Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1320-e7042a33

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

月村了衛【機龍警察 自爆条項】

あなたは人目のお客様です。
月村了衛【機龍警察 自爆条項】 単行本:462ページ 価格:1995円
 出版社:早川書房 初版:2011年9月22日
 文庫本:(上)373ページ (下)297ページ
 出版社:早川書房 初版:2012年8月7日

  評価:80点

内容(「BOOK」データベースより)
軍用有人兵器・機甲兵装の密輸事案を捜査する警視庁特捜部は、北アイルランドのテロ組織によるイギリス高官暗殺計画を察知した。だが特捜部には不可解な捜査中止命令が。国家を超える憎悪の闇は特捜部の契約する“傭兵”ライザ・ラードナー警部の、凄絶な過去につながっていた―組織内でもがく警察官たちの慟哭と死闘。
----------------
【機龍警察】に続く、シリーズ第2弾。今作の主役はライザ・ラードナーである。彼女が抱える闇は何なのか、現代と過去が交互に描かれる構成。背景になっているのは北アイルランド紛争である。「近未来」という設定だが、1970年代までは概ね史実に沿っているようだ。同じ街にデリーとロンドンデリーというなぜ2つの名称があるか、など勉強になった。ストーリーはよくできている。ただ、戦闘場面は読んでいて少々わかりにくい印象があり、それに関しては改善を期待したいところだ。 (読了日:2013年5月11日)
この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1320-e7042a33

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。