Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/198-cde6fdf0

-件のトラックバック

-件のコメント

[C86]

難しいよね
俺は、建前は紹介がないと入れない、出会い系とか異業種交流系サイトでありサークルを探すサイトとか共通の趣味の人を探すサイト 男女問わず同姓も含めた出会い系だよ
恋人を探すとかもあるかもしれんけどね って中途半端な説明してるかな~・・

ここまで普及すると紹介がないと入れないって建前も壊れてるし、ヤフオクで売ってるしね。。。 

今後どのように発展するのか楽しみではあるけどね

SNSの出会いも素晴らしいものがあるしね

でもネガティブイメージが事件などで出来ないように
対策もひつようかもな~・・ 難しいが。。。

[C87] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C88] いっせいさん

SNSに対するイメージは、似たようなものかもしれないね。
事件は既に起きているとは思う。ただ警察沙汰になったり
「SNS絡み」という形で報道されていないから、バッシング
がないのだと思う。マスコミ関係者が多く利用している事も
関係あるのだろうか…?
  • 2006-02-24
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C89]

SNSってちょっと興味がありました。
実は、去年の暮れに小学校の同窓会があったのですが、
幹事2人組は偶然GREEでお互いを見つけ、
それから話が盛り上がり同窓会開催の運びとなったそうです。
そういう身近な人の話題を聞いて、やってみたいなー
と思ってたのですが、招待をオクで売ってるとは知りませんでした。
どこにいても、変な人はいるし、ネットとリアルで差はそれほど
ないとは思うのですが、やはりそういう話を聞くと
どうしても警戒してしまいますねー。

[C90] 15さん

なるほど、小学校の同窓会ですか。GREEの場合は学校
などの経歴を詳しく乗せる傾向が強いので、そういった再
会をする事もあるでしょうね。

SNSについては良い面も悪い面もあるので、状況に応じて
対応を考える必要があると思います。ただ、利用者によって
考え方や意識がまちまちなので、言動にも差が生まれるわ
けで…。15さんを不安にさせてしまったかもしれませんが、
「試しに使ってみたい」と思う分には、問題ないレベルですよ。
  • 2006-02-25
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C114] 私も最近はじめました。

私の場合はサイトを通じてある事案についてこの人はこう考えている、あの人はあんなふうに考えているということを知るのに役に立っていますね。自分の意見を言うことを前提ですが。
確かにmixiは閉じたサイトだと思います。
でも、とくに非匿名とは思わないですね。
私はハンドルネーム使ってやってますし、ほかの人も本名を公開していない人は多数だと思いますが…。
しかし、コミュニティの多さはすごいですね。
自分の出身の高校のものから、今住んでいる地域のものなど個人が特定できそうなものからいろんな食べ物の趣向についてのコミュニティまでいろいろあるなぁと思いました。
ただ、コミュニティの加入については一考が必要ですね。
  • 2006-03-03
  • 3本橋のmaah
  • URL
  • 編集

[C116] 3本橋のmaahさん

SNSの使い方は人によって色々ですよね。日々の生活でなくてはならない
人もいますし、ごくたまにしか覗かない人も。
私も記事に書いた通り、mixiでは非匿名が主流です。ただ、SNSによっては
逆に実名が大部分のところもあるので、全てがmixiと同じではないですね。
コミュニティの種類は本当に様々です。中には「入りすぎだろう」と思うくらい
入っている人も見かけます。とりあえず入ってから様子を見る、というのも
1つの手ですね。
  • 2006-03-04
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

SNSを考える[1] イメージとその実態

あなたは人目のお客様です。

ネットを使っていて、mixi(ミクシィ)GREE(グリー)といったものを利用した事のある人は多いと思う。どちらもSNSと呼ばれるサービスである。
------------------------------------------------------
SNS Social Networking Site    e-wordsの説明から抜粋
参加者が互いに友人を紹介しあって、新たな友人関係を広げることを目的に開設されたコミュニティ型のWebサイト。誰でも自由に参加できるサービスと、「既存の参加者からの招待がないと参加できない」というシステムになっているサービスがある。
自分のプロフィールや写真を公開する機能や、新しくできた「友人」を登録するアドレス帳、友人に別の友人を紹介する機能、サイト内の友人のみ閲覧できる日記帳、友人間でのメッセージ交換に使う掲示板やカレンダーなどの機能が提供される。有料のサービスもあるが、多くは無料のサービスとなっており、サイト内に掲載される広告や、友人に本やCDなどの商品を推薦する機能を設け、そこから上がる売上の一部を紹介料として徴収するという収益モデルになっている。
------------------------------------------------------

私が人に説明する時は、「ネットコミュニティの一種。インターネットで出身校、趣味、職業などを登録して交流する。メールを送ったり、掲示板(BBS)に書き込んだり、オフ会で集まったり…」と、いう風に伝える。ただ、すんなりと理解してもらえる事は少ない。実際に使ってもらえれば話は早いのだが、触れた事のない人にとってはイメージしにくいようだ。

