぁ、獲るべくして獲った金メダルだなぁと思いました。

どうも長々とすみません。
TBも送らせていただいちゃいました。
では。

  • 2006-02-27
  • ChikoBeth
  • URL
  • 編集

[C101] ChikoBethさん

安藤については、「本人が4回転を望んで周りが止めなかったのか」それとも
「本人が4回転をせざるをえない状況に周りが追い込んだのか」、という問題が
あると思います。彼女には素質があるのかもしれませんが、上位を狙う為には
もう少し準備が必要だと思います。無理して怪我などをせぬよう、良い環境を
整えてあげたいですね。

> 荒川選手、金メダルが確定した時よりも自分の得点を目にした時の方が
> 喜んでいたように思えて
おー、なるほど。言われてみればそんな気がします。彼女がまず気にしていた
のは「自分の演技をしっかりと行う事」で、審査員がそれを見ていれば自然と
良い結果が伴う事をわかっていたのでしょうね。

昨日はTBをくださり、どうもです。最初「誰だろう?」と少し考えてしまい
ましたが、もう1つのブログがありましたね。曲の情報がわかって私も勉強に
なりました。
  • 2006-02-27
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C135] ご無沙汰していました。

1番興味のあったこの記事に遅ればせながらコメントさせていただきます。

荒川さんが金をとってから後日、NHKでこの半年ほど荒川さんを追い続けてきた様子を放送していました。
新採点方式で4点の難技を入れるために、相当な苦労をされてきたことがよく分かりました。
村主選手の技を思い返すと高得点のスピンやジャンプがないんですよね。でも素人目には2位3位の選手よりも伝わるものがありましたし、ミスも少なかったからもっと点がでてもいいのに・・・と思いましたが、これが新採点方式の現実なんですね。

安藤さんは、4回転の成功率をもっとあげてからやればいいのにと思っていました。でも、やらないといけない状況に追い込まれていたんでしょうね。

アテネ五輪体操男子団体の実況と同じ方が今回も実況されていたんですか!
「トリノオリンピックの女神は、荒川静香にキスをしました!!」のセリフは、何故「トリノオリンピックの女神は、荒川静香に微笑みました!!」じゃないのかと最初聞いたときに違和感を覚えたんです、私。
でも、何度もTVで聞くうちに「キスをしました!!」の方がしっくりいくように聞こえてきちゃうんですからおかしなものです。

他の記事もまたゆっくり読ませていただきますね。
  • 2006-03-09
  • chiakiichi
  • URL
  • 編集

[C136] chiakiichiさん

NHKでやっていた番組は、私も少し観ました。新採点方式でどう点数を取るか
解説があってわかりやすかったですね。荒川はしっかりと対策を練った成果が
出たという事でしょう。体操もそうですが、採点競技では基準が時々変わるの
でやっている選手は戸惑う事も多いようです。しかし、適応できない選手が好
成績をあげるのは難しいですね。村主も安藤もそれぞれ敗因はわかっている
でしょうから、分析して今後につなげていって欲しいと思います。けどまあ、五
輪に関しては「お疲れ様」と言いたいですね。

刈屋アナの実況については、言われてみればそうですね。「勝利の女神が
微笑む」という表現の方が、一般的かもしれません。祝福を与えるという意味で
キスを使ったのかな、と私は思いました。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

女子フィギュア日本代表

あなたは人目のお客様です。

2/24日本時間未明に行われた、トリノ五輪女子フィギュアスケートフリープログラム(FP)。ショートプログラム(SP)と併せた成績で、日本代表である安藤美姫は15位、村主章枝は4位、そして荒川静香は1位という結果となった。荒川は日本及びアジアで初めて五輪女子フィギュアで金メダルを獲得。日本選手団としても今大会初めて、そして唯一のメダルとなった。
この件に関し人々の関心は非常に高く、ポータルサイトgooの「過去48時間にブログで話題のニュース」ランキングでは上位5つのうち4つを常に「荒川静香」が占めていた。{24、25日調べ。残り1つは永田とかいう議員についてだが、入院先の病院で元気にカツ丼を食べている(東スポ)らしいので、放っておいてよろしい}

