Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/154-995f0f97

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

東野圭吾【トキオ】

あなたは人目のお客様です。

東野圭吾【トキオ】 作者:東野圭吾(ひがしの けいご)
 出版社:講談社  初版:2002年7月 頁数:414
 価格 文芸書:1890円 文庫本:790円


 評価:70点

◆あらすじ
宮本拓実、45歳。家族は妻の麗子と息子の時生 (ときお)。しかし時生は遺伝性の病気を患い、今まさにこの世を去ろうとしていた。ベッドに横たわる17歳の子供を、ただ見守るしかない拓実。だが、彼はふと思い出した。 「俺は昔、時生と会った事がある。しかも、こいつが生まれるずっと前に」それは1979 (昭和54)年の事。場所は浅草・花やしき。拓実が 22歳の時だった。

「息子が過去にタイムトリップして父親の窮地を救う」という構図で、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思い出した。「未来から来た者が競馬の結果を知っていて、当たり馬券を購入する」というエピソードは、まさしくそうだろう。だがこの本はコメディではなく、じっくりと読ませる内容。

若きの日の拓実はとにかく自分勝手な大バカ野郎なのだが、それをしっかり者の時生が叱咤激励する。時生がそういう風にに育ったのは強くて優しい父親の影響が大きいのだが、拓実がそういう人間になったのは息子に導かれたから、というメビウスの環のような関係。彼らの会話が時におかしく、時に切ない。

この2人に限らず、作品の大きなテーマは家族愛である。拓実の出生と生い立ち、登場する人物の親子関係が物語の大きな鍵を握る。親から子へ、子から孫へと受け継がれていく愛情とは何なのか。終盤まで読んでいくと「う~む」と唸らされる。

拓実達の巻き込まれる事件がパッとしない事、「現実」が「過去」に比べてかなり魅力が落ちる、という指摘もできる。しかしオチが読める話をきっちり1つの作品として仕上げる技量に、東野圭吾の確かな実力を感じる。

----------------
この作品は『トキオ 父への伝言』というドラマとして2005年8月30日~9月30日にNHKで放映された(全20回)。宮本拓実に国分太一(TOKIO)、時生に櫻井翔(嵐) 。ただドラマとして色々設定を変えた為に、原作ファンからは不満の声も出たようだ。
この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー


■コメント
ChikoBeth - 2005/11/09 18:14
こんにちは。いつだったか、NHKの夜のドラマ枠でやっていたのをけっこう見ていました。たしか国分太一さんが1人2役でなかなかやるなぁと驚いた記憶があります。。たしかに、やや地味な話だったかもしれないですが見てよかったなぁと思えるドラマでした。 原作の方も気になりますね。機会があったら読んでみたいと思います。。

★おっしゃるとおりです。よくご存知で。ドラマでは宮本拓実を国分太一が、時生を櫻井翔が演じました。ドラマの情報は、後で記事に追加しておきますね。

seri - 2005/11/10 12:03
トキオはあたしもこの夏読みました◎ 東野さんはオチが初めからわかっていても最後まで一気に読ませてしまう、その書き方にいつも「すごいなぁ。。」と感服です。この話は東野作品の中でとりわけすきって言うわけでもなく、淡々と読み終わったんですが。。ラストの台詞が個人的に好きです^^

★こんにちは。お元気ですか?東野圭吾をお好きなseriさんにコメントをいただけて嬉しいです。 ラストの台詞については好きだという人が多いみたいですが、「絶対に言うだろうな」と思っていたので、「やっぱり?」という印象でした(^^;) 私は彼の作品をあまり読んだ事はないので、どれがいいのかまだ判断材料がありません。これから有名なのも読んでいきたいと思います。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/154-995f0f97

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。