SNSの中で、最も会員数が多いのがmixiである。SNS統計ページによれば、その会員数は現在320万人を超える(GREEは30万)。最近では1日あたり1万5千人ペースで増えている。mixiは2005年に月刊誌「Yahoo! Internet Guide」で実施された「Web of the Year」の大賞を受賞。ネットユーザーにはかなり親しまれた存在となっている。恐らくブロガーの半数以上がmixi(か他のサービス)に登録しているだろう。マスメディアがSNSについて取り上げる事も多い。ただ私がかねがね気になっているのは、その報道姿勢に偏りが見られる事。全ての記事を見ているわけではないが、どちらかといえば良い面ばかり取り上げているように思う。

----------------------------------------------------
例えば、これは2006年度版の『知恵蔵』(朝日新聞社)に掲載されたSNSについての紹介である。

匿名掲示板や出会い系サイトの対極にあるサイトで、会員の紹介がなければ入れない、ある意味「閉じた」コミュニティーサイトである。ただ、それだけに、参加者は身元がしっかりしており、一般にマナーがよく安心である。ブログの隆盛にも通ずる、「非匿名の責任ある個人」による情報ネットワークツールである。(以下略)

匿名掲示板と聞いて、まず連想するのは2ちゃんねる(2ch)だろう。掲示板の上で様々な情報が飛び交い、どれが正しいのか判然としない。ネット上の吹き溜まりとも言われるサイトである。しかし、SNSだからといって実名とは限らない。実際mixiでは実名ではなくハンドルネームを使っている人が大部分である。一方のGREEは実名が主流。しかし、だからといって「mixiの掲示板は荒れて仕方なく、GREEはきちんと利用されている」という事はない。これは匿名云々というより、個人のマナーの問題である。。

そして掲示板の利用については、SNSユーザーの意識は決して高くないというのが私の印象である。「新しくスレッドを立てる時、既に同じものが立っていないか」「情報を探す時、既に他の人が質問をしていないか」確認するのは、ごく一般的な掲示板のルールである。しかし、これが出来ていない人が目立つ。マルチポスト(イベントの告知などを色々な掲示板に書き込む事)もよく知られたマナー違反。しかし、それを承知でやっているケースも見受けられる。ユーザーから「掲示板が2ch化している」という声も聞かれる中、サイトの理念はともかく実状は対極とは言えまい。

「SNSは出会い系に似ている」と表現すると、嫌がるユーザーは多い。とんでもない、あんなところと一緒にされては困る…そんな反論が返ってくる。確かに出会い系サイトに問題があるのは事実である。会員のほとんどはサクラ。架空請求など、迷惑メールの数も多い。そして出会い系絡みで起きた事件の印象から、一般的なイメージも悪い。
しかしSNSにもアダルト系のコミュニティはあり、そこを通じて実際に会う人もいる。本当かどうか定かではないが、女性ユーザーの中には「プロフィールページのキリ番(555や1000といったアクセス数字)を獲得した人とデートする」と書いてある人もいる。確かにSNSは出会い系に比べて会える確率は高いかもしれないし、わけのわからない金をふんだくられる事もない。サービスの質という事であれば、出会い系と一緒にされるのは心外だろう。ただ、会う目的に関して重なる部分がある事も確かだ。ゆえに、しばしば聞かれる「SNSは知り合い系サイトだから、出会い系サイトと違って安心」といった認識に、私は疑問を抱く。
またSNSが提供するサービスの組み合わせはプロフィール+メールボックス+日記+趣味などのコミュニティ(掲示板含む)に分けられる。これはネットで培われてきたコミュニケーション手段の集積とも言える内容だが、このうちプロフィールページとメールボックスについては、基本的なデザインで出会い系に通じる面が見られる。SNSはアメリカ発という事になっているが、出会い系を意識する事は全くなかったのだろうか。少なくとも、GREEやmixiのサービス開始(2004年2月)より前に日本に存在していたと思うのだが。

そもそも会員の紹介がなければ入れないというのが、今は有名無実化してきている。数千、数万の単位であればまだ身元保証はできるだろう。しかしそれが十倍、百倍となってくれれば話は違ってくる。知り合いを紹介する事が原則となっているが、中には「誰でも使えるようにすべきだ」と無作為に招待する人もいるし、ネットオークションでは数百円で「SNS招待権」が売られたりしている。中には1人で複数のIDを持っている人間だっている。こういった状況において、会員の質が維持できているとは言いがたい。

あえてマイナス面を書いてきたが、SNSが存在する事については素晴らしいと感じる。良い友達や仕事仲間と知り合った人がいる。恋人を作り、結婚した人だっている。かつて交友範囲が「同じ学校や職場」がメインだった事を考えると、画期的なことだ。ただし、騙されたり、ストーカーに遭う可能性もある。人と人が接する以上、そういう危険性が伴うのは仕方ない事だ。ユーザーそれぞれが注意すべきだろう。
 (このテーマに関して、今後いくつかの記事を書く予定)
 続き→SNSを考える(2) コミュニティ