金メダルにキスする荒川静香私はFPを観ていたが、荒川の演技にミスはなかったように見えた。そこがサーシャ・コーエン(アメリカ)やイリーナ・スルツカヤ(ロシア)との決定的な差だと感じた。しかし専門家によると、勝負を分けたのは後半のジャンプの組み合わせだという。また村主の演技は鬼気迫る素晴らしいものだと感じたが、思ったより点数は伸びなかった。採点基準を理解していないので、判断する術がない。注目している人は勉強した上で観戦しているのだろうか?

それにしても、競技終了後の報道の多さには驚くばかりだ。他の競技でメダルがなかったせいか「せめて女子フィギュアだけは取材していた内容を生かす」という執念を感じる。また荒川の報道に関する変化にはちょっと笑ってしまう。昨年終盤で代表決定に至るまで盛んに報道される中、選手のルックスから若年層は安藤を、中年層は浅田真央を支持。荒川については「村主と仲が悪い」と週刊誌で報じられたり(事実そうだったようだ)、ファンからは「冷たい感じがして好きじゃない」という声も聞かれた。実力は3人の中でNo.1、メダルに最も近い存在とは言われていたが、トリノでも安藤の報道の方が多かったくらいである。しかし、勝てばこういう扱いを受けるという事か…。
 さて、ここでは数ある報道の中から秀逸な記事と画像を選び、まとめてみた。

●荒川、集大成の「金」 復活…氷の微笑解ける (産経新聞記事を一部補足 2/25)
トリノ五輪のフィギュアスケート女子で23日、荒川静香(24)=プリンスホテル=が金メダルを獲得した。日本勢の待ちに待ったメダルは最高の色。技術に裏打ちされた優美な演技で、アジア代表として初めて欧米中心の華やかな世界の頂点に立った。
フィナーレでスピンを続ける荒川の顔がほころんでいく。点数など意識にない。心が満ちていく。「氷の微笑」が解けていった。
「スケート人生の中で最高の舞台にしたいという思いが強かった。滑っていて、今、ここで滑れることがスケート人生の集大成になるなと不思議な感じがした」
その瞬間を飾るのは一番好きなこの曲しかなかった。2004年世界選手権で演じたイタリア人作曲家プッチーニのオペラ「トゥーランドット」。3つの謎を解けなければ求婚者の命を奪うという古代中国の王女の心を1人の王子が氷解させる物語だ。
劇中の3つ目の謎は「氷のごとく、そして燃えるものとは?」。情熱を内に秘めながら、凛とした表情で銀盤を舞う荒川の姿が重なる。
「この曲で世界チャンピオンになれたし、スケートが楽しいと思った転機の曲でもある。今回、それで最高のものに手が届いた。運命を感じた」
優勝した04年世界選手権を花道にプロに転向するつもりだった。だが、トリノ五輪を2年後に控え、世界女王の引退を周囲が認めるわけがない。練習には身が入らない。足のけがにも見舞われた。重圧も想像以上だった。連覇がかかった世界選手権で9位に沈む。
「もう一度満足して、達成感をもって辞めたい」。言われるままだった24歳が自分の意思を表し始めた。コーチを代えた。周囲は本番2ヶ月前の曲変更を冒険というが、譲れなかった。技術点の対象にならないものの、得意技の(レイバック)イナバウアーを長くみせるためプログラムを変えた。

