Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1206-8c39ec36

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

天藤真【大誘拐】

あなたは人目のお客様です。

天藤真【大誘拐】 文庫本:455ページ 価格:640円
 出版社:角川書店 初版:1980年1月30日
 第32回日本推理作家協会賞
 週刊文春ミステリーベスト10
 20世紀ベスト10:1位

  評価:90点

内容(「BOOK」データベースより)
3度目の刑務所生活で、スリ師戸並健次は思案に暮れた。しのぎ稼業から足を洗い社会復帰を果たすには元手が要る、そのためには―早い話が誘拐、身代金しかない。雑居房で知り合った秋葉正義、三宅平太を仲間に、準備万端調えて現地入り。片や標的に定められた柳川家の当主、お供を連れて持山を歩く。…時は満ちて、絶好の誘拐日和到来。

1978年に発表されたこの作品のことを知ったのは、近年になってからだった。上述の通り、週刊文春ミステリーベスト10の「20世紀ベスト10」で1位になっていたことから目に留まった。個人的に高く評価する宮部みゆき【火車】が2位だったことから気になった。

殺伐としておらず、むしろほのぼのとしていて、人と人とのつながりについて考えさせられる作品。舞台が現代とはいえ、「携帯電話もインターネットもなかった頃でなくては、こういう内容の小説を書くことはできないだろう」と思わせられる。全体的にとても安定感があり、読後感も清々しい。なるほど、こいつは大した作品だ。 (読了日:2011年9月3日)

この記事を読んだ方は、クリックお願いします 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
 ※言及リンクを持つ記事からのみ、受け付けています。
http://gachapin99.blog48.fc2.com/tb.php/1206-8c39ec36

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

       過去のログはこちら

各種プルダウンリスト

ベストセレクション

■【書評】
書評格付け400
■【映画】
映画格付け300

文字の拡大・縮小

プロフィール

ガチャピン

作っている人:ガチャピン

東京のIT系企業に勤める男。1977年生まれ。趣味は読書、スポーツ観戦、トレーニング、ブログ、映画鑑賞。

全タイトルを表示

TopHatenar Map

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クリック募金

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。