FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1371-fec87cf7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

江川事件(空白の一日)を思い出す

原作:森高夕次、漫画:星野泰視による作品『江川と西本』を読んでいて、久々に江川事件(空白の一日)について考える。日本プロ野球史で起きた様々な出来事の中でも、特筆すべき事項である。今から40年前の1978年、「怪物」と言われた江川卓投手のプロ入りをめぐる問題だ。ご存知ない方は、是非Wikipediaで確認してほしい。プロ野球のみならず、多方面に影響を与えた事件である。

率直に感想を言うと「江川の巨人入団を仕掛けた連中は最低である」。しかし、これは情報が揃った現在だから言えることで、当時は「江川は悪者で、加害者」という声も多かった。その負のイメージを、彼はずっと背負うことになる。対する被害者は、小林繁投手だった。当時巨人のエースだった彼は、事実上の交換トレードで阪神に移籍した。 江川と小林はそれぞれのチームで活躍し、共にオールスターに出場する機会もあった。しかしまともに言葉を交わすことは1度もなかった。

そんな2人の対談が実現したのは2007年、酒造メーカー黄桜のTVCMだった。 江川が「長いこと、申し訳ございませんでした」と頭を下げると、小林はすぐに「謝ることないじゃん!」と言い、こう続けた。「しんどかったよな。俺もしんどかったけど。2人ともしんどかった」 その映像を見るたびに、涙を禁じ得ない。加害者と被害者ではない。2人とも被害者だ。2010年に小林が亡くなった時に、江川は会見を開いた。目を赤くしながら「申し訳なかった」と、また謝った。

なお、江川のプロ入りは球団そのものに影響を与えた。1977年にドラフト指名したのは、福岡市を本拠地とするクラウンライターライオンズ。人気者の江川を獲得して、低迷する経営を立て直そうとした。しかし入団を拒否され、翌年末に球団を売却。そして誕生したのが西武ライオンズ(現:埼玉西武ライオンズ)であった。もし江川が入団していたら、別の展開になっていただろうか。 江川事件から20年後の1998年、1人の投手が西武にドラフト指名された。「平成の怪物」といわれた松坂大輔である。そこから更に20年の時が流れた。来年の今頃は、もう平成ではなくなっている。
 
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1371-fec87cf7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。