荒川静香のレイバック・イナバウアー

5歳で初めてスケート靴を履いた。8歳で3回転ジャンプを跳んだ。日本スケート連盟の英才教育を受け、「天才型」と称されるが、輝く才能の陰で流した涙がある。世界チャンピオンになる前、単身渡った米国でホームシックに襲われた。柔軟性が求められるビールマンスピンを会得するのに5ヶ月かかった。
毛皮のコートをまとった欧米人が幅を利かせるフィギュアスケート界。頂点に立つには、バレエやダンス、クラシック音楽といった文化的素養が求められる。欧米人に比べ手足の短い日本人は容姿の面でもハンディを負ってきた。採点競技に付き物の、「先入観」や「差別」とも戦わなければならなかった。
過去、ジャンプやステップなど突出した技術を武器に世界選手権を制した伊藤みどり佐藤有香も五輪では夢を果たせなかった。伊藤が銀を獲得したアルベールビル五輪から14年。初めて同じ土俵で戦える選手が現れた。悠然とリンクを横断するスパイラル。優美に激しく舞うステップ。美技として固執したイナバウアーでは、両足を広げ166cmの恵まれた肢体を目いっぱい後方に反らした。観衆の心をつかみ、欧米の壁を破った。
表彰台の真ん中に立つと解放感がこみ上げてきた。日の丸を見つめながら歌う「君が代」に力がこもる。一夜明けて実感がわいてきた。「欧米以外で初の金メダルは、とてもすごいことだと思う」。さわやかな笑顔だった。

●母、村主、真央…だから荒川は強くなった (デイリースポーツ 2/25)
小学生時代から天才と呼ばれ、16歳で長野五輪代表。かつての少女は、浮き沈みを経て大人になり、2度目の五輪で金メダルを獲得した。
荒川の初めての挫折は02年ソルトレークシティー五輪代表選考。長野五輪は経験不足で13位に終わったが、周囲の期待は高かった。しかし「五輪に出たことで満足していた」荒川は、代表から漏れてしまった。わずか1枠を争う戦いに勝ったのは村主。長野では1歳年上のライバルに勝って代表になったが、立場は逆転。ともに新横浜のリンクが練習拠点だったが、村主と比較されることを嫌い、新横浜を逃げるように去った。
村主は五輪5位、同年の世界選手権3位と躍進した。それから荒川の顔つきが変わった。「リンク貸し切りを取ってくださいと仙台にやってくる。長野に出てからはバーンアウト(燃え尽き状態)になっていたけど、ソルトに行けなかったことで本当にやる気になった」と仙台時代に荒川を教えた長久保裕コーチ。努力家の村主の存在が天才肌の荒川を強くした。
母佐知さん(51)にも支えられた。昨季、荒川は米国でもがいていた。新ルールに対応できず、思い悩んでいた。一人暮らしする米国のアパートへ母が訪ねると、昔話に花を咲かせた。そして、いったん帰国しようとした母に「どうせまた来るのなら、もう少しいたら…」と言った。めったに弱みを見せない娘の気持ちを察し、それから2ヶ月間も、寄り添った。
昨年、GPシリーズで15歳の浅田真央(グランプリ東海ク)に2戦2敗したことも、荒川の底力を引き出した。一時は「五輪の代表枠から漏れた時点で引退する」と口にしたこともあったほど、プライドをずたずたにされた。代表争いの重圧に負けそうになった。浅田は年齢制限で五輪出場資格がなかったが、「五輪のプレッシャーがない選手と戦うのはつらい」とこぼした。だが、荒川も少女時代から天才と呼ばれた。ここから5歳で始めた競技人生のすべてをぶつけて、昨年12月の全日本選手権で復活、五輪切符を手にした。
感情を表に出さないことから名付けられた「クールビューティー」。しかし、そのポーカーフェースの裏には苦悩の日々があった。

