Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/136-10c6ecd2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ブログの手引き

あなたは人目のお客様です。

私がブログをやりはじめて、もう1年になる。MSN Spacesのβサービス開始が昨年の8月なので、利用者の中では結構古株になった。使い方について質問を受ける事も時々ある。今回はこれまでの経験から学んだ事を、「ブログの手引き」として主に初心者向けに書いてみたい。なお、以下に記す事が必ずしも正しいとは限らないので注意されたし。

Q ブログを作ってみたけど、何を書けばいい?
A 何でもいい。多くの人は日記を書いている。ただし、ノートに書く日記のように自己完結型だと、読んだ人間にサッパリわからない事が時々ある。読み手を意識して、必要な説明は加えるようにした方が良い。ただし、自分を含め特定の個人・団体の情報を開示する事は大小様々なリスクを伴うので、扱いには十分注意する事。ネットのトラブルが元で実生活に影響が出る事は、珍しくもない時代である。またスポーツや映画など、特定のテーマに絞ったブログを作るのも1つの方法。その場合、情報源と文章のスタイルを確立する事がポイント。コツを掴めば、多くの情報を短時間で書き上げる事ができる。話が多岐に及びがちな日記より、専門テーマに絞った方が意外に楽。書いてみる前に色々なブログを見てみるのもいいかもしれない。

Q 記事を書く時の注意点は?
A まず挙げたいのは、誤字・脱字に注意する事。意識しないブロガーが目立つが、せっかくいい事が書いてあっても間違いが含まれると興ざめ。文章全体の見直しはしっかりとやった方がいい。読んだ人から指摘を受ける事はあまりないので、書き手である自分が気をつける。他にも慣用句の意味や英語のスペルなど、投稿する前にチェックすべき事は色々とある。辞書ソフトを使えば便利だが、Yahoo! Japan辞書goo辞書といったサイトも、十分に役立つ。{これらをすばやく使う為にも、ブログユーザーにはタブブラウザの使用を強く推したい。複数のブログやサイトをチェックしたい時も重宝する。どれを使うかは好みによって分かれるが、個人的には多くの人が使い慣れたIE(インターネットエクスプローラー)をベースにしたもの、SleipnirやDonutシリーズが扱いやすいと思う。IEのセキュリティを気にする方は、OperaやFirefoxがいいだろう}。

次に、フォントについて。記事で様々な文字色を使うときれいだが、背景色との兼ね合いを意識しよう。例えば白い背景に白い文字で書いてもこのように(←反転させる)全く見えないし、白地に明るい色で書くと読む方が辛い。色々試してみて、よく使う色を決めておくといいだろう。フォントの種類については、書き手の好みでかなり分かれる。しかし、こちらもなるべく読みやすくした方が無難。文字の大きさや行間の広さについても同様。人によって基準は違うが、個性が強いとその分読者を選ぶ。

Q 更新ペースはどれくらいがいい?
A 「ネットで好きな時に好きなものを公表したい」というのであれば、1日に何回も書いたり数ヶ月に1回でも構わない。ただ人気のあるところは、大体1日1回もしくは週の半分以上で更新をしている。多くの人に読んでもらいたければ、ある程度定期的な更新が必要。最低でも1ヶ月で数回は欲しい。ほとんど更新もせずに「アクセスが伸びない」と不満を言うのはお門違い。

Q 人の記事にコメントを書く時のポイントは?
A 大きく分けて、3つある。「記事をちゃんと読む事」「書き手の主張を認める事」「自分の意見を盛り込む事」。具体例を挙げて説明しよう。仮に記事のテーマが「ジャッキー・チェンの事がとても好き」だったとする。どういう主旨のコメントを書けばいいのか?
「私も好きですよ、ジャッキー・チェン。あの激しいアクションは何度も見ても驚かされます。気に入っている作品は『香港国際警察』ですね」
-->100点。筆者の主張に賛同を示しつつ、自分の好きな部分や作品を挙げている。書き手にとって、コメントの返事(※後述)もしやすい。
「ジャッキー・チェンもいいですけど、私はどちらかといえばブルース・リー派ですね」
-->80点。主張を認めながらも、自分の好みを伝えている。「Aもいいけど、Bもいいよね」というパターンはかなり有効。
「映画俳優だったら、私はブラッド・ピットが好き」
-->60点。無難なところ。記事で「皆さんはどんな俳優が好きですか?」などと書いてある時ならOK。
「映画といえば、先日『スター・ウォーズ エピソードIII』を観ました。なかなか良かったです」
-->40点。このように記事のテーマから連想するものをコメントする人も少なくないがが、話の本題から逸れている。記事をちゃんと読んでいない場合も多い。
「いやー、映画って本当にいいものですね」
-->10点。記事を読んで何を感じたのか、サッパリ伝わってこない。というか、間違いなく記事を読んでいない。何でもいいからコメントを書けばいい、というものではない。
「ジャッキー・チェンを好きなんて、どうかしている。映画はやっぱりハリウッド」
-->0点。反対意見を持っていたとしても、真っ向から否定するやり方は間違い。特に娯楽や芸術といったものは人の嗜好に大きく左右され、どれが正しいとは言いにくい。その事をわきまえずに自分の意見を押し付けてはいけない。 また記事の内容にもよるが、コメントはある程度の長さがあった方が望ましい。短い一文だったりすると意図がよく伝わらず、書き込まれた方が困ってしまう場合もある。ただし、記事自体が短い場合はその限りではない。
一般的に男性の書くブログは女性の、女性の書くブログには男性のコメントが集まりやすい。逆に同性からよくコメントをされるブログは、異性の関心を集めにくい事が多い。幅広く支持されるのは難しいものだ。

