Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1278-193daf00

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

映画【ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵】

あなたは人目のお客様です。
映画【ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵】 製作国:日本 上映時間:80分
 製作年:2011年 劇場公開:2012年2月4日
 監督:窪岡俊之
 ◆声の出演
 岩永洋昭 ガッツ
 櫻井孝宏 グリフィス
 行成とあ キャスカ

  評価:40点

■あらすじ
100年戦争が続く戦乱の世。家族も友もいない孤独な剣士ガッツは、傭兵として戦地を渡り歩く日々。傭兵集団“鷹の団”を率いるグリフィスは、そんなガッツの強さに目を付け、決闘で彼を制して鷹の団に引き入れる。ガッツは数々の戦闘で圧倒的な強さを見せるとともに、次第に仲間たちやグリフィスとの絆を強めていく。
--------------------------------
三浦建太郎の漫画【ベルセルク】は好きな作品であり、中でも黄金時代篇は気に入っているエピソードである。1997-98年に【剣風伝奇ベルセルク】というタイトルで日本テレビ系列のアニメとして放送されたのも、この黄金時代篇だった。今回STUDIO4℃が三部作で描くことになったとのことだが、実に期待外れであった。
キャラクターの交流などをすっ飛ばしてストーリーを進めていくものだから、背景がよくわからないし、深みというものがまるでない。CGを多用したグラフィックは今の時代ならではかもしれないが、キャラの動作が薄っぺらい。2作目、3作目を観る気が全く起きない出来である。悪いことは言わないので、レンタルでTVシリーズのDVDを借りた方が良い。 (鑑賞日:2012年10月3日)
この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1278-193daf00

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。