●荒川金メダル、14年かけた最高傑作 (毎日新聞 2/25)
イリーナ・スルツカヤ(ロシア)の得点が表示された瞬間、荒川の控室は大騒ぎになった。城田憲子監督らスタッフやトレーナーらが荒川を取り囲み、抱き合う。涙を流す者もいた。多くの人々に支えられての金メダル獲得だった。日本スケート連盟が14年間かけて生み出した最高傑作が荒川だ。長野五輪をにらんだ92年に長野・野辺山で始まり、昨夏で15回目を迎えた「全国有望新人発掘合宿」。8~12歳の選手を集め、有望な選手には海外遠征などを支援する。
安藤美姫(中京大中京高)、中野友加里(早大)、浅田真央(グランプリ東海ク)らがここから育った。その第1期生が「宮城の天才少女」と呼ばれていた荒川だ。
同連盟フィギュア強化部長の城田監督は、中学時代の荒川と一緒に海外遠征に出て「荒川の才能にほれ込んだ」という。練習中に「そこは3-3(回転連続ジャンプ)」と指示を出すと、簡単にやってしまうからだ。
コーチの選び方も、最大限に配慮した。04年3月の世界選手権前、サーシャ・コーエン(米国)がロシア人のタチアナ・タラソワコーチの元を離れたと情報を得ると、「荒川の表現力を磨き、演技の完成度を高めるには適任」と、タラソワコーチに交渉。1ヶ月足らずの指導で、荒川は世界女王になった。
新採点方式に苦しみ、昨年11月の中国杯、フランス杯でも得点を取りこぼす荒川を見て、連盟はまた動く。以前、荒川を指導していたニコライ・モロゾフコーチが「新採点方式を熟知している」と判断し再度の就任を要請。荒川が低迷を抜け出すきっかけになった。
荒川は常に日本フィギュア界のエリートとして歩んできた。「引退を考えた時もあったが、続けてきたことがよかった。道を作ってくれた方々に感謝したい」と荒川。敷かれたレールに反発したこともあったが、その道はトリノの表彰台の真ん中につながっていた。

安藤美姫はFPにおける転倒も響き、総合15位トリノ五輪で安藤美姫は総合15位

◆安藤美姫の談話
4回転をやって力尽きました。でもすっきりしました。降りられると思っていたけど、甘かった。(4回転を跳ぶことは)全然怖くなかったです。ジャンプを失敗して、足が疲れて滑れなくなってしまいました。でも夢の舞台で4回転に挑戦できてうれしく思います。このリンクで滑れない人もたくさんいる。自分はここで夢をかなえました。この舞台に立っていることが素晴らしい。小さなころからの夢でした。1回目の五輪はとにかく楽しめました。荒川(静香)さんが1回目と2回目では全然違うと言っていたので、(2回目を)ちょっと味わってみたいな。(来季も同じ)「蝶々夫人」で、もっと自分らしいジャンプを跳びたい。きょうのように跳んで、パーフェクトな演技を見せたいと思います。今回はこんな感じです。100%で来ていないのは事実。最後まで滑り切れただけ良かった。髪形はきょう決めました。衣装をデザインした人に、ピシッとしてほしいと言われたので。本当のことを言うと、(骨折した)小指は完治していません。骨はくっついているけど、跡が残っています。薬を飲んでいるので痛みはありません。アメリカでは、足も治らないし、五輪が来る不安やつらさもあり、プログラムも決まらない。毎日、日本に帰りたいと泣いていました。

村主章枝は総合4位。惜しくもメダルに届かず。
トリノ五輪で村主章枝は総合4位

◆村主章枝の談話
ショートプログラムもフリーも、ある程度の力を出して、点数を取っていないので、それは今後の課題かなと思います。ある程度やってこの順位。練習不足もありました。今後はレベルを上げていきたい。お客さまが上まで入っていたので、本当に心を一つに滑れればいいなと思っていました。(お客さんが)情熱的で、私も含めて多くの人が滑りやすい環境でした。グラッチェ(ありがとう)と言いたいです。自分の力を出してのことだったので、結果は仕方がありません。そういう中で、ミスなく滑れたのは良かった部分ですが、詰め切れなかった。まだまだ甘かったのかなと思います。佐藤(信夫)先生と一緒にまた頑張っていこうと思います。(今後も)スケートからは離れることができないので、1年、1年になると思いますが、バンクーバー(五輪)まで行きたいと思います。

