Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/17-27f6cc68

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

レコード大賞の分析&結果

あなたは人目のお客様です。

鈴木京香の出演する東京電力のTVCMで、メガネをかけた少年が「これが昔のCDか~」と喋るのを見て、「いや君が持っているのはレコードだから」と突っ込みを入れた人もいたはず。そう、共に音楽記録媒体ではあるが性質は異なる。DJが回すのはレコードであって、CDではない。ただ市場のシェアからいえば、もう随分と前にCDに首位の座を明け渡している。
そうは言っても、こちらの賞の名前は変わらない。「日本レコード大賞」の第46回授賞式が、今晩行われる。紅白歌合戦と並ぶ、大晦日を代表する番組。……だったのだが、今は格闘技の方が注目されるわけで。こちらでも主役を奪われた感が強い。
-------------------------------------------------

今年のノミネート作品を見てみよう。以下の金賞12曲から「日本レコード大賞」「最優秀歌唱賞」が選ばれる。

 「Carry On」 EXILE
 「あなたがいれば」 華原朋美
 「桜」 河口恭吾
 「あかね雲」 神野美伽
 「胸焦がす…」 DA PUMP
 「愛よ愛よ」 夏川りみ
 「氷見の雪」 原田悠里
 「番場の忠太郎」 氷川きよし
 「QINCY」 BoA
 「Sign」 Mr. Children
 「釧路湿原」 水森かおり 
 「Night Deluxe」 Lead


下馬評では大賞の本命とされているのは、氷川きよし。先日受賞した第37回日本有線大賞と共に、2冠が有力視されている。その対抗とされているのはMr. Childrenであり、受賞すれば「innocent world」以来、10年ぶりとなる。最優秀歌唱賞は例年演歌から選ばれている。昨年は「白雲の城」で氷川きよしが獲得。今年は3年連続金賞となった夏川りみにもチャンスがあるか。金賞作品は「大衆の強い支持を得、芸術性、独創性に優れ、その年度を反映したと認められた12作品に贈る」という選考基準がある。が、本当にそうなのだろうか。大衆の強い支持を得たJ-

POP作品なら、売れていて不思議ではない。そこで、オリコン2004年間シングルランキングを見てみる。
まず1位の「瞳をとじて」平井堅が選ばれていない。(出場辞退という話?)。3位の「Jupiter」平原綾香は新人賞に選ばれているから、良しとしよう。(最優秀新人賞は、恐らく大塚愛との一騎打ち)。しかしトップ10に2曲(4位「花」7位「ロコローション」)が入っているORANGE RANGEは選ばれていない。今回金賞に選ばれたJ-POP7作品のうち、トップ20に入っているのは2つだけだった。EXILEは35位、華原朋美、DA PUMP、BoA、Leadは100位内にも入ってない。(※ただし、オリコン年間アルバムランキングではEXILEが4位、BoAが13位にそれぞれランクインしている)

また、ここ10年のレコード大賞受賞曲を見て気づいた事。

第36回 1994年 「innocent world」 Mr.Children
第37回 1995年 「OVER NIGHT SENSATION」 trf
第38回 1996年 「Don't wanna cry」 安室奈美恵
第39回 1997年 「CAN YOU CELEBRATRATE?」 安室奈美恵
第40回 1998年 「wanna Be A Dreammaker」 globe

第41回 1999年 「Winter again」 GLAY
第42回 2000年 「TSUNAMI」 サザンオールスターズ
第43回 2001年 「Dearest」 浜崎あゆみ
第44回 2002年 「Voyage」 浜崎あゆみ
第45回 2003年 「No way to say」 浜崎あゆみ


10曲のうち、7曲がエイベックスなのである。調べてみたところ、ここ5年の選考でJ-POPは32作品選ばれている。そのうちエイベックスは20を占めていた。先日「浜崎あゆみがレコード大賞から落選した」と報じられた後に、所属事務所は「事前に辞退していたので、落選ではない」と主張した。真偽についてあれこれ言われはしたものの、出場していたら4連覇もありえたのではないか。この数字を見ると、そう感じる。

このエイベックスに限らず、色々大人の事情がこのレコード大賞には絡んでいるようだ。例えば「年越しライブをやるから会場に行けない」とか「日本を離れているので、授賞式に出席できない」となると、候補から外れる可能性が高い。昨年のSMAP「世界にひとつだけの花」や森山直太朗「さくら」のように、辞退されてしまう場合もある。ちなみにジャニーズ所属のアーティストは、SMAPが1995年に「KANSHAして」で優秀作品賞(現
在の金賞)に選ばれて以降、一組もレコード大賞には参加していない。このジャニーズがいないからこそ、w-indsやLEADが伸び伸びしているのかもしれない。

結論:
レコード大賞候補曲である金賞は、公正な審査で選ばれていない。結果として視聴者が観たいミュージシャンは揃わない。今やK-1 Dynamite!!の前座と言っていい。ドラえもんの方が面白いかも…。

-------------------------------------
(追記)
 昨日の発表で決まった結果は、以下の通り。
 レコード大賞:「Sign」 Mr. Children
 最優秀歌唱賞:「愛よ愛よ」 夏川りみ
 最優秀新人賞:「さくらんぼ」 大塚愛

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/17-27f6cc68

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。