Q 他の人が先に書いだコメントは目を通した方がいい?
A 数が少ない場合は、読んだ方がいいかもしれない。例えば記事を読んで、疑問を感じる部分があったとしよう。コメントを見ると他の人が「これってどういう意味ですか?」と既に書き込んでいて、管理者が返答をしていた。それを読んでいれば、改めて質問をする必要はない。ただブログによっては数十あるいは3ケタに達するコメントが寄せられるものもある。それを1つ1つ読んでいくのは大変なので、とりあえず自分の考えた事をきちんと書けばいい。時々「コメント書こうと思ったけど、自分が書きたい事を他の人が書いてあったのでやめた」という人がいるが、気にしないで大丈夫。むしろそこで書くのをやめられると、ブログ管理者としては悲しい…。1つやってはいけないのは、他のコメントを書いた人間に喧嘩を売る事。主義・主張が違っている場合はもちろん、あまりにも無礼なコメントを見たとしても、どう扱うかは管理者の権限。それ以外の人は抑えよう。ブログのコメント欄は、掲示板ではない。

Q 自分の記事にコメントを貰ったのだが、自分も(コメント欄などで)返事を書くべきか?
A 特別な理由でもない限り、書いた方がいいだろう。人間自分の書いた事に反応があれば嬉しいもの。コメントを書いた人がまた訪れる→リピーターが増える、という結果も期待できる。コメント処理能力は、ブロガーの実力を判断する基準の1つ。熱心に書かれたコメントに丁寧に対応し、答えにくい内容をうまくさばける人は、概ね記事のレベルも高い。ただ、中には書かない人もいる。理由を尋ねると「言いたい事は全て記事に書いてある」とか「どう返答すればいいかわからない」というのだが、ファンレターに返事がくれば誰だって嬉しい。交流の機会を断つのはもったいない気がするのだが…。ただ芸能人のブログのように一切コメントを書かないスタイルや、あえて読者との距離を保ちたい人もいる。お好み次第。

Q コメントをくれた人のブログには自分もコメントを書いた方がいいか?
A 書けるに越した事はない。ただ「相手のブログを読んでみたが、内容に興味を持てない」という事が時々ある。コメントを貰った初回だけ何とか書き込んだが、その後が続かない……これもよくある話。相思相愛の関係というのは、なかなか難しいのだ。「自分のブログの更新には熱心だけど、人のところにはほとんどいかない」人や「人のブログを見るのは好きだが、自分が書く事には興味がない」人もいる。

Q コメントスパムって何?
A 多数のブログ等のコメント欄に、本文の内容とは関係のないサイトへの誘導や宣伝を行う行為で、スパムの一種。例を挙げると「こんにちは。更新スペースのリストから来ました。よければ私のブログも見てください♪」といった感じ。こういったコメントが、たくさんのブログに貼り付けられるのだ。人気ブログにアダルト系ブログ(エログ)へのリンクを貼るのが知られているが、中には普通のブログユーザーが単にアクセス数を伸ばしたいだけにする場合もある。非難を浴びても仕方ない行為なので、注意する事。自分のブログに来て欲しければ、きちんと人の記事に関するコメントを書いた上で宣伝をする。それが基本である。
中にはコメントスパムを普通のコメントと勘違いする人もいて、相手のブログに「コメントしてくれてありがとう!」と書いているケースも見られる。これは「知らない業者から送られてきたダイレクトメールに感動するようなもの」だが、コメントに飢えている場合にはありがたいのかも。