SPで3位と好位置につけた荒川は、FPで逆転トリノ五輪で荒川静香は総合1位。女子フィギュアで日本初の金メダル

荒川静香の一問一答及び城田憲子監督、佐藤久美子コーチの談話はこちら

●NHK刈屋アナ また“金メダル実況” (スポニチ 2/25)
荒川静香の金メダル獲得で、もう1人、“五輪2大会連続の金メダル”となった日本人がいる。女子フィギュアスケートの実況を担当したNHKの刈屋富士雄アナウンサー(45)だ。04年アテネ五輪の体操男子団体による金メダルの実況に続き、名調子を披露して日本列島に感動を伝えた。一方、テレビ各局は、予定の番組を変更して荒川にスポットを当てる“荒川シフト”を続々と編成し始めている。
 「トリノオリンピックの女神は、荒川静香にキスをしました!!」
最終滑走のスルツカヤの得点が出て荒川の金メダルが決定した瞬間だった。刈屋アナの口から出た“決めゼリフ”が、この言葉だ。
フィギュアの実況は94年のNHK杯から担当。五輪は長野、ソルトレークシティーの両大会でも担当した同種目の第一人者。この日の実況は荒川の演技直前の紹介から「大好きな曲で最高の舞台で演じる幸せを感じながら…」などと情感たっぷり。逆に演技中は実況や解説を抑え、視聴者にじっくりと選手1人1人の“ワールド”を体感させる巧みなテクニックで進行。そして、最後の最後にズバリ決めた。
刈屋アナは、スポニチの取材に「最後の公式練習の時、トリノオリンピックの女神が荒川さんを指名するイメージが浮かび、その通りになって感動しています」とコメント。「女神のキス」は演技前の各選手を見つめて浮かんだ、とっておきのフレーズだったようだ。
さらに「9年前から荒川さんを見続けてきて、苦しい時代や、もうやめますと言っていたことを思い出して、やめなくて良かったと心から思いました」と祝福した。
2年前の金メダル。アテネ五輪体操男子団体では「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ!」の実況で、日本中を感動に包んだ。強運にも夏冬2大会連続の日本金メダルに立ち会い、声で再び多くの心を動かした。(以下略)

●静香のお願い 練習環境整えて (スポニチ 2/26)
荒川がスケート界に異例のお願いをした。フィギュアスケート女子で史上初の金メダルを獲得した荒川静香(24=プリンスホテル)が25日、市内のメーンプレスセンターで記者会見し、経営難などでリンクの閉鎖が相次ぐ日本の窮状と支援を訴えた。荒川自身も国内の練習環境が整っていないことを理由に、今後も米国に拠点を置くことを明言。このままでは日本の至宝が海外に流出する危険性も出てきた。 

誇らしげに金メダルを首から下げた荒川は、100人を超す報道陣を前に「時間がたつにつれて金メダルの実感と重みを感じている」と笑顔をふりまいた。会見は和気あいあいの雰囲気で続いたが、質問が日本のリンクの環境について及ぶと、とたんに険しい表情になった。
「私が基礎をつくり上げてきたリンクが閉鎖されて、子供たちは困っています。私が国内にいるときも練習の時間がとれなくて、米国で練習せざるを得ない。人気が高まるのと反対に、リンクの状況はよくないんです」
荒川が小学1年から高校卒業まで毎日のように練習した仙台の「泉アイススケートリンク」は、04年12月に経営難のため、閉鎖された。11年間指導を受けた恩師の長久保裕コーチ(559)と選手たちは練習場所を失い、今年4月から名古屋に拠点を移さざるをえなくなった。男子代表の高橋大輔(19)が使っていた大阪・高槻市内のリンクも昨年閉鎖になるなど、この5年間に国内で閉鎖に追い込まれたリンクは40以上と言われる。銀盤での華やかな演技とは裏腹に、日本のフィギュア界の実情は危機的状況にある。

