Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1363-fc697d02

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

スティーグ・ラーソン【ミレニアム2 火と戯れる女】

あなたは人目のお客様です。
スティーグ・ラーソン【ミレニアム2 火と戯れる女】 翻訳:ヘレンハルメ美穂、山田美明
 単行本:(上)462頁 (下)452頁
 価格:各1700円
 出版社:早川書房 初版:2009年4月2日
 文庫版あり

  評価:80点

■内容紹介
内容(「BOOK」データベースより)
背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性調査員リスベットにたたきのめされた彼女の後見人ビュルマン弁護士は、復讐を誓っていた。ビュルマンはリスベットの過去を徹底的に洗い、彼女を心の底から憎む人物を探し出した。彼はその人物と連絡を取り、リスベットを拉致する計画が動き始める。その頃、月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルらは、重大な決断をしていた。ジャーナリストのダグとその恋人ミアが進める人身売買と強制売春の調査をもとに、特集号を刊行し、書籍を出版することを決定したのだ。
----------------------------------
前作【ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女】を読んだのは3年前の話なので、内容は随分と忘れてしまった。この作品で、前作に関わる部分がそれほど多くなかったので助かった。今作も話が動き出すまで結構長いので、雰囲気を掴むことは出来た。上巻の2/3までが序章のような扱い。

人身売買と強制売春というテーマは、確かユッシ・エーズラ・オールスン【特捜部Q】の中でも取り上げられていた。舞台がデンマークとスウェーデンという違いはあれど、どうも北欧社会ではメジャーな問題らしい。話の鍵となるのは、ヒロインであるリスベット・サランデルの生い立ち。強烈なキャラクターをしている彼女の抱えている謎が明らかとなる。話の展開はあまり速くないので、まどろっこしく感じられる箇所もあった。前作に比べると出来は落ちるが、ある程度満足はできる作品。 (読了日:2015年3月10日)
この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1363-fc697d02

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。