◎参考文献
mixiでこんなことまでできた! 題名:mixiでこんなことまでできた!
 著者:mixiの達人クラブ
 出版社:青春出版社 頁数:205 価格:1050円

 ミクシィのヘビーユーザー達が書いた本(書いた時期のユー
 ザー数は70万人)。ミクシィを使った人の体験談を中心とした
 ものなので、ある程度使った事のある人向けの内容。人によっ
 て使い方や意識が違うので、なかなか興味深い。著者達のミク
 シィへの深い愛情が伝わってくるが、思い入れが強すぎて若干
 引く部分もある。本は新書サイズなので持ち運びやすく、値段
 もまずまず手頃。ただ、装丁のセンスが最悪だと思う。

 

mixi完全攻略マニュアル

 題名:mixi(ミクシィ)完全攻略マニュアル
 著者:田口和裕 森嶋良子
 出版社:インプレス 頁数:255 価格:1680円

 ミクシィのヘビーユーザー2人が書いた本(書いた時期のmixi
 ユーザー数は100万人という認識)。機能の1つ1つを写真と
 共に説明してあるので、実際に操作しながら読むとわかりやす
 い。慣れた人には当たり前の事も多いだろうが、意外と気づい
 ていない事もあるのでは。
 また、Tipsという項目では利用時のマナーなどに触れている。
 基本的には初心者向けで、入門書としてよくできている。中級
 者以上にとっては、ミイクシィに対応したアプリケーションの紹介や用語辞典などが参考になるだろう。ただ1600円という値段は少し高い気もする。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/198-cde6fdf0

0件のトラックバック

7件のコメント

[C86]

難しいよね
俺は、建前は紹介がないと入れない、出会い系とか異業種交流系サイトでありサークルを探すサイトとか共通の趣味の人を探すサイト 男女問わず同姓も含めた出会い系だよ
恋人を探すとかもあるかもしれんけどね って中途半端な説明してるかな~・・

ここまで普及すると紹介がないと入れないって建前も壊れてるし、ヤフオクで売ってるしね。。。 

今後どのように発展するのか楽しみではあるけどね

SNSの出会いも素晴らしいものがあるしね

でもネガティブイメージが事件などで出来ないように
対策もひつようかもな~・・ 難しいが。。。

[C87] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C88] いっせいさん

SNSに対するイメージは、似たようなものかもしれないね。
事件は既に起きているとは思う。ただ警察沙汰になったり
「SNS絡み」という形で報道されていないから、バッシング
がないのだと思う。マスコミ関係者が多く利用している事も
関係あるのだろうか…?
  • 2006-02-24
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C89]

SNSってちょっと興味がありました。
実は、去年の暮れに小学校の同窓会があったのですが、
幹事2人組は偶然GREEでお互いを見つけ、
それから話が盛り上がり同窓会開催の運びとなったそうです。
そういう身近な人の話題を聞いて、やってみたいなー
と思ってたのですが、招待をオクで売ってるとは知りませんでした。
どこにいても、変な人はいるし、ネットとリアルで差はそれほど
ないとは思うのですが、やはりそういう話を聞くと
どうしても警戒してしまいますねー。

[C90] 15さん

なるほど、小学校の同窓会ですか。GREEの場合は学校
などの経歴を詳しく乗せる傾向が強いので、そういった再
会をする事もあるでしょうね。

SNSについては良い面も悪い面もあるので、状況に応じて
対応を考える必要があると思います。ただ、利用者によって
考え方や意識がまちまちなので、言動にも差が生まれるわ
けで…。15さんを不安にさせてしまったかもしれませんが、
「試しに使ってみたい」と思う分には、問題ないレベルですよ。
  • 2006-02-25
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

[C114] 私も最近はじめました。

私の場合はサイトを通じてある事案についてこの人はこう考えている、あの人はあんなふうに考えているということを知るのに役に立っていますね。自分の意見を言うことを前提ですが。
確かにmixiは閉じたサイトだと思います。
でも、とくに非匿名とは思わないですね。
私はハンドルネーム使ってやってますし、ほかの人も本名を公開していない人は多数だと思いますが…。
しかし、コミュニティの多さはすごいですね。
自分の出身の高校のものから、今住んでいる地域のものなど個人が特定できそうなものからいろんな食べ物の趣向についてのコミュニティまでいろいろあるなぁと思いました。
ただ、コミュニティの加入については一考が必要ですね。
  • 2006-03-03
  • 3本橋のmaah
  • URL
  • 編集

[C116] 3本橋のmaahさん

SNSの使い方は人によって色々ですよね。日々の生活でなくてはならない
人もいますし、ごくたまにしか覗かない人も。
私も記事に書いた通り、mixiでは非匿名が主流です。ただ、SNSによっては
逆に実名が大部分のところもあるので、全てがmixiと同じではないですね。
コミュニティの種類は本当に様々です。中には「入りすぎだろう」と思うくらい
入っている人も見かけます。とりあえず入ってから様子を見る、というのも
1つの手ですね。
  • 2006-03-04
  • ガチャピン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。