Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1319-c2b0ecd3

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ジェフリー・ディーヴァー【バーニング・ワイヤー】

あなたは人目のお客様です。
ジェフリー・ディーヴァー【バーニング・ワイヤー】 Burning Wire
 翻訳:池田真紀子
 単行本:477ページ 価格:2520円
 出版社:文藝春秋 初版:2012年10月11日

  評価:80点

内容(「BOOK」データベースより)
突然の閃光と業火―それが路線バスを襲った。送電システムの異常により、電力が一つの変電所に集中、爆発的な放電が発生したのだ。死者一名。これは事故ではなかった。電力網をあやつる犯人は、ニューヨーク市への送電を予告なしに50%削減することを要求する。だがそれはNYに大停電を引き起こし、損害は膨大なものとなると予想された。FBIと国土安全保障省の要請を受け、科学捜査の天才リンカーン・ライムと仲間たちが捜査に乗り出した。
------------------------------
3年半ぶりに読んだリンカーン・ライムシリーズ、第9作。前作【ソウル・コレクター】は出来の良くない作品だったが、今作はシリーズらしい雰囲気を感じさせる。テーマは電力。いかに現在の生活が電気によって支えられているか、今後の発電はどうあるべきか。そういった日本人としても非常に気になる内容について、考えさせられる。作品の展開としてはやや爽快感に欠けるものの、シリーズのオールスターが登場する点は楽しめる。また、最後の場面には驚かされた。次作以降がどうなるのか、気になるところだ。 (読了日:2013年5月3日)
この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1319-c2b0ecd3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。