Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/169-5a6c594e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【スター・ウォーズ EPIII シスの復讐】

あなたは人目のお客様です。

スター・ウォーズ EPIII シスの復讐 DVD STAR WARS Episode III
 Revenge of the Sith

 公開:2005年/アメリカ
 上映時間:140分
 監督:ジョージ・ルーカス


 アナキン・スカイウォーカー
     /ヘイデン・クリステンセン
 オビ=ワン・ケノービ/ユアン・マクレガー
 パドメ・アミダラ/ナタリー・ポートマン
 メイス・ウィンドゥ/サミュエル・L・ジャクソン
 ドゥークー伯爵/クリストファー・リー

 評価:60点

恐らくこの作品を観る人は、過去のシリーズを目にした方に限られると思う。またそうでないと、理解できない部分が多々あるだろう。私もこの記事で書いた通り、スターウォーズは結構気に入っている人間である。新三部作の最後を飾るエピソードIII。期待を込めて観た。映像の美しさは文句なし。CGのクオリティは更に上がり、スターウォーズの世界をうまく表現している。音楽もなかなか。…しかし、気に入った点はその他にあまりなかった。

  ※以下、細かい内容について

序盤の戦闘場面で、アナキンやオビ=ワンの戦う気持ちが見えてこない。ジェダイが常にクールに戦う姿は見慣れているが、CG相手に舞っているだけのようにも見える。R2が活躍するところは驚き、笑える。
パルパティンがアナキンに目をかけるのはわかるが、アナキンがパルパティンを慕う理由がわからない。2人が接触する事についてジェダイ評議会は懸念するものの、アナキンへの処遇が「若造は大人しくしていろ」という感じ。その冷遇に対し、アナキンが不満を持つ事については理解できる。それでもアナキンが闇に落ちていく理由に納得いかない。愛する妻と胎児を助けたい気持ちはわかる。だが「光のフォースはダメで闇のフォースならば助けられる」という論は具体例がなく、説得力に欠ける。パルパティンの言葉を聞いただけで、なぜ易々と乗ってしまったのだろうか。アナキンはオビ=ワンに相談すればよかったと思うのだが…。オビ=ワンを慕うような言動をしていたが、心の底では信用していなかったのだろうか?アナキンはクローン大戦(EP2と3の間の話)で活躍していたので、自負心が強くなっていたのかもしれない。

スター・ウォーズ EPIII シスの復讐アナキンが反乱を起こした後、(真相を知らない)パドメの泣く理由がわからない。今回の彼女はただの恋する女である。勇敢さも聡明さも見えない。
そして共和国から帝国になる展開が唐突過ぎて理解できない。映画を観ている限り、パルパティンは大体1人で過ごしていて、とても権力者には見えないのだが。そして生き残ったジェダイ達がすんなりと「帝国」「皇帝」といった呼称に切り替えている事に違和感を覚える。
アナキンとオビ=ワンの対決は迫力があり、映画の大きな見せ場。ここでは両者気合いの入った演技が観られた。ただ、時間的に少し長すぎたのではないか。EP4につなげるまとめ方は巧み。全て見終えた後に、アナキンの決断と行動に同情する気にはならなかった。
映画制作に関する技術は、昔とは比較にならないほど進化した。しかし、旧三部作の方が役者の演技により必死さが感じられた面もあったかと思う。もっとも、この作品はそれ以前に脚本・演出のポイントがずれてしまっている気がしてならない。
この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー


■コメント
15-いちご- - 2005/12/07 17:15
私は映画館でEP3を鑑賞したのですが、確かに腑に落ちないところがありました。アナキンがほんとにコロっと人格まで変える勢いでパルにひざまづいたり、ひどく残虐なこともやってのけてしまったり。。ダークフォースの力で嫁と子供を救えるという口車に乗ってしまったのは前作で母を殺されてしまったことで、大切な人を失うという事にひどくナーバスになっていたのかなぁ?とか脳内補完して見ていましたがあまりにも急な変わりようで、うーん・・ちょっとひき気味でした。

★アナキンの変貌については、違和感を覚える人は多い気がします。おっしゃる通り、極端に変わってしまいますからね。大衆映画らしく、残酷なシーンは適当にカットされていましたが…(例えば、怯えるパダワンにライトセーバーを振り下ろす場面) 15さんのおっしゃる通り脳内補完すれば、わからなくもないです。でもパルパティンがダークフォースで実際に死者を生き返らせた経験があるわけではなく、彼の師匠ができた「らしい」という事ですよね。その師匠も彼自身がノウハウを知る前に殺害してしまったわけですし…そういう奴から「一緒にやればできると思うよ、たぶん」みたいな事を言われて従い、反乱を起こすのはいかがなものかと。まぁアナキンは機械の体になった時点で己の愚かさに気づき、後悔したのかもしれませんが。

chiakiichi - 2005/12/08 16:44
こんにちは!ガチャピンさんにお叱りを受けるかもしれませんが、私が映画館で見た感想は、「ルーカス最高!細かいことはいいからとにかく良かった」でした。(一応、ブログにも書いてるんです)無理や強引な点はあったかも・・・、いや、おっしゃる通りあるとは思いますが、スターウォーズがまた映画館で見れる、これだけで私は満足でした。 すみません、安易で(^^ゞ でもただただ楽しみにしていた人間もここにおりますm(__)m 愛する人を救いたいと追い詰められたら、ダークフォースへいとも簡単に落ちていくものなのかもしれませんです。心の中で何度も止めましたけど、だめだった~(^o^) 当たり前ですけどね~。

★別に評価が違ったからといって、叱ったりはしませんよ(苦笑)。好き嫌いは人それぞれですし。こういう記事の内容だと「作品を気に入った人」はコメントしにくいと思いますので、書き込んでくださった事にむしろ感謝したいくらいです。映画館で観るとまた迫力が違うと思いますしね。一連のシリーズ作品に根強いファンのいる事が、スター・ウォーズの大きな強みです。そちらの記事も読んだので、TBしておきますねー。

chiakiichi - 2005/12/08 22:07
まさか記事を探して読んでくださり、リンクまでしてくださるとはっ!!もっと、丁寧に日付なり、リンク先を書いておけばよかったです。すみませんでしたm(__)m そして感激しております。お気楽な内容なのに・・・(^^ゞ 申し訳ないです。(謝りすぎですね)どんな内容であれ、スターウォーズの事が書いてある記事を読むのは大好きです。しかも画像入りならなおのこと。何度も読ませていただきます☆

★いえいえ。興味があったからちょっと探してみただけです。「ひでちゃんの面倒を旦那さんが見て…」というくだりは、何かの記事で読んだ記憶があったので。ともあれ、chiakiichiさんが映画をとても気に入った、という事はよくわかりましたw。 探しついでに他の記事も読みましたけど、時期によってブログの書き方が違う(例えば、記事の中に大きな画像がない)事や、ブログランキングに参加して止めた経緯などがわかって興味深かったです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/169-5a6c594e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。