Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1354-7ab6b87c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

月村了衛【機龍警察 未亡旅団】

あなたは人目のお客様です。
月村了衛【機龍警察 未亡旅団】 単行本:401ページ 価格:2052円
 出版社:早川書房 初版:2014年1月24日

  評価:80点

内容(「BOOK」データベースより)
チェチェン紛争で家族を失った女だけのテロ組織『黒い未亡人』が日本に潜入した。公安部と合同で捜査に当たる特捜部は、未成年による自爆テロをも辞さぬ彼女達の戦法に翻弄される。一方、特捜部の城木理事官は実の兄・宗方亮太郎議員にある疑念を抱くが、それは政界と警察全体を揺るがす悪夢につながっていた―世界のエンタテインメントに新たな地平を拓く「至近未来」警察小説、衝撃と愛憎の第4弾。
--------
大きなテーマを扱う【機龍警察】シリーズ。今作は多くの日本人にとって、恐らく身近とは言いがたいチェチェン紛争を取り扱っている。問題をよく研究したことが窺え、事態の悲惨さは眉をひそめるほど。また、由木谷や城木といった脇役たちがクローズアップされていることも特徴である。戦う相手が強すぎて、警察組織では到底太刀打ちできないレベルになっている。普通の警察官は殉職ばかり。これは読んでいて、少々気が滅入る。読後感は重い。 (読了日:2014年6月12日)
この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1354-7ab6b87c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。