対する米国ではアイスホッケーの人気もあり、同一規格のリンクは各地に建造されている。そのため、練習に広いスペースと時間を要するトップ選手は、貸し切り状態で練習できる米国に拠点を置かざるをえない。荒川でさえ国内の「新横浜プリンスホテルアイススケートセンター」ではなく、米コネティカット州にアパートを借りて練習していたほどだ。
この状況が続くと、日本フィギュア界の将来にも影響しかねない。これまでは自分のことで精いっぱいだった荒川は、五輪女王となった今だからこそ「私が伸び盛りのときにリンクが閉鎖されていたら、困ったと思う。もう少し身近に、気軽に足を運べるような環境になっていくことを、いつも願っています」と各国のメディアに訴えた。

荒川は、プロになってからも「日本では環境がなく難しいので、練習は米国でやる」と断言した。未来の卵が失われるだけでなく、金メダリストまでが国外流出することになりそうな日本の厳しい現状。金字塔を打ち立てた日本フィギュア界だが、肝心の土台が揺らいでいる。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/202-a29f3ad0

1件のトラックバック

[T7] トリノ五輪 女子フィギュアを音楽で振り返る(1~5位)

荒川静香選手、金メダルおめでとう~!!夜も眠れずに、結局ずっとずっとテレビに釘付けでした。おかげでだいぶ時間の経った今でも、頭の中をトゥーランドットのメロディーがぐるぐるぐるぐる渦巻いてる状態です。皆さんもうご覧になりました?それにしても、素晴らしかった

13件のコメント

[C91] なんだか気の毒で…

「勝てば官軍」ということで荒川さんは随分持ち上げられてますが、
個人的にはフィギュアの皆さんは気の毒だったと思います。
なにしろ、昨年の秋ぐらいから彼女らの顔がテレビに出ない週は
なかった、というぐらいですから。
まあ、荒川さんは、長野五輪で「天才少女」とチヤホヤされたり
その後ちょっと不調になると「限界」とか、「ハタチ過ぎればタダの
人」とか、それってあんまりじゃん?みたいな言われ方をされてた
人ですから、今回のメダルで舞い上がることはないだろうと思う
ので、その点だけは少し安心ですが・・・

そういえば、荒川選手は2004年の世界選手権で優勝した後、
「引退してスポーツ記者になろうかと思った」そうです。
彼女のスポーツ記事も読みたかったような気がします。

[C92] 安藤美姫はかわいそうでしたね。

彼女を見ていると『長野オリンピックの荒川選手』とダブりますね。
多くの取材陣といい、出場時現役高校生とかね。
それと、取材のとき『父親のこと』を絡めた質問をしたレポーターがいましたね。
あれは『緘口令』が敷かれていて言わない約束でしたのにねまたやってしまったのかあそこの局はとおもいました。
荒川さんはおめでとう。と言いたいですね。
一流のプロの条件は『オリンピックの金メダル』が優先条件と聞いたことがありますからアメリカ、ヨーロッパのアイスショーにひっぱりだこと思いますね。
  • 2006-02-26
  • 3本橋のmaah
  • URL
  • 編集

[C93] お久しぶりです^^

お知らせいただいてから、覗かせて頂いてました☆
コメントが遅くなってごめんなさいm(。-_-。)m
フィギュアスケートは個人的に、小学生の頃から
好きでしたけど、今回は盛り上がってるだけあって
余計に楽しみでしたねぇ。荒川選手と村主選手って
仲が悪い…というかライバル?知らなかったです。。
ちなみに私は3人の中ならみきティーかなぁ(・・* )

[C94]

