Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1348-7ae1dec0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

浦和レッズへの処分

あなたは人目のお客様です。
ホームゲームにおける差別的な内容の横断幕掲出に対し浦和レッズに制裁を決定

昨日発表された、Jリーグの浦和レッズに対する処分。サッカーファンならば、あれこれ考えずにはいられない出来事である。世界のサッカーにおいて、人種差別は珍しくない。特に黒人系が対象になることが多い。かつては野放し状態といっても良かった。が、近年は問題を起こしたサポーターのみならず、クラブが罰せられるのは当たり前。その国のサッカー文化を測る基準ともなっている。「人種差別の意図はなかった」などという言葉は、言い訳にもならない。

無観客試合について、報道を見ると「重い」と書かれたものが多く、逆に「軽い」としたものがコメントでは目立つ。個人的には、妥当ではないかと感じている。なぜなら、これまでが軽かったから。
Jリーグの制裁(軽い順に)
[1]けん責
[2]制裁金(1億円以下)
[3]中立地で主催試合の開催
[4]無観客試合の開催
[5]試合の没収(スコアは0-3とする)
[6]勝ち点減(リーグ戦で最大15点まで)
[7]出場権はく奪(リーグ・カップ戦での違反行為に対して、次年度のリーグ・カップ戦が対象)
[8]下位ディビジョンへの降格(1つ以上の下位へ)
[9]除名(総会で4分の3以上の多数決必要)

上記のうち、これまで下された処分[2]止まりであり、Jリーグは弱腰だったと思う。それが[4]まで実行したことを評価したい。

今回の事件で、どのクラブの人間も「うちも気をつけよう」と襟を正したことだろう。そして今季の浦和関係者には、かつてないほど厳しい視線が浴びせられることだろう。シーズンは、まだ始まったばかりだ。

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1348-7ae1dec0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。