Q トラックバックって使えるの?
A ブログサービスにもよるが、MSN Spacesについていえば、トラックバックは使いにくい。カテゴリごとのランキングがあるわけでもないので、自分と同じテーマを書いている人を探すのは難しい。また、他のブログサービスの記事をトラックバックしようとしても、反映されない事もある。相性のようなものらしいので、とりあえず諦めるしかない。

Q トラックバックスパムとは?
A 自らの記事とは無関係な記事にトラックバックを送信し、自らの記事へと誘導をはかる手段、またはその行為のこと。コメントスパムと同様嫌われるので、やってはいけない。

Q ○○バトンというのが回ってきたけれど、どうすればいい?
A ブログをやっていると、知り合いから○○バトンというのが回ってくる場合がある。その代表例であるミュージカルバトンを例に説明しよう。
 ミュージカルバトン musical baton
ブログで人気を集めているチェーンメールのような企画で、閲覧者が次々と自分の好きな音楽について、リレーのように書き込んでいくこと。ここでいうミュージカルとは「音楽の」という形容詞。『オペラ座の怪人』や『キャッツ』などとは関係ない。ミュージックバトンと呼ぶ人もいる。無規律に書き込むのではなく、決められた4つの質問に答える形で書き込み、それをバトンのように5人の友達に回していく。質問は、「コンピュータに入っている音楽ファイルの容量」「いま聴いている曲」「最後に買ったCD」「よく聴く、または特別な思い入れのある5曲」。音楽マニアは、自分の音楽観について誰かに話したいという欲求をもっている人が多く、それをブログ上で語る事で欲求を発散しているのかもしれない。もともとはオランダのブログから始まったとされる。

これ以外にも漫画や映画、本、恋愛に至るまで様々な種類のバトンがある。問題となりやすいのは「このバトンを5人に回してください」というくだり。喜んで受け取る人もいるが、嫌がる人もいる。中には同じものが何度も回ってきている人も…。こういった事情を考慮すると、バトンの内容を記事にする事自体は問題ない。しかし、次に回したい相手には「興味なければ無視してください」と注釈をつけて依頼したり、記事の最後に「もし書きたい人がいたら受け取ってください」と、受け手に預けるといい。そもそも自分の所で回すのを止めても構わないのだ。重たく考えてしまう人には向かない。この○○バトンは記事のネタに困った時に便利な存在でもある。たまに使うといいかもしれない。中にはしょっちゅう書いているバトンマニアも見かけるが…。

Q 他のブログを自分のブログリストに加えたい
A 加える前に相手に一声かける、というのが一般的。頼めば大体承諾してくれるはず。リンクフリーをうたっているところも多く、その場合は連絡しなくてもいい。ただし、相互リンクを希望するにはちゃんと相手に知らせる事。もっとも中には自分が気に入ったもの以外、リンクをしない人もいるので注意。端から見るとブログリストに加えている人とは結びつきが強そうだが、案外そうでもなかったりする。特にリストにたくさん並んでいる場合は「気軽にリンクをしてきた結果」であり、それぞれと親しいとは限らない。普段から行き交う事は稀で、コメントについても「自分のにコメントしてもらったら、相手のにすればいい」と考えている人が相当いる。特別な効果は期待しないように。ある日突然リストから外されている事もある。

Q ブログで友達はできる?
A ブログ上の付き合いならば十分可能。しかしその関係も、割と不安定。よくやり取りしていたブログが突然閉鎖されていたり、前とはブログの雰囲気が変わってコメントしづらくなる、なんて事はよくある話。そしてそれ以上のコミュニケーションとなると、人によって状況は異なる。メールアドレスを公開しているなら、そこから親しくなる場合も。あとは相性や努力次第。もっとも、最初から実際に会う事を重視するならば、出会い系、GREEやmixiといったSNSなどを利用した方が早い。ブログで多くの個人情報を公開すれば、それだけトラブルの種が多い事も認識すべし。

Q RSSリーダーはどれがいい?
A 多くのブログをチェックする上で便利なRSSリーダー。様々な種類があるが、ブログ界で良い評判を聞くのはgoo RSS リーダー。アプリ(ケーション)版に続きウェブ版も公開されたので、好きな方を使うといいだろう。私は以前livedoor Blog Readerを使っていたが、更新情報が反映されない事が度々あった。こちらはおすすめできない。
この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー


■コメント
et nico - 2005/10/06 14:00
さすが、ガチャピンさん!非常にわかりやすかったです。私の所にはスパムは入ってきた事がないですね~。バトンは確かに難しいです。喜んでやってくれる人もいれば、苦痛に感じる人もいるので、やはり「興味のある人が自由に持って行って」という形が一番、良いと思います。私は嫌な目に遭った事がないし、非常に恵まれていると思います。そして困った時はたくさん助けてもらっているし(特にガチャピンさんには感謝しています!) あの~、スミマセン。さっき気付いたんですけど、ホワイトバンドの時にトラックバックして頂いているのを、さっき気付きました。お礼が遅くなってしまい申し訳ないです。ありがとうございました。長文、スミマセン!