各選手、それぞれ皆がんばったし、エンジョイしただろうし、おつかれさまです!と私は言いたいです♪皆きっと次回のオリンピックやそのほかの大会に向けてまた練習する意欲がきっと燃えたと思います。

でも、今日のニュースで

http://www.mainichimsn.co.jp/today/news/20060227k0000m050055000c.html

を見たのですが・・・コレを読んで、このおっちゃん頭固すぎだと思いました。メダルが1個しか取れなかったから国民に謝りたいなんて。。オリンピックの本来の目的って一体何なんでしょう。なんかちょっと悲しくなりました。

  • 2006-02-27
  • きりんじんべ~
  • URL
  • 編集

[C95] あ、すみません。さっき貼ったURL・・

↑に貼ったURLどうやら記事に移動しないようです。すみません。内容はMSNの毎日新聞のニュースにでている「トリノ五輪:「成績不振は徹底分析」 遅塚選手団長」というタイトルの記事です。
  • 2006-02-27
  • きりんじんべ~
  • URL
  • 編集

[C96] Cassさん

確かに、「勝てば官軍」という雰囲気ですよね。荒川が金メダルで
大団円という形になってはいますが、この半年くらいどうでもいい
事まであれこれ言われてましたからね…それは本当に気の毒
だったと思います。荒川自身は今後スキャンダルなどに注意して
欲しいです。今はプラス面ばかりの報道が目立ちますが、そういっ
た趣旨の記事も出てくるでしょう。
彼女のスポーツ記事は、私も読んでみたかったと思います。ただ
こういう状況になると、実現は難しいでしょうね。
  • 2006-02-27
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C97] 3本橋のmaahさん

お久しぶりです。ブログのサービスを変えてからコメントをいた
だくのは、これが初めてでしたね。mixiは楽しく使われてますか。

長野の荒川とトリノの安藤ですかー。確かにマスコミの取材熱
で通じるものがあるかもしれません。安藤が泣いた件について
質問した記者は、他の人間から疎まれた事でしょう。

荒川にとっての1つの夢はアイスショーでしたから、これで色々な
国の舞台に立てるでしょうね。彼女には夢の続きを見てもらいたい
ものです。
  • 2006-02-27
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C98] amiさん

どうもご無沙汰してます。荒川と村主の仲が悪い事は、その業界
では有名な話のようです。年齢的に村主が1つ上で大学が同じ、
荒川が長野の、村主がソルトレークの代表という事でこれまで
女子フィギュアを牽引する2人でした。個人競技という事もあり、
ライバル意識は相当高いですね。今回メダルが取れなかった
事は、村主にとって本当に悔しいでしょう。
実力と人気両方あるのは難しい事ですが、もし安藤が金メダルを
取っていたら、人気は天井知らずに上がっていたでしょうね…。
これで彼女の周りが、少し静かになるといいんですが。
  • 2006-02-27
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C99] きりんじんべ~さん

今回の大会を最後に現役を退く選手も多いと思いますが、戦った
選手達には「お疲れ様」と言いたいですね。彼らにとって良い経験
になったならいいんですが。当人の意思とは関係なしに「また4年
後がある」なんて言うメディアは、放っておいていいと思います。

記事はURLがちょっと違ってますね。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060227k0000m050055000c.html

きりんじんべ~さんのおっしゃりたい事もわかりますが、彼の
立場上謝らざるをえないでしょう。メダルが取れない事で有名に
なってしまった人物なので。
  • 2006-02-27
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C100] マスコミは騒ぎすぎ

トリノ五輪、いまいち盛り上がらなかったのかもしれませんが、今までのオリンピックの中で一番没頭したというくらい、トリノ、見てしまいました。

今回、安藤選手はどう考えたってメダルなんか無理なのに、なんだかんだと祭り上げて騒ぎすぎたマスコミ、まぁ、そんなもんだとはわかっていてももうちょっとなんとかならんのか!と言いたい。メダルは4回転だけでとるものじゃないでしょう。彼女が一番気の毒でした。
ただ、彼女が荒川選手の強さを間近で見て、どんな風に感じたのか、今後どういう方向を目指していくのか、興味があります。もう少しだけ、彼女を広告塔としてなどでなく、ちゃんとフィギュアの選手としてまわりも見てあげられたらいいのに。。。と思いますが、もうすでに彼女ファンがいっぱいいるからそれは無理なんでしょうかね。

