Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/130-9a4f7a12

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

囲碁と将棋の言葉

あなたは人目のお客様です。

知り合いから言葉の質問を受け、それがたまたま囲碁・将棋に関するもの(下手の考え休むに似たり)だったので、他にどんなものがあるのか知りたくなった。というわけで、この記事は囲碁・将棋に関することわざ、慣用句について調べた内容。日常使われやすいものを選んでみた。
 囲碁についての解説  将棋についての解説

◇囲碁・将棋両方で使う言葉

 て
打ち方の事。対策を講じる事を「手を打つ」。良い状態のままでいるように、整える事を「手入れ」。「手を入れる」は、不足・不備の点を補う事。また、やり方を間違える事を「手ちがい」という。そして、もう有利に局面を進展させる望みがない状態を「手詰まり」という。

先手を打つ せんてをうつ
相手より先に打ち始める事。それによって優位に立とうとする事。機先を制す。

 すじ
理にかなった手の進め方や、局面での有効な差し手。手の進め方が道理にかなっていない事を「筋が悪い」。目指す方向や判断が間違っている事を「筋が違う」。道理を通す事を「筋を通す」。

上手・下手 じょうず・へた
かつては7段を持っている人の事を上手といった。転じて物事に巧みで、手際の良い人。逆にやり方がまずく、不器用な人を下手という。

下手の考え休むに似たり へたのかんがえやすむににたり
下手な者の長考は、時間を浪費するだけで、何の効果もない。相手が考え続けるのをあざけって言った。転じて、良い知恵もないのにいくら考えても、時間が経つばかりで何の効果もない事。否定的な意味で使われる事がほとんどだが、優柔不断な相手に「考えていても仕方ないから行動しよう」という話に結びつける事も可能。ただ、相手は選ぶべし。

平安時代の囲碁風景
平安時代の囲碁風景

◇囲碁から生まれた言葉

一目置く いちもくおく
地(じ=石で囲んで占有したところ)の数や石の数を目(もく)という単位で数える。弱い方が石を一つ置いて始める(=ハンデをもらう)ところから、相手の力量に敬意を表し、一歩譲って接する事を「一目置く」という。「あの人には一目も二目も置いている」と言う事も。一歩譲る。

傍目八目(岡目八目) おかめはちもく
他人の囲碁を傍で見ていると、実際に対局している時より八目先まで見える(=よく手が読める)事。転じて、第三者には物事の利害得失が当事者以上にわかる事を指す。ただ人によっては当事者よりも熱くなったり視野が狭くなる人もいる為、意見を聞く時は注意しなくてはいけない。英語では"Lookers-on see most of the game"(傍観者にはゲームが一番よく見える)

活路 かつろ
囲碁で大事なのは、石が「活きている」か「死んでいる」か、見極める事。石が活きる方法を活路といい、そこから転じて命の助かるみち、窮地から逃れる方法を指す。「活路を開く」「死活問題」など。

玄人・素人 くろうと・しろうと
平安期までは上位者が黒石を持っていて、「黒人(くろひと)」と呼ばれた事が始まりで、この音がなまった。逆に白石を持っている方が「白人(しろひと)」。また「玄人はだし」とは、別の職業でありながら、碁の達人が裸足で逃げ出すほどの腕前を指す。※これらの語源については他にも説あり。

定石 じょうせき
長年の研究によって、部分的に双方ともに最善とされる、きまった形の打ち方。転じて、物事を処理する時のきまった仕方。セオリー(英:theory)

白黒つける しろくろつける
碁石が白と黒で構成されている事から、囲碁で勝負をつける事。オセロではない。転じて、物事の善し悪しや是非をハッキリさせること。

捨て石 すていし
より利益を得るために、作戦としてわざと相手に取らせる石。転じて、一見無駄なように見えるが、将来の利益を見込んでする投資や行為。将棋の捨て駒に同じ。出来ることなら捨て石にはなりたくない。

駄目 だめ
双方の陣地(=地)を競う囲碁において、その境界にどちらの地にもならない部分が生まれる。そこに打っても意味がなく、無駄な目になる事から「駄目」と言うようになった。投了となった後で駄目に石を詰めて数え易くし、勝敗がはっきり分かるようにする行為を「駄目を押す」。転じて、スポーツなどで勝利が確実になった後で更に得点などを加える事を「駄目押し」というようになった。

布石 ふせき
対局の初め、なるべく広い地域を占めるように石を並べる事。転じて、将来の為の用意をする事。

目算 もくさん
対局中に相手と自分との地(じ=石で囲んで占有したところ)の数を見積もる事。目分量。「目算が外れる」などと使う。
江戸時代の囲碁風景(歌麿作)
江戸時代の囲碁風景(歌麿作)