★お褒めくださり、ありがとうございます。細かい事ですが、こういう事って誰しも1度は考える内容だと思いまして。 1周年という事もあり、まとめて書いてみました。 MSN Spacesはスパムが少ないですね。商業利用としては不向きなサービスなので、やろうとする人が少ないんでしょう。バトンについてはおっしゃる通りですね。以前 et nicoさんも記事に書かれていましたけど、「受け取る人はご自由に」というスタンスが良いでしょうね。 そういえばトラックバックをしてましたね。別にお礼を言われるほどの事じゃないですよ。ご丁寧にありがとうございます。

seri - 2005/10/06 21:05
おおお。。。すごいですね。なにか色々と考えさせられました。そういえば私もそろそろ一周年。。最近ではメッセから来る人が多くて MSNのブログで書いたことは全部身内に後で突っ込まれるのでちょっと(かなり) 普通の日記しか書けなくなってます。。うむむ、それにしても相変わらず多くの情報をきれいにまとめていらっしゃる。参考になりました!!^^一周年おめでとうございます☆

★こういう事は誰しも自分なりの基準を持っていると思うのですが、たまにはまとめてみようと思いまして。 seriさんもそろそろ1年になるんですね。おめでとうございます!MSNの方は滅多にお邪魔していませんが、後で突っ込まれるのは嫌ですね(^^;)。

Ray - 2005/10/07 0:44
なんかこれからブログ始める人にそのまま配りたい出来栄えですね!^^ 相変わらず読みやすくて感心ですが、ガチャピンさんもまだブログは一年くらいなんですね?その割には随分完成されたスタイルな感じがしました。^^ ちなみに僕も気がつけば半年以上経ってましたが・・。笑  MSNは確かにトランクバック使いにくいですよねぇ・・ 自分からは一回も使ってない。^^;  後、出会いと言う面では確かにSNSは広がりますね。僕もMixiやってて、自分のブログにリンク繋いでるんですが、やはり読者増えました。  機会あればガチャピンさんとも一回お会いして、「ブログで知り合った友達」と言って見たいものです。^^

★ありがとうございます。もしブログで疑問を感じている人がいたら、この記事を役立ててもらえると嬉しいですね。MSN Spacesはチュートリアルがない上に、ヘルプもわかりにくいですからね…。 ブログのスタイルは、ちょこちょこいじって今の形になっています。最初の3ヶ月はどうしたらいいのかよくわからなかったですね。Rayさんも半年になりましたか。もっと長くやっていそうな気もしますが(^^;) 私もGREEとmixiにこのブログをリンクしていますが、それでどれだけの人が見ているかは疑問です。コメントいただくのもほとんどがブログを通じて知り合った人ばかりです(.Net passportにログインしないとコメントできない不便さもあるでしょうが)。 私もRayさんとは会ってみたいですね。住んでいる地域も割と近いですから、難しくはないでしょう。よろしければ、メールでご連絡くださいw

なー姫 - 2005/10/07 15:31
おこんにちは。おひさしゅーござります。 私はそういえば更新しまくりです。。最近はコメント数が減りましたねぇ。なかなか淋しいものですが、それよりもブログ更新が楽しくて、それだけで構わないな~。。。。なんて思うようにしています(騙)。 またきまーす。

★ご無沙汰しております。私のブログリストに入っている方で、恐らくなー姫さんのところが1番記事数が多いと思います。特に週末どこかに出かけた後の月曜日とか、色々書かれていますよね(笑)ブログのコメント数は時期によって差が出たりしますね。人から書いてもらえれば励みになりますけど…。またよろしくお願いします。

負け犬★もこ - 2005/10/07 21:36
いつもながら非常に勉強になりました。 私はコメントを残してくださった方のブログはチェックさせていただいていますね。だって、嬉しいじゃないですか!貴重な時間を割いて、見に来てくれてるってのは・・・。残されたコメントに対して、自分のブログ上ではコメントを残していませんでしたが、今後はやってみます!ちゃんと目を通してても、それが伝わらないかもしれませんもんね。 ちなみに、私のブログにコメントを残してくれるのは半数以上が同性である女性です。共感できるネタだからなんでしょうね。私の場合、どうすれば男性に見てもらえるか、というのが目下の課題です。 トラックバックや○○バトン、知識がなかったのでお勉強になりました。まだまだ私には分からないことばかり。日々是勉強、です。 また遊びに来ますね~!

