Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/160-17aadcc3

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

スポーツバーにて

あなたは人目のお客様です。

スイスとのプレーオフの末に、惜しくも2006年W杯出場を逃したトルコ。試合の映像はほとんど観ていないのだが、スポーツナビにおける宇都宮徹壱氏のレポート『明暗を分けたバイオリズムの差』『イスタンブール「地獄」めぐり』を読んで、2002年の大会を思い出した。具体的に言うと、アイリッシュパブで観戦した6/22の事。その日組まれていたカードはこの2試合だった。
   準々決勝 スペインVS韓国 (カンジュ)  準々決勝 セネガルVSトルコ (大阪)

1試合目はPK戦の末に韓国が勝利。一緒に観ていた知り合いはソウルでの準決勝のチケットを買っていたのだが、「俺はスペインが観たかったのに…」と、ショックを隠せない。そんな彼を慰めつつ、セネガル対トルコの試合を予想。「やはりここはセネガル有利ではないだろうか。開幕戦でフランスを破った戦いも良かったが、アフリカのチームであれだけ組織的なサッカーが出来るとは驚きだ。フランス人監督ブルーノ・メツの腕は大したものだ…」などと話していると、隣のテーブルから「いやいや、トルコでしょう。勝ってくれないと困る」と声がかかった。見るとそこには、フジテレビのサッカー番組でよく見るトニー・クロスビー(リバプールファン。本業はスタイリスト)にそっくりな男がいたのだ。だからここでは、彼の名前をトニーとしておこう。
  Tony Crosby (イメージ)Tony Crosby
トニー曰く「自分はアメリカ出身で、今は日本で貿易の仕事をしている。トルコには出張でよく行くのだが、サッカー人気がすごい。勝てばトルコ人の機嫌がいいので、仕事がやりやすい。だから勝って欲しい」との事。なかなか流暢な日本語を話す男だった。

また彼は黒髪の若い女性を連れていたので話しかけたところ、日本人ではなく上海出身の人だった。「サッカーの事はよくわからない」と語る彼女はきれいな英語を話し、また容姿もとびっきりの美人だった。日本語は全く話せない。3人で英語と日本語を交えて話し、親しくなった我々は一緒に試合を観る事にした。 幸い、セネガルVSトルコは素人にもわかりやすい試合だった。ボールをキープして攻めるトルコに対し、カウンターを狙うセネガル。共に守備がおろそかだったので数多くのシュートチャンスが生まれ、またそれをことごとく外すので一進一退の状況だった。

トニーは試合中に度々席を立って電話しているので「どうかしたのか?」と尋ねると、「トルコの仕事相手と話しているんだ」という。かなり盛り上がっているらしく、「シュートを外したあのFWをすぐに交代させろ」 「今すぐサッカーをやめろ、このバカ」 「あの野郎、国に帰ってきたら○×△にしてやる」などと叫んでいる、という話だった。{これは実際にトルコ人から聞いた話だが、「サッカーファンは熱狂的なタイプが多く、感情が即行動に直結する。計画性がないので、長期的な視野に立って代表の強化が行われない」らしい。}
「自分がアメリカにいる時はサッカーについて全く知らなかったが、トルコと仕事をするようになってから観るようになった」 「前にベジクタシュ(※1)の会長と会った事がある。まだ40くらいで頭の切れる男なんだが、サッカー狂でね。サッカーの話になると、人が変わるんだ」といった話も、トニーから聞いた。彼はセネガルについて知識がなかったので、「日本とは去年親善試合をした(※2)んだけど、その時に結構いいサッカーをしていた。だから、『セネガルはW杯で活躍するかも』ねとサッカーファンの間で言われていたんだ」といった情報を、私が伝えた。
※1 イスタンブールのクラブで、ガラタサライ、フェネルバフチェと並ぶトルコリーグ3強の1つ。
※2 2001/10/04 フランスのランスにて。0-2で日本が敗北。

試合の方は延長戦に入り、開始4分に(後にヴィッセル神戸入りする)イルハン・マンシズがボレーシュートを決め、ゴールデンゴール。トルコが勝利を奪った。試合後すぐに電話が鳴ったトニーは、通話を終えた後で「仕事が1つまとまった」と語った。私達は笑顔で握手をした。期待していたセネガルが負けたのは残念だったが、これはこれでありだろう。中国人の女の子も結構楽しんでいたようだ。
「準決勝はまたこの店に来るのかい?」 店を出る時にトニーから尋ねられ、私は「わからない」と答えた。その店は私の家からひどく遠かったし、雰囲気もあまり好きではなかった。「そうか。俺も仕事の予定がどうなるか、まだわからないんだ。それじゃ、また縁があったら」 「うん、そうだね」 そう話して、私達は別れた。
私がトニーと会ったのは、この時が最初で最後だった。準決勝の日に私は店に行かなかったので、彼らがどうしたかはわからない。その試合でトルコはブラジルを相手に敗れた。…もし彼が当時と同じ仕事を今も続けているのなら、トルコがW杯に行けない事に落胆しているかもしれない。

2002年の大会は地元開催という事でチケットを取ろうとした人は多いと思うが、私の場合は
   6/18 決勝トーナメント1回戦 日本×トルコ (宮城)
   6/21 準々決勝 イングランド×ブラジル (静岡)
   6/26 準決勝 ブラジル×トルコ (埼玉)

という3試合のチケットを買う事ができた。友人2人とネットで頑張った結果である。しかし試合を観る為には、交通費などをもかかる。当時本当に金がなかった私は、悩んだ末に全て諦めた。(チケットはオークションで売却)。試合はほとんど自分か友人の家のテレビで観ていた。唯一外で観たのがトニー達と話した時で、それだけに印象に残っている。

来年W杯が行われるドイツと日本との時差は7時間(サマータイム含む)。多くの試合は日本時間の夜中に行われるだろう。生で観るにはなかなか厳しい時間帯だ。けれど、都合がついたらスポーツバーなどで観たいと思う。もしかしたら、トニーみたいに面白い奴と逢えるかもしれない。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー



■コメント
Cass - 2005/11/22 22:23
W杯プレーオフの最終戦があったりレアル×バルサのクラシコがあったり、どこの時間帯で生活すればいいのか分からない日々が続いております。CS中継の時間に合わせて用事を片づけている、というか・・・ トルコが負けたのは残念でしたが、試合後の乱闘(?)はマズイのではないか。特にトルコのEU加盟に難色を示す国が多い昨今、意外な面に波及するのではないか、と心配になってしまいました。トルコの人だって、サッカーで悪口を言われたら黙ってないだろうし。 前回のW杯の時に新婚旅行でトルコに行っていた知人は、日本×トルコ戦の日に街の人から「日本は好きだがこれだけは別だ」と釘を刺されたそうです。日本が負けて最も喜んだ日本人は彼女ではないかと思います。

★確かに今月は観るべき試合が多いですねー。サッカーシーズン真っ盛りという感じです。今週のCLで、とりあえず一段落でしょうか。寝不足には気を付けましょうw トルコ×スイスでのトラブルに関しては、おっしゃる通りです。政治的な影響は定かではありませんが、FIFAから重い罰が下されそうな状況ですよね。もともともあまり良いイメージは持たれてませんから。 お知り合いはまた微妙な時期にトルコに行かれてましたね。日本が勝っていたらさぞかし居づらかったでしょう…。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/160-17aadcc3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。