Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/20-ec9f8207

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ベルギーVSペルー

あなたは人目のお客様です。

あなたはビンチェンツォ・シーフォを知っているだろうか?ベルギーを1986メキシコW杯でベスト4にまで押し上げた、国民的英雄。ルーマニアのゲオルグ・ハジと並ぶ、80年代後半の欧州を代表する攻撃的MF。フランスのミシェル・プラティニ曰く20世紀最後のゲームメーカー。それがシーフォである。(リンク先の文字の大きさは、「大」以上を推奨)

私の仲の良い友人で、そのシーフォの大ファンがいた。彼はシーフォが4度目の出場を果たした1998フランスW杯でも、ベルギーを応援していた。この大会でベルギーは予選グループを3分けで敗退するのだが、「監督がちゃんとシーフォを出していれば、ああいう結果にはならなかった」とブツブツ言っていた。
だから、1999年に「キリンカップでベルギー代表が来日。西京極陸上競技場でペルーとの試合を行う」というニュースを知った時、「これは行くしかない」という話になった。当時京都の大学に通っていた我々にとって、西京極という場所は理想的だった。試合前日にはディスカウントストアでベルギーワインとチョコレートを食し、景気をつけた。ささやかな前夜祭。残念ながらシーフォは代表を引退していて来ていないけど、良しとしておこう。

しかし当日会場に自転車でたどり着いた我々を待っていたものは、大勢のペルー人であった。これほど日本にいたのか、と思うほど右を見ても左を見てもペルー人。飛び交うスペイン語。この日の観客は9000人だったが、そのうち6000人はペルー人が占めていただろう。バックスタンド席に座ってみたものの、どこにベルギーの応援団がいるのかわからなかった。グラウンドでは前座として、女子サッカーの日韓戦が行われていた(もちろん、この頃はまだ「なでしこ」とは言われていない)。なかなか白熱した試合であったが、後半に入るとペルー人はグラウンドそっちのけで「ペルー!ペルー!」と連呼していた。それに対しベルギーの応援団が何か叫んでいたが、その数は30人ほど。見つけられないのも無理はない。そのうち何人かは頭に角をつけて三叉の槍を掲げていた(※)が、迫力不足は否めなかった。そうこうしているうちに、女子サッカーは終了した。
※ベルギー代表のホームユニフォームの色は赤。ヨーロッパでは赤いユニフォームのチームのあだ名は「赤い悪魔」と相場が決まっており、サポーターの服装にもそれは表れる。

そしてベルギー対ペルーの試合開始された。ペルーサポーターは元気いっぱい。私と友人は彼らを横目に「Belgium!Belgium!」コール(英語の発音をカタカナで書くと「ベルギー」ではなく、「ベルジム」)。他の日本人観客は黙って観ていた。両国の実力的は、ほぼ互角。1点ずつ取り合って、前半を終了した。

ハーフタイム中にベルギー応援団に挨拶に行く。英語で声をかけると、ベルギー大使館の人間だった。この試合は大使館でまとめて座席を確保したらしい。ある程度日本語も通じたので、英語を交えて話す。
「パンフレットに載ってる選手と来ている選手が随分違うけれど、どうして?」と尋ねると「この時期はオフシーズンなので、有名な選手を召集しようとしたけど断られた。だから仕方なく若手を連れてきたんだ。直前まで揉めていたから、資料が間に合わなかったんじゃないかな。ただ監督は国民に人気がないので、帰国したら多分解任されると思う」と、言われた。…何しに来たんだ、ベルギー。(その後、本当に解任された)。他には「あの右サイドバックのオーバーラップがいい」とか「キーパーの動きは良かったのに、何で前半途中で交代したんだ?怪我でもしたのか」など。言葉が通じない部分もあって苦労したが、なかなか面白かった。

後半に入ると両チームとも、めっきり運動量が落ちた。無理もない。その日は5月というのに気温は30℃を超えていて、日差しも強かった。遠征で疲れている身体には辛かっただろう。グダグダの展開で点は入らず、結局1-1で終了。観ていた方もぐったりした。試合後スタンドではペルー人とベルギー人が握手をしていた。いい光景だった。国際Aマッチとはいっても、ようは親善試合。試合後には殺伐とした雰囲気は残らなかった。自分も近くにいたペルー人やベルギー応援団と握手をした。試合内容云々より、そうした行為を出来た事が嬉しかった。

私と友人はまた自転車に乗って会場を後にした。涼しくなった夕方の風が、日焼けした肌に心地いい。日本で他の国のゲームを見るのも悪くない、と思った。

キリンカップ1999の公式HPはこちら

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
■コメント
yamato5314
2005/1/8 20:39
ご無沙汰しておりました。あけましておめでとうございます^^ やぱっりスポーツは「勝ち負け」が付き物ですが勝敗にかかわらず「妬み恨み」が発生しないのが本当のいい試合なんですかね^^スポーツを通じて、他国の人と良い交流を深められるのは、とても素敵な事だと思います^^ スポーツの試合の応援には行った事がないのですが、もし、行くのなら、そういう試合後に殺伐とした雰囲気にならない試合に行きたいです^^

★どうも、お久しぶりです。こちらこそ、今年もよろしくお願いします。m(_ _)m サッカーの国際試合だと殺伐とした雰囲気のまま始まって終わる事もあるんですが、この時はのどかな雰囲気だったのが幸いでした。あと他のお客と仲良くなれるかどうかは、会場の雰囲気とか、客層にもよりますね。日本人ばかりだと、消極的かもしれません。 yamato5314さんも、楽しくスポーツ観戦できるといいですねー。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/20-ec9f8207

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。