Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1315-b904e513

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【ドキュメンタリー マーガレット・サッチャー 鉄の女の素顔】

あなたは人目のお客様です。
映画【ドキュメンタリー マーガレット・サッチャー 鉄の女の素顔】 MARGARET THATCHER: THE IRON LADY
 製作国:イギリス 上映時間:91分
 製作年:2011年 日本未公開
 監督:アラン・バイロン

  評価:75点

2013年4月8日に亡くなった、英国元首相マーガレット・サッチャーについて描いたドキュメンタリー映画である。WOWOWで放送されたものを観た。

作品は彼女の生い立ちから描かれている。下院議員に初当選をし、政治家としての道を歩み始めたのは1959年、34歳の年。当時はまだ女性議員が少なかったため、好奇の目で見られることも多かったようだ。注目を浴びるようになったのは、保守党党首になった1975年。彼女の代名詞である「鉄の女」というのは、1976年にソ連の機関紙がつけた呼称である。

そして首相になったのが1979年。劣悪なイギリス経済立て直しを期待され、「小さな政府」の方針を掲げた。冷戦時代の国家運営をする上で、強いリーダーシップが求められた。そして、サッチャーはそれに応えた。1982年のフォークランド紛争においても、毅然とした姿勢を貫いた。

過去の映像から感じるのは、意志の強い人物ということ。曖昧な言動ではなく、言い切る発言が目立つ。独特の艶っぽい声も印象に残る。ただ、政権が続く中で彼女を支えていたベテランたちを次第に遠ざけるようになり、政策への反対に耳を傾けなかったことで、独裁的と評されるようになった。特に提唱した人頭税導入については強い反発を受け、退陣する要因となった。

現在でもイギリスにおけるサッチャーへの評価は二分している。1980年代に経済そのものは好転したため、比較的経済状況の裕福な人たちからは支持されている。反面、労働者階級からは「弱者切り捨てを行った」と非難され、彼女が亡くなったことを祝う動きも見られる。毀誉褒貶の激しい存在だったのである。

とはいえ、第二次大戦の終わった1945年以降英国首相になった14人の中で、在任期間11年半というのは最も長い。そして史上初にして、今のところ唯一の女性首相である。20世紀の英国史を語る上で、外せない人物の1人なのだろう。 (鑑賞日:2013年4月13日)
この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1315-b904e513

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。