◇将棋から生まれた言葉

王手 おうて
次の手で相手の玉将を取れる状態。転じて、あと1勝で優勝などの場面で用いる。また、相手もあと1勝で優勝という状況になった時に「逆王手」という表現を使う。

将棋倒し しょうぎだおし
将棋の駒やドミノなどを少しずつ間隔をおいて並べ、一端を軽く押し倒して、次々と端まで倒す遊び。転じて、次々と倒れる事や折り重なって倒れる事を指す。事故のニュースで使われる事が多い。

捨て駒 すてごま
より利益を得るために、作戦としてわざと相手に取らせる駒。転じて、一見無駄なように見えるが、将来の利益を見込んでする投資や行為。囲碁の捨て石に同じ。

高飛車 たかびしゃ
たかぴしゃ浮き飛車の事。将棋の戦法の一。飛車を定位置から二段または三段前に進めて攻勢をとる形。転じて、相手を頭ごなしに威圧したり、高圧的である事。タカピー。

成金 なりきん
敵陣の三段目以内に入り、金将と成った駒のこと。弱い駒が急に強くなる事から、急に金持ちになる事を指す。江戸時代末期から使われはじめ、明治以降に「戦争成金」などと呼ばれるようになった。成功者を妬んだり揶揄して使う言葉。

持ち駒 もちごま
将棋で、相手から取って手元にある駒。転じて、手元にあって必要に応じていつでも使える人や物を指す。上から見た言い方なので、人に使う時は注意。

------------------------
以上のように、調べたところ色々と出てきた。特に囲碁を語源とするものが多い。日本に伝わったのが奈良時代前後(正倉院の宝物殿に碁盤がある)と歴史が古く、将棋よりもルールや用具が簡素な事が多くの人々に親しまれた理由だろう。一方の将棋はいつ伝来したか定かではないが、遅くとも平安期には現在の原型となるものが日本に入ってきたようだ。
この手の内容が好きな方は、刀と言葉もおすすめ。
この記事を読んだ方は、クリックお願いします→ブログランキング バナー


■コメント
Ray
- 2005/09/20 3:48
相変わらず勉強になるブログです・・。意外と知らなかったんですが囲碁将棋由来の言葉ってこんなにあるんですね! 高飛車、王手とかは想像つきましたが、筋、活路、素人玄人、先手を打つ、ましては駄目とかまで囲碁将棋に由来するとは全然知りませんでした。 それだけ昔は生活に密着した文化だったということですかね? しかし囲碁将棋ともに頭を使うゲームだからなのか、言葉の持つ意味合いも深いものが多いですね。 日本語ってホントに面白い・・・・そして難しい。^^;

★そうですねー。私も調べてみて初めて知った言葉が幾つかありました。将棋は時代によって駒の種類や数が違ったようですが、囲碁は古代にルールが完成していたようです。それだけに、中国発の言葉なんかもありました。娯楽の種類が多くなかった頃には、メジャーな遊びだったのでしょう。近年では漫画『ヒカルの碁』(ほったゆみ原作・小畑健画・梅沢由香里監修)のヒットが記憶に新しいところですね。

うぃ - 2005/09/20 23:49
将棋関係のバイトで「成金」の駒のことは勉強したのですが、世間でよく使う「成金」とはぜんぜん気がつきませんでした… 言われてみれば確かにそうですね!! P.S 先日うぃのブログでガチャピンさんを指名してしまいました! ○○バトンの意味をコメント読むまで気がつかず、せっかく来訪してくださったのに不愉快な思いをさせてしまった事に対し大変申し訳なく思っております!!本当にごめんなさい!!( ̄■ ̄;)   
★おっ、将棋関係のバイトですか。将棋道場(囲碁でいう碁会所)のような場所で働いていたんでしょうか? 追伸の件については、気にされないで結構ですよ。 ○○バトンについては、私の説明も足りませんでしたね。チェーンメール系の内容、といえばいいでしょうか。一時期ミュージックバトンがよく回ってきて、対応に困った事があるんです。それ以来プロフィールに書いてある次第でして…。ご理解いただければ幸いです。

ChikoBeth - 2005/09/21 0:19
いっぱいあるんですねー。驚きました。勉強になります^^ さらにさらに。 “刀と言葉” の方もたくさんあって、ビックリしました。言葉っておもしろい!

★楽しんでくださったようで、嬉しいです。 2つの記事を比較した場合、囲碁・将棋より刀剣の方が日常的な慣用句は多いと思います。前者は使えるものを探し出すので精一杯でしたが、後者は色々な候補の中から絞り込む事が出来ましたから。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/130-9a4f7a12

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。