荒川選手、金メダルが確定した時よりも自分の得点を目にした時の方が喜んでいたように思えて、あぁ、この人は本当にこの場に「自分の演技をする」ことだけ考えてきたんだなぁ、獲るべくして獲った金メダルだなぁと思いました。

どうも長々とすみません。
TBも送らせていただいちゃいました。
では。

  • 2006-02-27
  • ChikoBeth
  • URL
  • 編集

[C101] ChikoBethさん

安藤については、「本人が4回転を望んで周りが止めなかったのか」それとも
「本人が4回転をせざるをえない状況に周りが追い込んだのか」、という問題が
あると思います。彼女には素質があるのかもしれませんが、上位を狙う為には
もう少し準備が必要だと思います。無理して怪我などをせぬよう、良い環境を
整えてあげたいですね。

> 荒川選手、金メダルが確定した時よりも自分の得点を目にした時の方が
> 喜んでいたように思えて
おー、なるほど。言われてみればそんな気がします。彼女がまず気にしていた
のは「自分の演技をしっかりと行う事」で、審査員がそれを見ていれば自然と
良い結果が伴う事をわかっていたのでしょうね。

昨日はTBをくださり、どうもです。最初「誰だろう?」と少し考えてしまい
ましたが、もう1つのブログがありましたね。曲の情報がわかって私も勉強に
なりました。
  • 2006-02-27
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C135] ご無沙汰していました。

1番興味のあったこの記事に遅ればせながらコメントさせていただきます。

荒川さんが金をとってから後日、NHKでこの半年ほど荒川さんを追い続けてきた様子を放送していました。
新採点方式で4点の難技を入れるために、相当な苦労をされてきたことがよく分かりました。
村主選手の技を思い返すと高得点のスピンやジャンプがないんですよね。でも素人目には2位3位の選手よりも伝わるものがありましたし、ミスも少なかったからもっと点がでてもいいのに・・・と思いましたが、これが新採点方式の現実なんですね。

安藤さんは、4回転の成功率をもっとあげてからやればいいのにと思っていました。でも、やらないといけない状況に追い込まれていたんでしょうね。

アテネ五輪体操男子団体の実況と同じ方が今回も実況されていたんですか!
「トリノオリンピックの女神は、荒川静香にキスをしました!!」のセリフは、何故「トリノオリンピックの女神は、荒川静香に微笑みました!!」じゃないのかと最初聞いたときに違和感を覚えたんです、私。
でも、何度もTVで聞くうちに「キスをしました!!」の方がしっくりいくように聞こえてきちゃうんですからおかしなものです。

他の記事もまたゆっくり読ませていただきますね。
  • 2006-03-09
  • chiakiichi
  • URL
  • 編集

[C136] chiakiichiさん

NHKでやっていた番組は、私も少し観ました。新採点方式でどう点数を取るか
解説があってわかりやすかったですね。荒川はしっかりと対策を練った成果が
出たという事でしょう。体操もそうですが、採点競技では基準が時々変わるの
でやっている選手は戸惑う事も多いようです。しかし、適応できない選手が好
成績をあげるのは難しいですね。村主も安藤もそれぞれ敗因はわかっている
でしょうから、分析して今後につなげていって欲しいと思います。けどまあ、五
輪に関しては「お疲れ様」と言いたいですね。

刈屋アナの実況については、言われてみればそうですね。「勝利の女神が
微笑む」という表現の方が、一般的かもしれません。祝福を与えるという意味で
キスを使ったのかな、と私は思いました。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。