Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/201-c1beb094

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

桂望実【県庁の星】

あなたは人目のお客様です。

桂望実【県庁の星】 タイトル:けんちょうのほし
 作者:桂望実(かつら のぞみ)
 出版社:小学館 頁数:255 価格:1365円

  評価:60点

◆あらすじ
野村聡、31歳。Y県に住む彼の職業は公務員。それも職員一種試験に合格し、現在は県庁産業局産業振興課主任を務めるエリートである。順調にキャリアを積んでいく彼に、「民間人事交流研修」の辞令が下る。県職員2900名の中ら選ばれたのはわずか6名。1年間の研修を無事に終えれば、同期に先駆けて係長へ昇進できる。野村は誇りを胸に研修先へと向かった。
しかしそこは、田舎町にあるスーパーマーケット。指導係となったのは、パートでありながら実質的に店のNo.2である二宮泰子だった。店のだらけた雰囲気を見て、愕然とする野村。何とか改善しようと、取り組んでいくのだが…。

---------------------------------

「県庁の星」というタイトルになっているが、県庁を舞台とした話ではない。ほとんどがスーパーマーケットである。マニュアルと前例にだけ従い、自分の保身の事しか考えない役人の野村。気が強くて人に厳しく、現実的思考の持ち主である二宮。この2人を中心に話は進んでいく。内容に沿ったタイトルだと、さしずめ「県庁の男とスーパーの女」というところだろう。
野村は店で浮きまくった存在であり、他の店員から煙たがれたりバカにされる。そんな野村にイライラする二宮だったが、やがて店を良くする為にどうしたらいいか考えるようになる。その後は予定調和というか、想像がつくような展開。ただそうとわかっていてもスカッとするし、面白い事は面白い。気軽に読む分には楽しめる作品だ。

しかし、この作品には色々と気になる点もある。まず文の主語がちょくちょく抜けていて、誰が行動しているのかわかりにくい。少し読み進めて、初めて「ああ、この人か」とわかる。その割に登場人物が多すぎる気がする。それぞれ特色をつけようとはしているが、キャラクターを話に生かしきれていない。エピソードが不足していて、「あいつは結局何だったんだ?」と感じられる人物も見られる。野村と二宮の人物像はいいと思うが、それぞれの私生活の部分が果たして必要だったのかは疑問。「仕事でうまくいかない人は私生活もうまくいかない」と、作者は言いたいのだろうか?特に野村の恋愛についてはムダだとすら感じた。

スーパーについての問題を取り上げるのはいい。ただ、あれこれ問題を指摘する部分は多いのに、解決に至るまでのプロセスをはしょりすぎている。書き方にリアリティを感じない。内容的に伊丹十三の映画【スーパーの女】を思い出すが、(媒体が違うとはいえ)あちらの方がうまく描けている気がする。また、スーパーでの仕事を終えて野村がどう県庁の仕事に取り組むか気になるが、そういった描写がほとんどない。ゆえに中途半端な印象は否めない。

あと、この本の帯の文がいけない。
間違いは認めるな!? 予算は使い切れ!? 役人根性全開の県庁のエリートが、田舎のスーパーにやって来た。本末転倒!怒り心頭!抱腹絶倒!ラストは感動!手に汗握る、役人エンターテインメント!!
内容とここまでかけはなれているコピーも珍しいと思う。もう少し考えて書くべきではないか。

---------------------------------------------------
この作品を原作とした映画が、本日より公開されている。
映画【県庁の星】 柴咲コウ 織田裕二 映画:県庁の星  配給:東宝
 監督:西谷弘  脚本:佐藤信介
 ◆キャスト
  織田裕二    柴咲コウ
  佐々木蔵之介 和田聰宏
  紺野まひる   奥貫薫 他


主人公、野村を演じるのは織田裕二。そして二宮役は柴崎コウ。原作のイメージであれば二宮は渡辺えり子あたりが適役だと思うが、恋愛要素を絡める為に柴咲を起用したのかもしれない。気の強そうな点では柴咲も大丈夫だが、この若さで店のNo.2というのは無理があるような気もする。
公式HPで情報を見る限り、原作より映画の方が面白くできているようだ。原作でつまらなかった部分をカットしたり置き換えるなど、叩き台として使っている印象を受ける。制作にフジテレビが絡み、スタッフにはヒットメーカー亀山千広の名前も見られる。織田裕二が主演という事もあり、映画【踊る大捜査線】のような世界観が好きな方なら楽しめるかもしれない。
この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/201-c1beb094

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。