★もこさんはブログのカスタマイズについて記事にされていましたが、私も久々に何かブログを書く上で役立つものを記せたら、と思いまして。 おっしゃる通り、コメントを書いてくれた人のブログに立ち寄るのはとても良い事だと思います。ただ、自分のブログでコメントに返事をする事はまた別だと私は捉えています。「自分のコメントがどう受け止められたのか」反応がないと、不安に感じる場合もきっとあるでしょう。 確かにもこさんのブログは女性が多いですね。そういった事を加味して、本文を少し修正しておきました(^_^) トラックバックも○○バトンも、ブログをされていれば接する機会があると思います。その時に「あぁ、この事か」と思って頂ければそれで十分です。1度に知識を詰め込む必要はありませんから。 またのお越しをお待ちしております。こちらからもお邪魔しますね!

Birigian - 2005/10/09 0:42
こんばんわ、ブログではご無沙汰してます(汗) 一周年おめでとう御座いますvvv 相変わらず、勉強になる、と云うか為になる記事ですね。流石です。最近、うちは気まぐれ更新、ただの近況報告ブログになってしまってますが… ガチャピンさんの力の入ったブログ見る度に、少し気合入れて何か書きたいなぁと云う気になります。 …余裕が出来たら、ですけどね。 何はともあれ、これからも記事楽しみに読ませて頂きます!

★コメントありがとうございます。そうですね、気がつけば1年経ちました。その記念といいますか、多少なりとも他のユーザーにとって役立つ記事を書こうと思った次第です。 本文中にも書きましたが、ブログの傾向が時間と共に変わるのはよくある事です。のんびりと更新していられない状況は絶対ありますし、他に大事なものがあれば、興味をなくして当然でしょう。私もいつまでこうして書いていられるか、わかったものではありません。 …ただ、とりあえず今のところは書いていくつもりですけどね。こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

15-いちご- - 2005/10/09 22:28
ガチャピンさんこんばんわ今回はお気に入りから来たので、もう迷いませんでした(笑 今回の記事を読んでいたら、なんだか懐かしくなって私も少し余裕ができたことだし、と思いブログ再開設してしまいました。ガチャピンさんのブログを目標に、内容のあるものにしていけたらなぁと思っています。(あくまで目標) ぜひ、リンクさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?ちなみに、MSNではなくNiftyのココログです。 MSNとリンクできるかどうかわからないのですが・・・どうぞよろしくお願いします。

ChikoBeth - 2005/10/15 14:22
ガチャピンさん、ブログ歴1年だったんですねー。もっともっと長く書いてらっしゃるのかと思っていました。。びっくりです。。随所にプロの技(?)みたいなものを感じるものですから。 今回の記事読ませていただいて、自分はわがままなブロガーかもしれない… と思いました。 自分の記事に関してもそうですし、様々な方のブログを訪れる時も、だいたいは興味の強い記事にしかコメント残してませんし。。。あまり社交辞令じみた言葉をいうのが得意でないので、なるだけ「書きたい!」記事に「実感を伴ったコメント」をしようと思ってはいます。 ・・・でも、何も言わなきゃ相手には伝わらないですよね。もしかして、いつもコメント残してるのにどうしてコメントくれないの?とか思っている方もいるかしら・・・。どこかに、自分のスタンスを記録しておこうかしら・・・なーんて思ったりもする今日この頃です。 ついつい長文失礼しましたっ!

★ええ、ブログ歴1年です。自分のスペースを作ってからそれくらい経ちました。記事については、前から文章を書いていた経験が大きいのかもしれません。とはいっても、ブログを始めた時は何を書いたものかあまり考えていませんでしたが…。 ブログには書き手のスタイルがそれぞれありますよね。その人がどういう事を考えているか、記事を読めば(ある程度は)掴めますが、「ブログをどう捉えているか」について意見を述べる事はあまりありません。この記事は私なりに「こうした方がいいんじゃない?」と思った事を書いたので、ChikoBethさんと考えが違う部分があるのは当然だと思います。 まぁ何かしら考えるきっかけになってくれれば、私としては嬉しいですよ(^^)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/136-10c6ecd2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。