Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1267-82e6ab5e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

小宮良之【RUN】

あなたは人目のお客様です。

 単行本:215ページ 価格:1575円
 出版社:ダイヤモンド社 初版:2007年11月16日

  記録:75点

内容(「BOOK」データベースより)
母の言葉を胸に、世界に挑戦する福田健二。Jリーグを経て、パラグアイ、メキシコ、スペインへ。福田健二は、活躍の場を世界に求める。彼はなぜ海外にこだわるのか。プレーに隠された深層に迫る渾身のノンフィクション。
-----------------
自分と年齢や学年が同じスポーツ選手を意識するのはよくあることで、福田健二は私と生まれた年が同じだった。若いうちからJリーグで活躍した男である。しかし次第に目立たなくなり、プレーの場を海外に移してからは時折ニュースで知る程度だった。

そして、小宮良之が2005年に雑誌Numberに掲載した「遺書」には、大きな衝撃を受けた。人は皆 色々なものを背負って生きているのだろうが、中でも福田のそれは壮絶であり、プレースタイルにも大きな影響をあ立ているように感じられる。本書はその「遺書」に加筆したものに加え、福田がスペインで戦う姿を描いた作品である。大きなテーマが家族との関係である。筆者が福田の家族と親しいのだろうか、ちょっと視点が近すぎてややしつこく感じられる箇所もある。それでも、興味深い本であることは確かだ。 (読了日:2012年6月27日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1267-82e6ab5e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。