Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/143-5cb7348c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

のまネコ問題

あなたは人目のお客様です。

いずれ書こうと思っていたら、話題として旬を過ぎてしまったのまネコ問題。しかし、私なりの見解を記しておきたい。
ようするにのまネコが、巨大掲示板2ちゃんねる(以下2ch)によく見られるアスキーアート(AA)のモナーとモララーに酷似しているにもかかわらず、エイベックスが「AAにインスパイヤされたものであって、オリジナルの作品」と主張した事で問題が起きたのである。
のまネコ問題それでも、2005年3月CDにフラッシュ動画のDVDをつけて販売した時は、反対意見は少数だった。「2chキャラがDVDになる時代になったのかー」という反応の方が多かったのである。しかし、9月に入ってTシャツやマグカップなどの商品化をエイベックスが発表した為に、多くの人々の怒りに火をつけた。
そのニュースを聞いた時は、耳を疑ったものだ。2002年の話だが、玩具メーカーのタカラがAAのギコ猫を商品化して売り出そうとしたところ、2chユーザーの強い反発を受けて、取り下げたという事が起きている(詳しい内容はこちら)。それ以降、キャラクターを使う場合は2chの運営側に了解を取るのが慣例となっている。掲示板の作品にも著作権が発生しているのだ。エイベックスのやり方は、その前例を一切無視した形である。
それにしても、インスパイヤとは場違いな言葉を持ち出してきたものだ。芸術においてはオマージュ、リスペクト、トリビュートなど共に使われる事だが、「インスパイヤ=○○から刺激を受けてこういうものを作りました」という意味であって「そっくりなものを作りました」という事ではない。

エイベックスは著作権にうるさい会社として知られる。2000年以降CDの売上が減少した事について、原因はWinMXやWinnyといったP2PソフトでMP3が出回っているからと判断。2002年に業界で最も早くコピーコントロールCD (CCCD)を導入している。そういった事を主張しながら、既に存在するものをオリジナルと言っている事が残念でならない。エイベック所属のミュージシャン『M.O.V.E』木村貴志がブログで書いている事は、多くの人が頷くところだろう。ちなみにCCCDは通常のCDより音質が落ちる為に、音楽ファンから非難の声が強かった。またCDの販売数減少に効果があった、というデータは取れていない。

また私は、一連の報道を見ながらエイベックスの社長松浦真在人[まつうら まさと]の事を考えた{以前は本名の松浦勝人[まつうら かつひと]と名乗っていたが、2001年に創価学会の勧めで改名}。音楽プロデューサーMAX松浦として知られる彼は、1990年代に躍進を遂げたエイベックスを支える中心的存在であり、業界で知らない者はいない。なにしろ、彼の自伝的映画が作られているほどである。その作品はこちら。
ドリームメーカー主人公・杉浦マサトを演じたのはDA PUMPのISSA(辺土奈一茶)。作品中彼は潰れそうなレンタルレコード店でバイトをしているのだが、近所にできた巨大レンタルCDチェーン店が資本に物を言わせて潰しにかかる。そのチェーン店の社長(柳場敏郎)は客の少ないレコード屋を嘲笑い、「価値のわかる人が少ないレコードよりも、ヒット曲が全てではないんですか?」と問う。それに対し、「本物の音は誰にでも届くと思います。ヒット曲が全てじゃないでしょう」と答える杉浦。店を盛り上げようと奮闘する杉浦を認めた社長は「うちの店にくれば、もっとバイト代も出しますよ」と誘うが、杉浦は「金じゃ買えないものもあるんですよ」と断る。
---------------
映画の中の台詞ではあるが、過去にそういったエピソードが本当にあったかもしれない。しかし時は流れ、音楽業界の一大勢力エイベックスグループ社長となった松浦がやっている事は、杉浦とはほど遠い。むしろギバちゃん演じる社長に近いと言えるだろう。松浦はかつての志を忘れてしまったのであろうか。もっとも、彼がプロデューサーを務めた同社の看板アーティスト浜崎あゆみにしても、その詞と曲には常にパクリ疑惑がつきまとう。
ひょっとしたら社風なのだろうか。余談だが、『ドリームメーカー』の出来はかなり酷い。特にヒロイン演じる上原多香子の不自然な演技と「実は病魔に犯されていて突然亡くなってしまう」という強引な展開には驚かされた。映画に関する詳しい情報はこちら。個人的な評価は30点。

騒動はピークを過ぎ、終局に向かっている。しかしまだ残されている問題もある。そのうちの1つは、エイベックスが放棄を宣言したのまネコグッズ販売で得た利益の行方。実際に販売しているのはタイトーだが、そのまま受け取るような真似はしないだろう。
となれば、2ch管理人@ひろゆきの指摘する通り、昨年起きた新潟県中越地震や先日のパキスタン地震の被害者への義捐金として使われれば、落とし所としては十分だろう。ここで「利益でホワイトバンドを大量購入」という展開になれば、今年の2大(?)ムーブメントのコラボレーションとなり、もうひと盛り上がりしそうだが…。
この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー


■コメント
et nico - 2005/10/20 2:28
あゆのインスパイアはすごいですよね~。 ttp://ameblo.jp/poisontv/entry-10004474968.html あゆ個人がどうのとは言えませんけど・・・。ネタを考える人が・・・、ね。

★浜崎あゆみはかなりメジャーな人から影響を受けてますから、指摘を受けやすいですね。誰がどこまで考えているのがは、わかりませんが…。

SATOSHI - 2005/10/20 18:05
矛盾した回答とやり方はエイベックスの得意技ですからね。以前、浜崎あゆみのライブでの発言が問題になった時も、全くズレたコメントをエイベックス側はしたらしいですから。

★目立つ会社だけに反発が多いって事は言えると思います。 その発言ってのはライブで座っている客に「何で立たないのー?ノリが悪いよー」と浜崎が声をかけたら、相手が車椅子利用者だったとかいう話ですね。真偽のほどは定かではありませんが、エイベックスの依田会長(当時)がコメントを発表する事態になりましたね。

Cass - 2005/10/21 23:31
日本のレコード会社は特に著作権管理にうるさいですね。日本人は著作権を尊重しないから・・・と思い込んでるようですが、元はといえばレコードが高すぎるのがイケナイのであって、定価を下げればわざわざ違法コピーなんか買う人はおらんわ!と思っております。今回の件で、レコード会社も他人の著作権には鈍感だということが分かりました。 のまネコの商標登録出願の方はどうなったんでしょう。だいたい日本の商標登録はイージーすぎる。以前、「阪神優勝」というフレーズが登録されちゃって後で取り消される、という事件がありましたね。普通、そういう「一般的な文言」は登録できないはずなんですが・・・審査が杜撰だったとしか思えません。

★おっしゃる通り、日本ではレコード会社が声高に叫ぶ傾向が強いですね。確かに CDなどの値段が安ければ(アメリカ並にアルバム\1000とか)、正規品がもっと売れるかもしれません。 のまネコについては、審査する方も事情がよくわかっていなかったのでしょうね。あと個人的にはエイベックスが「自信を持って」 2chに喧嘩を売ったのか、と最初は思いましたが、腰砕けでしたね。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/143-5cb7348c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。